妊娠・出産・育児の情報サイト


私もパパも変わったな・・。わが子が1歳になって気づいたこと

f:id:akasuguedi:20151006050708j:plain

写真:アフロ

 

私は、妊娠してから旦那に求めてばっかりでした。旦那は職人をしていて頑固者で性格はもろA型(細かい性格)。

妊娠中はケンカをしても私は絶対に謝らないし、時間が経たないと態度も直さなかった…それで時間が解決ですっごくストレスな生活をお互い感じて居て子供を産むのがとっても不安しかなかった。

出産してから、子供が1歳になって気付いた…

旦那も私も変わったな…

旦那なんて、一人っ子で育ち。

「家事全般は妻がやる仕事だ!」って人だった。

旦那は気付くと、洗濯物が干せるようになったり、洗い物もしてくれるもちろん料理も(男飯だが)…

私は、わが子が1歳になるまで気付いていなかった…

気付いた瞬間本当に胸が熱くなって、本当に結婚して赤ちゃんを産んで今の生活が出来ていて幸せ!って心から思ってすぐ旦那に伝えた。

「ママは子供を産んでから、1日子供と向き合ってご飯もゆっくり食べられなくて、夜もそんなに寝てないよな。俺は、わが子がにとってママの代わりはできない!だから、お前が家事を溜め込んで、夫婦がケンカするくらいだったら俺がたまにだけど手伝うよ。」って言われて私は涙がでた。

相手に求めてばっかりでは駄目!自分がまずは相手を受け入れる所からゆっくり子育てを楽しんでいこうと決めました。

著者:なるこ

子育てを思いっきり夫婦で楽しんでます(^^)

ママになって1年!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

突然の破水!バスタオルと新生児用オムツがお役だち

f:id:akasuguedi:20151006052031j:plain

写真:アフロ

 

その日は何故かいつもより早く目が覚めて、突然何かがはじけた感覚がありました。破水だとすぐにわかるほど大量に出てきて、隣に寝ていた主人を起こし、バスタオルを用意してもらいました。

 

夜用の生理用ナプキンでもどうしようもない程出ていたので、新生児用のおむつを当てて病院に向かいました。

 

たまたま主人がいるときでよかったですが、もし一人だったら冷静でいられなかったと思います。

著者:セロリちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

不妊治療がうまくいかずウツ状態に・・。どうせできないしと思って過ごしてたころ、まさかの妊娠!

f:id:akasuguedi:20151006054011j:plain

写真:アフロ

 

33歳の時に結婚し、すでに周りからの妊娠のプレッシャーをうすうす感じていましたが、あまり深くは考えていませんでした。

結婚一年を過ぎた頃から不妊や高齢出産の話題がちょくちょく出るようになり、私のみ婦人科へ行きタイミングや漢方、基礎体温をつけるようになりましたが毎回残念な結果に…繰り返す内に鬱状態になっていき、心療内科に通い服薬するようになりました。

先生には妊娠は辞めるように言われていたにも関わらず、どうせ出来ないだろうしと思って生活していたらまさかの高温期続き。生理不順で何度も裏切られて?きたので期待しないでいたのですが、アプリの生理予定日近くになってくると朝起きた時の寝汗がひどい。今までそんな事はなかったので期待に胸膨らませ、生理予定日前日に妊娠判定薬を使うと陽性反応!びっくりと嬉しさで夜勤中の旦那にすぐメールしました。鬱の薬はその日に中止しました。

すぐに止めたとはいえ薬の副作用も高齢も心配ですが、鬱の症状は妊娠判明からなくなったし、やっぱり妊娠するのにストレスって良くないんだなと思いました。

著者:ハナハナ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

33週、初妊婦。不安になるタイプの私の今現在と過去の心と体の状態

f:id:akasuguedi:20151006054836j:plain

写真:アフロ

 

只今33週と3日。私は初期の頃から周りに比べつわりは軽く、吐くこともありませんでした。つわりって怖いなって思ってたけど、気持ち悪さは毎日あったものの、吐くまでには至らず。

後期に入っても周りに比べ体調の悪さはないものの、急に恥骨の痛みが始まり、今まで買っていなかったトコベル(骨盤ベルト)をこれから買うことに。今更かなと思ったけれど、産後2ヶ月は使った方がいいと教わったので、これからでも遅くないと知りました☆

 

心の問題ですが、今思えば本当に初期の頃は最悪でした。つわりは軽いのに、ホルモンバランスのせいか、私の元々のメンタルの弱さもあり、精神的には1番最悪でした。不安定すぎて、毎日毎日、とてもつらかった。それが悪い状態だとわかっていても、とてもコントロールなんて出来ないし、その時周りに妊婦さんのお友達はいなかったし、相談もできなかった。お腹の子のためにリラックスしなきゃとか、ストレス駄目だとか思う度に、それが余計に重くなって。

 

けどそれも、時間がたつごとに、ゆっくりゆっくり変わっていきました。つわりが終わった頃には、だいぶ楽になっていたように思えます。ただ思うように寝れない、慣れない部分が多いので、それはいつも経験しないとわからないなと思います。

 

ただここにきて、後期に入ってから何故かまた不安定に。何がどうっていう理由がなくても、イライラしてたり、具合が悪い時があればそれでもイライラしてしまったり。

歩くのがきつくなって、張りが増えているのも原因かなぁなんて思いますが、初期の頃と比べれば精神面は今の方がとてもマシに思えます。

でも体重管理が中々できない時があり!太ってしまって健診に行けない!笑と思ったことが2、3回あります笑 私は身長が低いので、太りすぎるとリスクが上がると聞いていて、それが嫌なので生まれるまで体重本当に気をつけなければ…

 

お腹の子に会うまで、予定日まであと46日になりました。今のところ出産の不安などは考えていません。どうせ間近になったら、私は多分不安になるタイプなので、その日が来るまで考えません笑

 

今命を授かっている皆さんが、元気な元気な赤ちゃんをうめますように。

著者:佑季

初妊婦で、予定日10/21です☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

流産後の妊娠…まさかの双子妊娠!

f:id:akasuguedi:20151006055231j:plain

写真:アフロ

 

長女が3歳で七五三を無事にお祝いすることが出来、そろそろ二人目欲しいね~と主人と思うようになりました。

そして、妊娠して喜んでいたのも束の間。

流産してしまいました。

長女もとても喜んでくれていたのに、悲しくて悲しくて…。

しかし、その半年後再度妊娠しました。

産婦人科で『おめでとう!妊娠してるよ。今度は頑張ろう!』と先生から。

そして、2回目の診察の際に、先生から『おめでとう!』と。いやいや。知ってるよ?妊娠してるよね?前回言われたし…と思っていたら、先生からカーテン越しに太ももをトントンとされて『双子だよ!!』と。

『???』思ってもみなかったので、頭は真っ白。びっくりした!まさか、私が?双子を妊娠??

あの、衝撃は忘れられないです。

妊娠中も、長女の時とは違うツワリや、お腹の張り。妊娠後期は歩くのもやっとでした。

でも、本当に2人お腹にいるの??と不思議な感じでした。胎動も二人分。

 

37週で、帝王切開した一卵性の双子の女の子。

産声が合唱した時は涙が止まらなかったです。

無事に五ヶ月になりました。

三姉妹。仲良く元気に優しい子に育ってくれるといいな。

無痛分娩は無痛じゃない!出産中に三度後悔・・・

f:id:akasuguedi:20151006091746j:plain

写真:アフロ

 

一人目の出産の際の陣痛をまた味わうことへの恐怖と、価格が5万と思ってたより安かった為、無痛分娩に決めました。

出産の日を決めて朝7時から促進剤で陣痛を誘発しました。

まず、麻酔を入れる為の管の注入、これが激痛!!この時少し無痛分娩にしたこと後悔。。。

そして、陣痛が起きてきて、かなり痛くなっても、「今麻酔を入れるとお産が進まないかもしれない」と助産師さんに言われ結構痛くなるまで我慢。ここで、2度目の後悔。充分痛い!!

