妊娠・出産・育児の情報サイト


金星

f:id:akasuguedi:20181128105841p:plain

著者:金星
年齢:30代
子どもの年齢:長女(8歳)、 次女(5歳)

二人の娘と妻の四人家族。お仕事しながら漫画ブログ・イラスト描いてます。ラーメン大好き。

インスタグラム:@kinboshi1981
ブログ:おやじいじり
ツイッター:@i_kinboshi

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

お散歩が楽しくなる「お散歩ビンゴ」のススメ! by 金星

外遊びが減った時期、タブレット漬け&コロナ太りにならないようにと金星(@i_kinboshi)さんが取り入れたのが「お散歩ビンゴ」を使った散歩。SNSで話題になっているのでやってみたら、大人もハマって結構楽しかったそうです!

誕生日ケーキといえばホールケーキでしょ!と思っていたの実は自分だけ?! by 金星

誕生日ケーキといえばホールケーキ!と思って子供のお祝いをしてきた金星(@i_kinbosh)さん。だけど、いつも食べきれず余ってしまうのが現状。「カットケーキでよくない?」という妻の意見を子どもに聞いてみると意外な反応で…。

思ったより早くやってきた!パパとのお風呂拒否の日。 by 金星

娘が小学生になった頃からお風呂に一緒に入ることを拒否されることが増えてきた金星(@i_kinboshi)さん。しまいにはお風呂上がり胸を隠して出て来たり、「見ないで!」と強くいわれたり。思ったより早くお風呂卒業の日が来たのでした。

たまにしか会わない自分に警戒心丸出しの姪っ子。その人見知りを克服するには?! by 金星

こんにちは。金星です。 // 今回は子どもの人見知りについてのエピソードです。 2歳の姪っ子は人見知りが激しく、年に数回会う私には懐かず警戒されています。 関連記事: 「私にべったりで大丈夫かな…」悩んでいたことが、お友だちだと長所に⁉ by グラハム…

子どもの好き嫌いは気にしないけれど…「食べてみたい」とは思わせたい! by 金星

自分自身も子どもの頃、好き嫌いが多かったので子どもの好き嫌いはあまり気にしないという金星さん(@i_kinboshi)。でも、食わず嫌いにはなってほしくないから…と、苦手そうな料理には迫真の演技で子どもの食欲を誘います。

ただでさえ気を遣う子連れでの外食。嬉しすぎて唸ったラーメン屋の心意気 by 金星

「10歳未満のお子様連れお断り」。とあるラーメン屋に子どもと入ろうとして意気消沈した金星さん。でも次に入ったお店で嬉しい歓迎を受けます。ただでさえ気を遣う子連れでの入店、単純に嬉しかった!と金星さんが感じたエピソードとは。

キムチ鍋が食べたいよぉぉぉ!! 子ども用の味付け中心だった我が家の救世主“二色鍋” by 金星

辛い物が食べたいけれど、子どものことを考えると味付けはマイルドなものに…。仕方がないと思いつつも、悶々としていた金星さん(@i_kinboshi)でしたが、ある鍋との出会いがこの長年の悩みを解消してくれたのです!

ギャアアー!コワイよ!突然見せられた娘の“抜けた歯”コレクションにびっくり⁉  by 金星

「この歯はわたしのどこの歯でしょうか?」クイズを出しながら、娘さんが手のひらにのせていたのは、今までに抜けた自分の歯・歯・歯!歯を保管していることを知らなかった金星さん(@i_kinboshi)は、叫びだすほど驚きます。

ゲップしただけで褒めてたな…。初心にかえって気づいた“できるようになった当たり前”の大切さ by 金星

あれもできない、これもできていない。うちの子たちは大丈夫?と心配していた金星さん。でも子どもたちが赤ちゃんだった頃はゲップができただけでも褒めていたことを思い出します。すると「今、当たり前にできていること」への見方が変わったのです。

二人目が生まれると育児負担は二倍?子どもたちが成長した今、感じること by 金星

第二子が誕生したとき、「一人でも大変なのに、子どもが2人になるとすべての負担が2倍になるのでは!?」と金星さんは不安いっぱいだったそう。確かに最初は大変でしたが、子どもたちが成長した今、感じることは・・・?