でもそのあと麻酔注入で大分楽になり、ウトウトするくらいリラックスできました。

その後、二時間くらいして、助産師さんから突然子宮口全開であることを告げられ、そこから突如陣痛がひどくなりました。

そのまま赤ちゃんが出て来るまで1時間ほどはまた激痛。3度目の無痛分娩選択の後悔。夕方4時に産まれました。

無痛分娩の感想としては、最初に和痛である事を説明されますが、とにかく痛いものは痛いです。ただ途中休憩出来る時間ができた為か、産後の疲れはそれほどなかったように思います。

自然分娩でも無痛分娩でも産まれてきた赤ちゃんはとてもかわいいです。

 

著者:じゅんじゅん

4歳と0歳の男の子二児の母(^.^)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

ちゃんと避妊してたのに・・?突然の妊娠判明!でも今や我が子にメロメロで結果オーライ

f:id:akasuguedi:20151006093120j:plain

写真:アフロ

 

実は妊娠するなんて思ってもいなかった、私。

そう、普通に避妊していたんです(笑)

それが妊娠するとは…(笑)

 

結婚して1年半。

歳は互いに20代後半の夫婦です。

私の周りで既婚者が少しづつ増えてきました。

妊婦さんは2人程。

私はと言うと、「別の仕事もしてみたいな。あ、妊娠はもちょっと先かな?友達もまだの子ばっかりだし」なんて、気楽に考えてました。

なので、ちゃんと避妊していたんです。

 

それがある日。

毎回28日で来てた生理が、来なかったんです。

「あれ?」と思ったんですが、「まあ、たまには遅れることもあるかな?」と思い、放置。

今まで突発的に2~3回程かなり遅れてたので、気にしなかったんです。

それが遅れるとともに、体に異変も。

2年以上風邪すら引かない私に、風邪っぽい症状。

頭痛、熱(平熱37℃なのが37.5℃に)、めまい、吐き気…などが起き始めました。

特にめまいは頻繁に起き、「結構しんどいな」と。

それらの症状が起こっても、生理は来ず。

私も妊娠なんて疑わず(笑)

 

それが、1週間過ぎ…さすがに検査する気になりました。

ドラッグストアで検査薬を買い、検査。

すると結果は…もちろん陽性…!

LINEで夫に報告しました。

夫ももちろんびっくり!

それから病院に行き、さらに1週間後に妊娠確定しました。

 

ちなみに妊娠確定時期(妊娠6週)くらいから、つわり開始。

つわりは3ヵ月まるまる続き、体重は7kg減。

妊娠34週現在で、そこから5.5kg増え、子供(男児)は2500gを越えました。

もうすぐ臨月です。

あの時びっくりしてた私達も、今やお腹の我が子にメロメロ(笑)

避妊に失敗して妊娠したってパターンでしたが、結果オーライです(笑)

 

著者:けいちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠中の食欲が止まらない

f:id:akasuguedi:20151006093607j:plain

写真:アフロ

 

は結婚してから、3年後に妊娠出来まして、とても嬉しかった。

初産からなんでも心配です。

最初期はつわりをなかったから、なんでも食べれました。体重を3キロ増えました。

中期は良く食べたから又5キロで増えちゃった、先生が怒っちゃったから、それから少しでご飯を食べてるのに体重を止まらなかった。先生はそうがないと言われました。

最後期入った時は、体重を12キロを増えちゃって体が重くなって来て本当に大変でしたが赤ちゃんがお腹の中に元気そうがと感じているからすごく嬉しです。

今8ヶ月に成りました、17キロで増えました、出産までになんキロ増えるかな~

体重はいっぱい増えたが、赤ちゃんが一番大切と思いました。

著者:Susuchan

私はリテイキムトア と申します。

今年は27歳です。

ベトナムから来ました。

皆さんどうぞよろしく御願い致します。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠中に気をつけたい体温維持のコツ

f:id:akasuguedi:20151006094342j:plain

写真:アフロ

 

お腹を冷やさない、葉酸をとる、ルイボスティーを飲むだけは欠かさず行いました^_^

特にお腹を冷やさないことは大切だと思ったので、冬にUNIQLOのボディーウォーマーを大量購入して、季節関わらず履くようにしました!お買い得だし、薄くひびかないのでおススメです(*^^*)

効果が出たのか?無事もうすぐ安定期です!

著者:さの

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

大晦日の夜に陣痛開始。一生忘れない元旦

f:id:akasuguedi:20151006095002j:plain

写真:アフロ

 

40週と5日。産婦人科にて出産。

 

大晦日の夕方18時頃に陣痛が始まり最初は10分だったり15分だったりと安定せず(最初はウ◯チの痛みなのかな?)と陣痛だとは分からない程度。

21時頃トイレにておしるしを確認。ナプキン装着。

22時頃、産院へ状況を電話で説明。5分間隔になったら電話するように言われる。

夜中2時痛みが5分、3分、10分と安定しないが、痛みが激しくなる。産院へ電話すると来るようにと言われる。

タクシーに乗るまでのマンション通路でおもらししたかと思ったが破水だと気づく(ナプキンしているので漏れずに済む)

分娩準備室で約8時間うなされる。。

 

とーーーーーってもきついです。陣痛が来てない一瞬のうちに寝落ちしたり、足が攣ったり、トイレにも行けないので管を尿道に入れられたり(これ意外に痛いです…)もう二度と経験したくないと思うくらいに。笑

中でも大変だったのは、自分でうまく呼吸が出来なくなり痙攣してしまい、お腹の赤ちゃんにも影響が出て、酸素マスク装着の上、このままなら緊急帝王切開の話もされました。

ですが、陣痛を安定させる点滴と、子宮口を広げる注射をお尻に打ち、ヨロヨロしながら助産師さんと旦那に支えられ分娩台まで移動して、なんとか無事に産まれてきてくれました!

 

と、思ったのもつかの間、羊水を飲んでいたらしくすぐに産声を聞く事が出来ずとっても生きた心地がしませんでしたが、助産師さんが機械で吸い取ってくれた後、元気に泣いてくれて、やっと一安心といった出産でした。一言で言えば壮絶。一生忘れない元旦となりました。笑

 

ですが、よく聞くと思いますが、先輩ママさんみんなが言うように、その後の慣れない育児の方がもっと大変なので終わってしまえば良い思い出です。笑

妊娠してからの生活の変化がもたらしたもの

f:id:akasuguedi:20151006095650j:plain

写真:アフロ

 

私は生理が不順だったので、妊娠できないのではないかと思いドラックストアで基礎体温を体温計に記録してくれるものを購入しました。

それに冷え症があったため、専門の先生に漢方を処方して貰ました。

それに食生活が乱れていたので三食しっかり食べるようにしました。

私は痩せているのもあり妊娠できるか心配でしたか上記のことを三ヶ月ほど続けたら生理が定期的にくるようになりました。

妊娠が分かったのは、その三ヶ月後くらいです。最近食べると気持ち悪いし胸が張っている感じでした。

まさかと思いドラックストアで妊娠検査薬を2回できるキットで二回ためし、プラスだったので仕事から戻ってきた主人に報告しました。なぜか涙が溢れてとまりませんでした。主人もやったね。と一緒に喜んでくれました。その次の日、産婦人科を受診し確定しました。帰りに二人で妊婦雑誌を購入して帰りました。

その後はつわりでキツイ日が続きました。手に巻くバンドとか色々ためしましたが駄目でした。食べると気持ち悪くなり吐いてしまうことが多かったです。妊娠六ヶ月くらいまで続きました。それに妊娠してから気分の浮き沈みもあり、気持ちのコントロールも大変でした。ても今は妊娠三十六週で母子共に元気です。

著者:みー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

死産を乗り越えて。パパへの誕生日プレゼントは4回目の妊娠報告でした

f:id:akasuguedi:20151006100201j:plain

f:id:akasuguope02:20151009131010p:plain

 

2人の子供を授かり、3回目の妊娠では5ヶ月で流産(死産)。

パパはあんなに辛い思いをするくらいならもう子供はいらないと言い、私はこのままでは終わりたくないからと次の妊娠を熱望。

 

あの時の辛さを乗り越え数年経ち、たまたま周りがベビーラッシュでパパの中に「もう1人?」なんて思いがよぎったある日、数日生理が遅れてまさかと思い妊娠検査薬を使いましたが残念ながら陰性。

妊娠っぽい兆候(軽い風邪のような微熱)はありながらも何度検査薬を試しても陰性でただの風邪と自分を納得させました。

生理が半月以上遅れた頃、パパは県外へ1ヶ月の出張。

その翌日どうしても遅れた生理が気になり妊娠検査薬を使用。

すると今度は陽性!

早速産婦人科へ行きましたがまだ赤ちゃんは確認できず…。(排卵が遅れたのが原因のようです)

結局妊娠検査薬を5本以上使いました(^^;)

 

念願の3人目。

でも前回の死産が頭をよぎり嬉しい反面怖さもあり、複雑な心境のまま病院通いが始まりました。

すぐパパに報告しようと思いましたが県外にいるし前回の事もあるのでなかなか言い出せず…。またダメになるかもしれないという不安から誰にも妊娠した事を報告(相談)できません。

 

そこで、ちょうど出張が終わる時期とパパの誕生日が近いという事で、妊娠報告をパパの誕生日プレゼントにしようと思い、急いで発行してもらった新しい母子手帳と最新のエコー写真をラッピングしました。

それを見たパパは最初2人目の母子手帳だと思いスルーしてましたが、表紙の名前が空欄である事に気付いた瞬間びっくりした顔で私の顔を見ました。

でもすぐ嬉しいけど不安な複雑な顔になりました。私と同じ気持ちになったからです。

夫婦で動揺する中、子供たちが今回の妊娠を純粋に喜んでくれたことで何とか平常心を保てたと思います。

 

その後どうしても流産が心配だったので大きい病院に変え通院しました。

先生から細心の注意を払って経過を見ると言って下さったので、やっとお互い妊娠を嬉しい事だと受け入れることができました。

著者:てるてるママ

3人の子持ちママです。

4回妊娠しましたが、全部それぞれに思い入れがあります。

子育てはもちろんの事、妊娠・出産も同じはないんだと改めて思いました。

その経験が今後役にたったらいいなと思っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

こんなに苦しいとは。。40回以上のつわりを乗り越えて

f:id:akasuguedi:20151006100704j:plain

写真:アフロ

 

飲食業2つ掛け持ちでパートやってて、5wまでは朝がやたら辛かっただけなんですけど5w~6ヶ月後半までは常に吐いていました。

今、臨月ですがまだたまに吐きます(-_-)

立つことも出来なかったので仕事は一気に辞めました。

5wまではかるい食べづわりでそれ以降は吐きづわり、臭いづわりでピークは7~11週くらいだったと思います。

1日40回吐いた時は子供や自分自身がもうダメになるんじゃないかと思いました(>人<;)

車持ってないから病院もすぐ行けない、引越してきて半年で知り合いもほぼいない、友達も遠い所にいる、旦那はほとんど働きに出てるそんな中でただただ耐えるのみで本当に本当に辛かったです。

そんな時の支えは、まだ形にもなってない我が子のエコー写真と旦那と一緒にいれる時間でした。

ピークがおさまってからはヨダレづわり、眠気づわり、食べづわりも加わり、ゲップに悩まされ続けて今に至りますが、ここまできたらゲップや嘔吐はもう諦めています(≧∇≦)笑

嘔吐がどんだけ酷くても、飲み物1口飲んでめっちゃ吐いたとしても脱水にだけはならないようにポカリ飲んでました!!

私は3週間で-4kgだけだったけど酷い方は10kgや20kg減る方もいらっしゃるみたいなのでそれに比べれば私はまだ軽かったのかな。。。と思いますがめちゃくちゃ辛かったです(>人<;)笑

私みたいにツワリが続いてもマシになる日はいつか絶対くる!!

そしてドンドン大きくなっていく我が子が可愛くて可愛くてもうめっちゃパワーになります!!

泣いても叫んでも。。。どうか耐え忍んで可愛い可愛いお子さんを産んでほしいと思います!!

著者:なお

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

帝王切開立ち会い出産で主人が気絶!

f:id:akasuguedi:20151006101128j:plain

写真:アフロ

 

私は妊娠前から子宮筋腫があり、妊娠が進むにつれ想像以上に子宮筋腫が大きくなり、産道の近くだったので赤ちゃんが出てこれない状態だったので予定帝王切開でした。

どうしても立ち会って欲しかった私は、血が得意でない主人にビデオを撮るようお願いして立ち会い出産 に挑みました。

手術台に横になる私の頭の真横でビデオカメラを握りしめ私に声をかけるわけでもなくビデオをとっている主人…が手術開始5分程でカメラを取りながら私にもたれかかるように倒れてしまい助産師さん達が大慌て。主人からビデオカメラを受け取り、出産の様子、私の様子、主人の様子を完璧に撮影してくださいました。

助産師さんの膝枕で息子の出産を迎えた主人は真っ青な顔でなんとか笑顔を見せていました。

帝王切開の為、産後は寝返りも激痛で動けなかったので、痛みが回復しつつもしばらくの間は笑うとお腹が痛かったので、私のお腹の傷が良くなってきた頃に家族みんなでビデオを見ました。

感動で涙を流しながらも主人の気絶に大笑いし、楽しいビデオ鑑賞会になりました。

著者:さこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊活がうまくいかず、悩んでいたときにみた夢。

f:id:akasuguedi:20151006101835j:plain

写真:アフロ

 

結婚して7年目。早くに結婚したため、すぐには子供を考えず自由に仕事と夫婦生活を充実させていましたが、主人や私の友達に子供が出来始めた事をきっかけに、自分達の子供の事を少しずつ考えるようになりました。

まずは初歩的な基礎体温をつけ始めましたが、数ヶ月経っても子供は出来ず、義務的な行為にもなってしまい、主人とは口論になる事も。世間で言われている「妊活」は脚を組まないとか、青空に向かって声をかけるとか、海のパワーを貰うとか、木村さんの画像を使用するとかしました。それでもやっぱり赤ちゃんは来てくれなくて。

すぐに出来ると思っていたのでかなり悩んでいましたが、考え方がおかしくなる頃、大学時代の同窓会で私と同じ境遇の友達が何人もいる事が分かってからは、子供がいたら制限されてしまいそうな事をしようと思い、月1で主人と旅行を楽しむようになりました。そして基礎体温をつけ始めてから10ヶ月。ついにその時が。

そろそろ生理きちゃうかな?って頃に、夢を見たんです。ドクターっぽい人に「(お腹に)出来ていますね」って。実は以前にも、他県の友達と職場の先輩から妊娠報告をされた夢を見た事があって、私の夢でその友達も妊娠が分かったくらいでした。さすがに自分の時は願望もあるから夢はないかな、と思っていたので半信半疑でしたが、見事妊娠成立していました。

しかも、男女の双子(笑)

お空に向かって「赤ちゃん達」って言ってたのが良かったのカナ?とにかく、妊娠しない事を深く考えずに生活した方が良かったんだと思いました。

今は双子の育児に奮闘中です。

著者:せん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

ほぼベッドの上で過ごす日々。妊婦生活こんなはずじゃなかった!

f:id:akasuguedi:20151006102336j:plain

写真:アフロ

 

現在7カ月ですがわたしのマタニティライフはほぼベッドの上、自宅の中だけで過ごしています。

妊活を考えてから、元々パートだったのもあり、赤ちゃんのことを考えると妊娠がわかった時点で仕事は一端辞めようと思っていました。

仕事を辞めたら今までできなかった少し手の込んだ料理や家の中のこと、ベビー用品など手作りしたり友達ともランチしたい!なんて色々考えていましたが、ほとんどのことができていません!