ちょっぴり魅力的な選択肢を用意するだけ?子どもの「イヤ」を減らせる選択システム by 金星

子どもが自己主張するのは成長の証だとわかってはいても、こちらの思い通りにいかないと困ることも。でも声がけの方法を変えてみると…。命令されたのではなく、あたかも自分で決めたかと思わせる“選択システム”。金星さんはどう使ってる?

毎朝じゃないし、最後にご褒美ももらえるだとー!? 衝撃をうけた今どきのラジオ体操事情 by 金星

子どもの頃、夏休みは毎朝眠い目をこすりながら近所の公園に行ってラジオ体操をやっていたというママ・パパも多いのでは?同じような子ども時代を過ごした金星さんでしたが、今どきのゆる~いラジオ体操事情を知って衝撃を受けます。

2歳なのに溢れ出る母性!生まれたての赤ちゃんを世話する姿はまるで“小さなお母さん” by 金星

次女が誕生したとき長女は2歳。生まれたばかりの妹を初めて見たときどんな反応をするかな・・・と楽しみにしていた金星さんでしたが、何も言わなくても赤ちゃんをお世話しようとする長女の姿が。2歳でも無償の愛をみせる母性本能ってすごい!

準備するものは毛布と体力だけ!? 家で手軽に遊べて子どもが大喜びする毛布ブランコ by 金星

子どもは揺れたり刺激がある感覚遊びが大好き。金星さん(@i_kinboshi)の娘さんが幼い頃から大好きだという「毛布ブランコ遊び」。少々体力は必要ですが、雨の日や退屈した日、体を動かしたいときに子ども受けすること間違いなし!

子どもが「お父さん」と呼ばずに名前を呼び捨てに…!その原因に納得 by 金星

金星さん(@i_kinboshi)の娘さんが2歳頃のとき、「イクオ!」と娘さんから名前を呼び捨てにされます。「お父さん」「お母さん」という呼び方がなかなか子どもに定着しない理由を夫婦で探っていくと、納得の原因がみつかります。

照れくさいから「パパ」ではなく「お父さん」と呼ばれたい!しかしある問題が… by 金星

「パパ」と呼ばれるのが照れくさくて、「お父さん」と呼ぶように娘さんに伝えていた金星さん。でも発音が難しいようで、なかなか言えるようになりません。ママやワンワンは言えるようになってきたのですが、やはりお父さんだけは言えなくて…ついに!

我が子が生まれるまで知らなかった、衝撃の赤ちゃん事情3連発 by 金星

生まれたばかりの赤ちゃんを抱っこしたり、お世話をしたりするのは我が子が初めてだった金星さん(@i_kinboshi)。初めてだからこそ感じた、衝撃の赤ちゃん事情。赤ちゃんはただただ可愛いものだと思っていたのに…!?

想像以上に壮絶だった出産現場にガクブル。妻に最大級の感謝を! by 金星

奥様の立ち会い出産にのぞんだ金星さん。声をだしちゃダメ?え、ちょっと切りまーすって…!!! 想像以上に壮絶な出産現場にがたがたブルブル。結局何もできなかったけれど、立ち会ってよかったと言えることは、妻へ最大級の感謝を感じたことでした。

悩みに悩んでやっと決めたのにアレとかぶってるとは…。子どもの名前が決まらない! by 金星

ふたりの娘さんのパパ、金星さん(@i_kinboshi)が初登場!産まれてくる我が子のために最高の名前を!と名前を考え始めた金星さん。でも予想以上に難航し…。ついに納得のいく名前が決まったのですが、まさか○○○○○とかぶるとは…!