妊娠判明→すぐに切迫流産で安静→そのままつわり突入で2ヶ月は起き上がれない状態→つわりが終わったと思ったらまた切迫流産で入院→現在退院から1ヶ月で切迫早産でまた入院指示(これは結局自宅安静になった)というぐあいで、出掛けるどころか家事全般も旦那に頼り続けたまま、自分はひたすら安静に過ごす日々になりました。(病院でいう安静は横になって過ごすこと)

 

ずっと助けてくれている旦那には本当に感謝で、申し訳ないしやらなきゃならないことも中々進まないけど、逆にもうこうなったらとことん安静生活つらぬいてやる!と思うことにしています(^_^;)

著者:りか

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

2人っきりは最後!?最高の思い出になったマタニティ旅行

f:id:akasuguedi:20151006102720j:plain

写真:アフロ

 

生まれてからだと子供中心に動かないといけないし、行きたいタイミングで行きたいところに行けなくなってしまう。。。

何よりまだまだ恋人気分でいたかったのもあり(笑)私の体調を心配する夫にちょっと無理言って連れてってもらいました(^∇^)

本当は沖縄行きたかったんですけどまだ嘔吐したり体調が安定していなかったので近場の箱根に1泊2日で6月の最後の週に行きました。

家から旅館までは電車とバスで2時間くらいなんですが、初日は芦ノ湖でランチしてから安産杉拝みに行って、フェリーで桃源台の方まで移動しました。

霧が濃くかかってたのがまた幻想的でとても綺麗でデッキで景色眺めながらずっとお話してました。

行った時期はちょうど梅雨だったんですけど、その2日だけ雨は降らないでいてくれて、箱根山の地震のこともあり人が少なく、旅館に泊まっているのは私達だけで、なんとその日の朝の地震で温泉が大浴場に引けなくなってしまったお詫びにと部屋をスイートルームに格上げしていただいて、屋上の天空テラスは私達だけしかいないのにわざわざ足湯もちゃんと引いていただいて料理も夜食も誕生日&妊娠祝いの手書きメッセージまで。。。

本当に至れり尽くせりで最高の思い出になりました(^○^)

 

今、マタニティー旅行(マタ旅とか言うみたいですが笑)に行かれる芸能人の方もSNSに投稿したりと影響が大きくそれで一般の方々にも流行っててそれが周りからしたらめっちゃ迷惑だとか不謹慎だとか言うコメントをよくネットで見たりしましたが、10人いたら10人の意見があって当然です。

さすがに臨月直前あたりから旅行となると母子ともにとても心配ですが、ツワリがおさまっていくペースを逆算したり、行きたいところと行けるところの見極めをしっかりして一緒に行く人のサポートも受けながら絶対無理をしないのであれば私は旅行めちゃくちゃオススメします!!

本当に素敵な思い出になります(^∇^)

 

持ち物は母子手帳、保険証、エチケット袋、ティッシュ、タオル、飴はどこ行くにも必ず持っていました。

通っていた産婦人科の先生はちゃんとしてるんですけどけっこうかるいかんじの先生で箱根旅行のことは行ってらっしゃーいってかんじでした(^ ^)笑

 

著者:N.N

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

病院到着10分後。分娩室で計測中に出てきた二人目出産

f:id:akasuguedi:20160822141030j:plain

写真:アフロ

 

上の子は初産にして10日早く出産。

今回もきっと早くうまれてくるだろうと早々に気持ちも身体も準備万端。

なのに・・一切の予兆もなくとうとう予定日前日に。

早く産まれておいでよ~。と夕食後、上の子と旦那と3人手をつないで、家のまわりをぐるっと散歩。

 

翌早朝、5時10分、ふと目が覚めると軽い腹痛。何??

陣痛じゃなかったら起こすの悪いなぁと、

すやすや眠る上の子と旦那をそっと残して、とりあえず顔を洗って念のために着替えてみた。

ん~?やっぱり陣痛っぽい。

5時30分に旦那を起こし、45分に病院へ連絡。

「経産婦だし、念の為に入院しましょうか」との助産師さんの指示に従い、上の子も起こし6時に病院へ出発。

 

6時10分に病院へ到着し、そのまま「計測しましょう」と分娩室へ。

そう、この病院は上の子の時も計測は分娩台の上だった。と懐かしく思い出しながら、じゃあねと部屋の外で入院荷物をベンチに置く旦那と上の子に笑顔で手を振る。

まだ余裕の私。

 

そして、10分後。

助産師さんに呼ばれて旦那と上の子が分娩室へ。

旦那曰く、「分娩室に入ったら、もう肩まで出とるし・・」

「・・・立会予定でいつも病院にいるのに、1度も立ち会えん。」

 

そう、上の子の時も旦那が呼ばれた時には

「頭、出とった」

らしい。

あの時は入院して1時間後、分娩台にあがって10分で誕生したっけ。

そして今回は、計測中に誕生したよ・・。

 

長丁場を覚悟して準備した水や食べ物も今回も不要でした。

 

前日のウォーキングのおかげか、私の体質なのか?

あっという間に産まれて来てくれた親孝行な子供達に感謝です。

著者:さちぽてん

結婚して2年子供を授からず、二人目は更にそこから4年も間が空いてしまって、3人子供が欲しいという当初の願いは年齢とともにより厳しさを増してきています。

子供の可愛らしさと、かかる費用と体力とを天秤にかけ、まさに今年3人目をどうするか真剣に悩んでいる主婦です。

私にとって、子供を持つことは最高の幸せで、また最高の贅沢です。

子供と旦那に支えられ、家庭と仕事(国家公務員)の両立に奮闘しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

予定日1週間前、メガネをあつらえに行って破水

f:id:akasuguedi:20151006105139j:plain

写真:アフロ

 

予定日は2011年12月25日のクリスマス。

その1週間前、見えづらくなったメガネを出産前に新調しておこうと近所のメガネやさんを3軒はしご。産婦人科の先生に歩くように言われてたので歩きに歩いた。

 

気に入ったメガネを選び、購入を決めた頃尿意に教われた。ピンクのおしるしがあった。もしかしたら、もうすぐ産まれる?と思ったが、陣痛は無いし、焦らず購入の手続きを済ませ席を立った。

その時、プチッと音が聞こえた。

アレ何の音だろうと思ったが、痛みがあったわけではないので、歩いて家に帰り、予定より遅くなってしまったので、夕飯を買いに車に乗り込んだ。近くのスーパーへ到着したが…いつもと違っておかしい…トイレに行って確かめた。尿なのか…

透明な水が、止まらない。破水かもしれないと思い、産婦人科医院へ電話する。

現状を説明するとすぐ来て下さいと言われた。

家に戻り、支度してあった荷物を持って急いで病院へ行った。

病院へ着いた頃、まだ陣痛は無く食欲もあった。旦那さんにおにぎりを買ってきてもらい食事を済ませることができた。

破水してから3.4時間後、陣痛が始まる。

腰にものすごい痛み。旦那さんにさすってもらってもどんな体勢になっても痛みが抑えられず…陣痛の山が来るたび何度か大声で叫ぶ。すると部屋に助産師さんがきた。大きな声を出しすぎと叱られた。

そして、分娩室へ連れて行かれ分娩台に寝かされる。大きな声を出さないように言われて子宮口が開くまで耐えるように指示された。分娩台のうえで、暗闇の中1人で寂しく痛みに耐えた。時折、助産師さんが見にきてくれたが寂しかった。

やっと、子宮口が開いて出産。

陣痛が始まってから、8時間後の出産だった。破水から始まったが安産。

しかも4356gのビックベイビー。

助産師さん、驚いて2回も体重測り直しちゃったらしい。そりゃこんだけ大きな赤ちゃんじゃ痛いわ。分娩台に来てからは、大きな声を出さずに耐えてて偉かったね~と褒めてくれた。

初めての経験で、不安いっぱいだったけど、大きな赤ちゃんだったけど可愛かった。

 

著者:かめごのみ

ズボラ新米2児の母

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

バースプランには立ち会いなしって書いてたのに!成り行きでうっかり立ち会い出産

f:id:akasuguedi:20151006110112j:plain

写真:アフロ

 

私は出産自体の立ち会いは希望せず、夫も特に希望なし。さらに、体力に自信がないため、和痛分娩を予定していたこともあり、夫には陣痛の間だけ付き添ってもらい、出産時は一人で頑張るつもりでバースプランを提出していました。

出産は高位破水から始まったものの、子宮口も開き夫は退室。いざ!と思いきや、和痛の麻酔準備に時間がかかってしまい、どんどん強くなり長引く陣痛にぐったりし始める私。

それでもなんとか持ち直し、あと少しで!というタイミングで「ご主人お呼びしますか~?」と看護師さん。

え!?バースプランに書いてないよね?!、っていうか今痛すぎてそれどころじゃないし!!(←麻酔がほとんど間に合わなかった)と口パクパクな私。

結局、夫、いつの間にか呼ばれ、成り行きで立ち会い出産(^_^;)

産まれたから呼ばれたものと思いやってきた夫は、まさかの修羅場真っ最中に呆然。私は必死すぎて出て行ってとも言えぬままに出産。

後日聞いた感想は「子どもに会えると思って行ったら、お前が死にそうな顔してて吃驚した。それにしてもへその緒と胎盤長くてでかくなかった?」と、感動のかけらもないものでした(笑)

バースプラン用紙だけでなく、当日意識がしっかりしているうちにしっかり確認すべきだったなぁと思うものの、今ではよい思い出です。

著者:りりー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

不妊治療をはじめて6年。辛かった治療も今ではいい思い出です

f:id:akasuguedi:20151006110806j:plain

写真:アフロ

 

結婚したのが30歳、最初は子供はまだいいやと思って避妊してました

4年くらい経って、そろそろと思い始め避妊をやめたけど、全然できなくて…

評判の良かった近くの産婦人科に行って不妊治療を始めました

色んな検査をして、私に原因があるようなので、頑張って通いました

毎日お尻に注射をしなくちゃいけないので、仕事も辞め、不妊治療に専念しました

人工授精を8回、あっという間に2年が過ぎ、もう体外受精にしたほうがいいと言われ、そのときには体はボロボロ…病院を変わり、また人工授精を3回しましたが授からず

体調に限界、休養のため、人工授精を中断しました

2年休養し、体外受精のできる病院に変わりました

体外受精をするつもりで、その前にもう一回人工授精してみることに…

そしたら やっと念願の妊娠!

諦めていただけに、すごくうれしかった~

気づけば40歳、高齢の初産で色んな心配がありましたし、今も真っ只中ですが、

とにかく元気な赤ちゃんを産めるように頑張ります

不妊治療して6年、本当に諦めていたけど 良かったです

辛い治療も今となってはいい思い出です

不妊治療されている方、すごく辛いの分かります

でも、必ず報われる日が来ます

頑張りましょう!

著者:みつきい

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

出産直前、法事ででかけた旅先で出血!

f:id:akasuguedi:20151006162017j:plain

写真:アフロ

 

大阪在住で、二人目の妊娠ということもありいくらか余裕がありました。

だから、出産直前でしたが徳島で法事があるため一緒に出かけました。それに、GWでもあり従姉妹も一緒だったので、ついでにみんなで淡路島で一泊して次の日に遊んで帰ろうとバンガローのようなところに泊まりました。

翌日、みんなでイングランドの丘へ遊びにいきました。そこでトイレにいってびっくりしました!出血していました…

今まで出血したことがなかったので焦りました。赤ちゃんは大丈夫なのか??息苦しくなってないのか??無事なのか??

そればかりが頭の中でグルグルまわり、変な汗が出てきて…すぐに産婦人科に電話して症状を説明し、どんなことが考えられるのか確認しました。

先生は血の色がどんな色で出血量がどのくらいなのが確認し、大丈夫だといわれました。

私の出血は鮮明な色ではなく、茶色の色で、量も生理よりも少ないかんじでした。

後からよくよく考えてみると、前の晩、妊娠中便秘気味だったのですが、こんなところに来てしたくなりました。でも、和式しかなく変な態勢で便をすることになりました。便秘が続いていたのですんなり出ず、少し頑張らないと出なくて下腹部に力が入り影響したようでした。力が入ったことで血管が少し切れたようでした。

その後出産まで出血はつづきましたが、胎児には影響もなく予定日より早く3555㌘で生まれてきましました。

著者:いろはとひおりの母

今は復職し、教師をしながらわんぱくな娘二人を育てています。仕事がら子どもをたくさん見すぎてどう育てるべきか日々迷いながら過ごしています。家族が増えることがこんなに幸せなことなんだと実感しつつ、男の子も育ててみたいなと思っている今日このごろです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

出産後の尿漏れ。トイレまで間に合うか不安でした。

出産後、大部屋を選択したのですが窓際だったのためもありトイレまでが遠かった。

縫った所と腰は痛いし、骨盤ベルトを外したりしていたら、トイレに行っている途中で尿漏れ。しかも経験したことのないような量でした。

悪露が出るので大きいお産用パッドをつけていたのでよかったのですが、また漏れたら。。。と不安でした。

お産用パッドはLサイズMサイズSサイズとありましたが、尿漏れが不安で、夜はいつもオツムのように大きいLサイズをつけていました。

お産用パッドのLサイズは3つくらいしか病院から支給されなかったので、売店で購入。

景色が見れるから。と父親が窓際を選んでくれたようですが、トイレに近い所か個室にすれば良かったなぁ。と。

家に帰ってからもトイレに間に合わないことがありました。悪露はそんなに多くないのに、夜用のナプキンをつけていました。

尿漏れ対策の運動は2.3回しかしませんでしたが、少しずつマシになり産後4ヶ月くらいで不安がなくなりました。

 

著者:あゆ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

陣痛のときは「痛くない!」我慢したものの、産後処理では「痛い!」と叫びまくり

f:id:akasuguedi:20151006163314j:plain

写真:アフロ

 

陣痛では、『痛い』と言わないようにしようと心に決めていた私。さすがに、言わないわけにはいかなかったけれど、叫ぶほどではなく「痛い!!…けど、大丈夫」というかんじ。先生にも「我慢強い!」と誉められました。

ところが、いざ産み終わってほっとしたとき。よかった~もう痛くないと思ったらとんでもなかった。

会陰切開の傷を縫うときに「痛~い!」と叫びまくり。麻酔の注射も痛いそ!縫うのも痛い。先生にも、さっきまでの我慢強さはどこへいったの?と笑われました。

その後も抜糸するまで糸がひきつれて痛かったし、抜糸も痛かった。

著者:コロ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

職場に言いづらい妊娠のこと、私がやったこと

f:id:akasuguedi:20151006164505j:plain

写真:アフロ

 

職場に妊婦さんがいたので気を使ってしまったり、妊娠前に別で入院していたため何度も心配をかけるわけにもいかないと、安定期に入るまで公表できずにいました。

つわりはひどくはなく食事もとれていたのですが、吐き気やひどい頭痛があり仕事に集中できず、不安とストレスが大きかったです。まわりにいっても体調は変わりませんが、環境が変わるのであればちゃんと伝えた方が気持ちに余裕ができると思います。

マスクの中でレモン味の飴をなめ続けたり、食べづわりだったので仕事の前後におやつを用意したりしていました。頭痛薬はまったく効かず漢方を続けました。安定期が近かったせいかわかりませんが、漢方の方がよかった気がします!つわりの頭痛は気圧の変化も影響するので、梅雨や台風もツラいですし、高低差のあるドライブとか避けた方がいいです。

著者:まりこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

職場異動したばかりの時期に妊娠判明

f:id:akasuguedi:20151006164749j:plain

写真:アフロ

 

4月に職場が変わり、新しい仕事・人間関係作りに慣れようと心構えをしていた頃。慣れない環境で気を張っていたせいか、ストレスか、ご飯が食べられなくなりました。4月半ばになっても胃痛が続き、「もしかして…」と思ったことがきっかけで、妊娠が判明しました。

分かったときに、仕事のことが頭に浮かんで素直に喜ぶことができませんでした。仕事でもそれなりに責任ある立場になっていたため、簡単に報告することができませんでした。しかも、異動したばかりで人間関係もまだ築けているわけでもなく、職場の誰にも相談できませんでした。夫も嬉しさと私の仕事の心配をしてくれました。

数週間悩みながら仕事を続けていたとき、体調を崩してしまいました。そのことがきっかけで、女性の上司から「赤ちゃんができたの…?」と声をかけられ、報告することができました。その後は、仕事を配慮してくれたり、優しい言葉をかけてもらったり、今の私にできる仕事を考えてくれました。

後ろめたさばかり感じていましたが、いざ報告をしたらみんなが祝福してくれたり、気遣ってくれたり、「赤ちゃんを授かってよかった」という気持ちが強くなりました。体力勝負な仕事ですが、無理なく産休に入るまで働くことができました。

著者:みきてぃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤ちゃんが夢に…

f:id:akasuguedi:20151006165301j:plain

写真:アフロ

 

結婚以来、主人の仕事が忙しく、新婚旅行に行けていなかった私たち。やっと休みが取れて旅行の予約をし、気分はもう南の島…生理が遅れていたけど、もともと不順だし気にも留めていませんでした。

でも、とにかく眠い!!仕事から帰って夕食の準備までに寝てしまったり、朝なかなか起きられなかったりする日が続きました。最近疲れてるしな…なんて思っていたある日夢に赤ちゃんが出てきたのです。赤ちゃんが少し遠くで微笑んでいて、私が一生懸命手を振っている不思議な夢でした。妊娠のことは1ミリも考えていなかったけど、最近異常に眠いしもしや?と思って検査薬で調べてみると、見事に陽性!!あの眠さは妊娠のせいだったのね。

新婚旅行は海外から近くの温泉になってしまいましたが…それも今では良い思い出です。そして、あの不思議な夢のことも、娘が大きくなったら話してあげたいなと思います。

著者:りょこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

マタニティウェアはいつが買い頃?3ヶ月じゃちょっと早いかも

f:id:akasuguedi:20151007041519j:plain

写真:アフロ

 

妊娠3ヶ月くらいに嬉しくてウキウキして早めに買った夏のマタニティー服。よりによって買ったものは夏らしいマリンボーダー柄ワンピースやマキシワンピース。あまり着ることもなく、今頃になってお腹が急激に膨らみ始めたので、季節が変わり秋になってまた新たにジーンズやレギンスなど買い足すことになりました。マタニティー服を買うのが嬉しくて、勢いで買ってしまったが、もう少し着回しできるものを慎重に選んで買えばよかったなぁ~と後悔しています。

著者:さっちん

妊娠24週目。初産。マタニティーライフが楽しくウキウキしながら生活しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

保育士2年目の新人のころに妊娠。仕事と妊娠生活の両立が大変だった

f:id:akasuguedi:20151007041929j:plain

写真:アフロ

 

わたしは保育士2年目の新人でした。1年目の終わりに妊娠がわかり、そのすぐあとに悪阻がわたしを悩ませました。

 食べ悪阻と吐き悪阻両方で、食の嗜好もがらっと変わって食べられるものが限られていたので、給食の時はいつも地獄でした。

 食べないとお腹が空いて吐きそうになるし、食べたくないものを無理して食べると吐いてしまうし、吐いてしまうと空腹で胃液を...という悪循環でした。

 

そのうち、トイレからでられない状態になり仕事も休みがちになり、いつの間にか有給が全て無くなっていました...その後休むと減給と宣告され、上司からも白い目で見られるようになりました。

個人差があるといえどなかなか理解して貰えない部分もあり、甘えだとも言われ精神的にも経済的にも苦しかったです。

 

悪阻は妊娠中期前半まで続きました。

その後も体調は崩しがちでしたがなんとか産休前まで仕事は続けました。その後の手当てのお金のためだけといっても間違いではないです。

 

産休前の一ヶ月はお腹の張りと戦ってましたね、立ったり座ったり、子どもを抱っこしたりしなくてはいけないので夕方ぐらいには痛いくらいの張りがありました。医者からも安静とは言われつつ、張り止めを飲みながら仕事をこなしていました。

  

実際、子どもの世話をする仕事で体を使って仕事していたせいかお腹の赤ちゃんの成長も少し小ぶりで、産休に入ると圧迫がなくなったのかすくすく大きくなりました。

 

働きながら妊婦生活を送る方も少なくないとおもいますが、もし、働かなくて良い環境ならゆっくり専業主婦をしながら妊婦生活を送れればよかったのかなと思います。

  

著者:林檎

21歳プレママ。保育士。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

子宮口4cm~破水~出産まで

f:id:akasuguedi:20151007042411j:plain

写真:アフロ

 

38週と6日の午前中、通常の検診で子宮口が4cm開いていると言われました。

かなり以前から2cm開いていると言われていた為それほど気にせず帰宅。

かなりの寝不足だった為お昼過ぎから夕方前まで睡眠。

目が覚めるとなんだか違和感が。

少し破水してる?ような?

もしかして今日出産になるかもとそのままお風呂に駆け込みました。シャワーと洗髪。(普通、破水の際はすぐに病院にTEL)

スッキリしてお風呂から出たところ、ポタポタ~

もしかしてと思いお風呂に戻ったところボタボタボタ~と破水しました。

しばらくするとおさまってきたのでバスタオルを巻いて生理用ナプキンを付けて着替え病院にTEL。

病院に着き、やはり破水とのことでそのまま入院となりました。

見てもらうと子宮口は既に7cm開いてるとのこと。

痛くないの?と聞かれますが全く痛くなく4時間ほど広めの分娩室でソファなどもあったので家族と普通に会話ができる状態。

夜10時頃になると陣痛らしきものが始まりましたがまだまだ耐えられる痛さ。

日付けが変わる頃からちょっとイタタタとなったため分娩台にあがりゆっくりしていました。

そのまま夜中の3時ごろには子宮口9.5cmまで開いてるとの事でしたが陣痛マックスになるもののなかなか産まれないまま朝7時に。

やっと担当の先生が来て、結局吸引分娩となりました。

吸引したらわずか1分もかからず生まれました。

最後の数時間が辛過ぎたのでもっと早く吸引して貰いたかった。

午前中の、検診で今日や明日の出産はないと言われていたいましたが、なんとなく自分では近いかなと思っていた為、家族にはそろそろやと思う!と宣言していたのでやっぱり母はスゴイな。と思いました。

まさか破水からくるとは思いませんでしたが、そんな流れで出産となりました。

著者:花葉

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠がわかった時について

f:id:akasuguedi:20151007054937j:plain

写真:アフロ

 

生理が一週間ほど遅れていて、いつもの生理前の時のように下腹部の重たい感じが続いていました。

もともと生理痛が重めの私は、普段から婦人科から鎮痛剤を処方してもらっていたのですが、それも切れそうなので、薬をもらいに病院に行ってみたのが、気づいたきっかけでした!!診察後、先生に、突然妊娠していると言われて、びっくりしました!内膜症があったりなどと、自分は赤ちゃんができにくい体だとずっと思っていたので、思いがけず、とってもとっても嬉しかった!!!

妊娠の初期は、普段の生理前の兆候と、本当に変わらない感じだったので、自分では全く気づくことができませんでした!病院に行ってみて良かったです。

著者:マカロン

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠性痒疹

f:id:akasuguedi:20151007055733j:plain

写真:アフロ

 

妊娠初期に急に全身(頭にも)に蕁麻疹が出てきて、とても痒かったです。

先生に言ったところ、妊娠性のものやねと言われ、聞いたことが無かったのでとても驚きました。でも二人目は出なかったです。

著者:エリ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

みんなの予想を裏切るマイペースな娘の出産!

f:id:akasuguedi:20151007060223j:plain

写真:アフロ

 

立会い出産するべく、夫は予定日から1週間仕事の休みをとっていましたが、予定日を過ぎても産まれる気配がなく、夫の休みが終わった日の朝に急に陣痛が…!

病院に行って入院になったものの、先生から「今日は産まれませんね(自信たっぷり)!明日様子を見て、促進剤か帝王切開になるでしょう!」と言われ、病院まで送ってくれた母を家に帰し、仕事帰りに寄ってくれた夫を家に帰したところ、急激に痛みが…。

助産師さんに痛みを訴えてみたら「痛みって人それぞれ違うからね~死ぬことはないから大丈夫~」と軽く流され、個室で1人ソファに倒れこんで苦しんでた最中に急に破水!

助産師さんから「もう産まれるよ!旦那さん呼びな!」と言われて夫に電話してから、20分後に産まれてしまい、ギリギリ立会い間に合わず、1週間も仕事休んでスタンバイしていたのに、結局1人きりで産んでしまいました…笑

でもまぁとりあえず元気に産まれてきてくれて良かった良かった。

著者:まるこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊活開始!反応があったつい嬉しくなっちゃった話

f:id:akasuguedi:20151007061516j:plain

写真:アフロ

 

結婚してから、3ヶ月後に新婚旅行。

年齢の事もあり、旅行の後妊活を始めました。

妊娠するのが楽しみで、検査薬は10本位使いました。

結婚してから、基礎体温は付けていませんでした。まだ早いだろうな…と思いながらある日の夜、検査したら、線が!

嬉しくて泣きました。主人には、なんて報告しようか悩み、ソワソワしました。

 

思い出の場所で報告。

とっても喜んでいました!

今、妊娠8ヶ月です。

著者:おはなちゃん

30代での妊娠。かわいい我が子に会えるのが楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠判明!ケンカをやめて仲良くなった

f:id:akasuguedi:20151007102234j:plain

写真:アフロ

 

入籍してすぐに旦那さんの家に入りました。仕事はそのまま続けているものの、家事は大半を引き受けることにし、さらに旦那さんのおばあさんの介護も当然日常生活に入りました。

このおばあさんがは口が元気で、ずっと文句やお説教、自慢話を延々話してくる人でした。旦那さんのお義父さんは心筋梗塞で急逝、お義母さんはこのおばあさんにいじめられて家出!旦那さんとその弟、私の三人で相手をするものの、標的は台所に立つことの多い、血のつながっていない私でした。

生活の変化、引っ越したことで通勤距離は倍増、そしてこのおばあさんとの生活にすぐ疲れてしまいイライラを溜めていました。私はイライラを溜め込んである時急に爆発させるタイプ。自分でこれではいけないと思っていてもコントロールができず、旦那さんに当たってしまいました。2人のあいだは仲良くするように努めてはいるものの、お互いにしこりがあるというか言いたいことを抑えているような感じでした。

 

ある晩、深夜に目が覚めて天井をみていました。同居も始まったばかりなのにケンカして自分は何をしているんだろうと静かに思っていた時、急に妊娠検査薬のことを思い出しました。生理が予定日になっても来てなかったのでかっておいてそのままにしていたのです。今日なら予定日から1週間過ぎているしフライング検査にならない…とそっと布団から抜け出してお手洗いへ。深夜の、旦那さんとケンカしてる時に妊娠検査薬を試す自分が不思議でした。反応が出る間じっと判定窓を見つめ、みるみる陽性のマークが出ていくのを見るのは、喜びというより驚きと不安が入り混じった複雑な気持ちでした。旦那さんに伝えたらどんな反応をするのだろうかという不安。

ゆっくり部屋に戻り布団に入り、隣で寝てる旦那さんを起こして

「あのね、今妊娠検査薬してきた」

「どうだった?」

「陽性だった」

 

すぐに返事がないので寝たのかと思ったら抱きしめてこう言ってくれました。

「ケンカしてる場合じゃないな」

生まれてくる子供のためを思って言った言葉だと、それを聞いて安心し、ケンカは忘れて素直な気持ちになれました。暗い部屋の中で妊娠を喜び、週が開けたら産婦人科に行こうと話して寝ました。子どもの話題がでるようになって、私達の間は落ち着いて柔らかくなり、以前より仲良くなったと思います。

 

著者:いけち

常に笑顔でいたい、けどそれがなかなかむずかしい。悩んだり考え込んじゃったりすることが多い33歳の主婦です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

風邪から副鼻腔炎、さらに胃腸炎。人生で一番辛い二人目妊娠初期の1ヶ月

f:id:akasuguedi:20151007150810j:plain

写真:アフロ

 

年明けに二人目の妊娠が判明、前回流産を経験しただけにとても喜ばしかったです。

しかし一人目と二人目は妊娠中の生活に大きな差がありました。

ちょうどつわりの時期で免疫が弱っている時期にに息子が幼稚園に入園、たくさんのお友達と関わる中で風邪をもらったりはしょっちゅうでした。そして息子の風邪を私がもらい、こじらせて副鼻腔炎になってしまいました。

薬も飲めず、つわりもまだある中で毎日の弁当作りから幼稚園の送り迎え。副鼻腔炎になってからは幼稚園に行っている間に耳鼻科に通い、鼻の洗浄やネブライザーなど薬剤を使わない治療を続けましたが完治に至らず免疫は下がるばかり。

最後は産科の先生から耳鼻科で抗生物質をもらってくださいと言われ、1週間だけ薬を飲みやっと治りました。しかしその後も胃腸炎になって嘔吐下痢になったり、とにかく1ヶ月の間に体の不調という不調すべてを経験しました。その中で上の子の面倒をみたりをどうやって切り抜けたのか詳細な記憶があまり記憶がないほど辛かったです。

余談ですが息子はその後流行りのリンゴ病にもかかり、私にもうつらないかと本当にヒヤヒヤさせられました。(妊婦にリンゴ病がうつると大変だそうです)旦那にはうつり、その間なるべく近づくなと産科の先生に言われました。

二人目以降は休みたい時に休めないし、妊娠中から大変なんだなとあらためて感じました。

著者:トクメグ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

ただいま切迫流産で絶対安静中・・

f:id:akasuguedi:20151007151252j:plain

写真:アフロ

 

結婚式も新婚旅行も終わり、ようやくゆっくり過ごせるねーなんて話していた矢先、だるさが続き疲れからくる風邪かな?なんて思ったり。

でも高温期が続いてるし胸も張ってる気がするし、もしかしたら?と思い翌日、検査薬にて妊娠判明。

早速4日後に産婦人科に予約してドキドキワクワク?しかし行く2日前に生理終わり頃の茶色のおりもののような出血が、、、

気にはなっていたもののお腹の痛みもないし気にし過ぎるのも良くないと思い、そのまま予約していた産婦人科へ。

診察の結果、子宮内にちゃんと妊娠しているものの切迫流産です、、、との事、、

薬出すのでトイレとお風呂以外は1歩も出ずに自宅安静でと言われました。

先生からは大丈夫だから頑張ろうねーと明るく言って頂いたのですがショックで自分を責めました、、、

でもずっと責めてても何も変わらないし母も祖母も同じ経験をしていた事を聞き遺伝かぁ、、、なら大丈夫かーと前向きに考えれるようになり、とにかく寝たきりで過ごしました。

5週半ば~つわりもあり食べれる物も量もぐっと減ったりして4キロ減りましたがお風呂も洗うのを母に手伝ってもらったり日中、母が仕事の時は祖父母が面倒を見に来てくれたり本当に甘えさせてもらいました笑

 

でも薬を飲んで絶対安静を心がけていたのに初診から3日後、更に5日後に今度は生理2日目のような鮮血が、、、慌てて病院へ行きました。診察の結果、出血はあるものの赤ちゃんも大きくなってるし心音もきちんと聞こえるし大丈夫だから信じてもう少し絶対安静を心がけてーと言われました

 

結局1カ月少し出血は続きましたが無事に出血も止まり絶対安静も解除されました。

落ち込んだ時はエコーの写真を見たりもしました。

実家の家族にも祖父母にもとても迷惑かけてしまいましたが、でもそのおかげで乗りきれたのだと思います!感謝ですね。

 

妊娠は病気ではないけど精神的にも肉体的にも大変になることもあります。なかなか甘えれない方もいるとは思いますが、かわいい子どもに会える為には必要なことだと思います。

 

私はまだ13週でもう少しで14週なので安定期にも入ってないし、つわりも相変わらず大変でトイレとお友達で不安な事だらけですが、ここまで大きくなってくれたので赤ちゃんを信じて3月の予定日まで妊婦生活を楽しみたいと思います。

 

著者:ハノン

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

平熱が37℃に…

f:id:akasuguedi:20151007151606j:plain

写真:アフロ

 

何もかも初めてで、わからないことだらけで始まった妊娠生活。

妊活と称し、事前情報をネットや友人から集めてはいたものの、行き着く結論は「個人差が大きいので人それぞれ」で結局自分で体験して納得するしかないんだと思い始めた頃に実った妊娠でした。

妊娠初期は軽い腹痛や出血、腰痛が起こりやすく、何よりつわりがつらいと言われていましたが、私が何より辛かったのは続く高体温。

元々平熱が低く(35℃代後半から36℃ギリギリくらい)高温期でも37℃以上になることはありませんでしたし、末端冷え性気味でいつも手先足先はひんやりしていたのですが、妊娠したときの高温期ははじめから37℃を記録。

常に熱っぽく、手足も頭も火照ったような状態で、食欲も落ち、強い全身の倦怠感に悩まされました。

毎晩寝汗で寝間着もシーツも総取り替え。

当初は熱中症や悪性の疾患を疑いすらしました。

検査で妊娠が判明し、微熱の理由はわかったものの、日中は仕事もしていたので「だるいから」と休むわけにもいかず、そこから丸3ヶ月間の「平熱が37℃以上」生活は体力的に結構辛かったです。

それでもつわりと同様に大体5ヶ月を迎える頃にはそんな症状もいつの間にかなくなり、また元の36℃前半の平熱に戻りました。

お腹が大きくなって物理的に動きにくくなったり、疲れやすくもなりましたが、あの体の内側から消耗する日々と比べるとはるかに快適な毎日です。

著者:でこぽん

30代、会社員・主婦・妊婦兼任中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

チョコレート嚢腫で入院した後に妊娠判明

f:id:akasuguedi:20151007152107j:plain

写真:アフロ

 

2015年の5月半ばから約1ヶ月間チョコレートのう腫という右側の卵巣からの出血で緊急入院をしていました。

退院後、1か月後の7月検診ではまだ血の塊が確認され、2ヶ月後の8月検診で妊娠が判明しました。

そのころには痛みもなくもうこれで通院することもないだろうとウキウキ気分で診察に来ました。

しかし、最近胃のむかつきやあんまり当てにならない(サボり気味だったため)基礎体温がずっと37度から下がらなかったのでおかしいな?とは思っていました。

9月に結婚式を控えていたためもう少し待っててくれたらうれしかったなと思いつつも、婚約者は泣くほどうれしかったみたいなので4月が楽しみになりました。

入院中強い痛みどめをほぼ毎日打っていたので心配になりましたが、妊娠前のことは大丈夫と先生に言って頂けたので安心しています。

入院した右側の卵巣からの卵の可能性もあるので人間の体とこどものできる神秘はすごいなと感じております。

著者:蒼紅

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

食べづわりから、吐きつわり・・・そしてフライドポテト大好き妊婦に

f:id:akasuguedi:20151007154119j:plain

写真:アフロ

 

妊娠判明後すぐにつわりが始まりましたが、当初は主に食べつわりでした。フルタイムで仕事をしているため、デスクに常に飲み物と食べ物を欠かさず、もぐもぐして乗り切っていました。

休憩室で横になることができれば少し持ち直していました。

3ヶ月から4ヶ月にかけて、そろそろつわりがおさまるのではという期待とは逆に、どんどん症状が激しくなり、吐きつわりに変わっていきました。食後すぐに戻してしまったり、会社にいても1時間おきにお手洗いに駆け込み、戻すようになってしまいました。一時期は本当に何も食べられなくなり、食べつわり期には救世主だった牛乳や麺類も喉を通らなくなりました。通勤の車内でも急に耐えきれなくなり、戻してしまうことがありました。

皆さん同じく、最後はファーストフードのポテトと、辛いものだけ食べられる状態となりました。それまでポテトは嫌いな方だったのにビックリしました。

妊娠の兆候は体のだるさだった!?

f:id:akasuguedi:20151007180956j:plain

写真:アフロ

 

旦那さんとの旅行を控えた冬、、

体がだるい、気持ち悪い、イライラする、情緒不安定が続くなどの不調が続き、月経前症候群かと思いながら毎日仕事をしていました。

 

予定日を2週間過ぎても、生理がなかなか来ないなと思い検査薬を使う前に、月経前症候群の相談のつもりで病院へ行き、妊娠が判明しました。

 

妊娠判明した時はまだ4週で

胎嚢も確認できず、子宮外妊娠を疑われましたが、翌週、無事に子宮内に胎嚢も見え安心しました♪

 

著者:まな

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

切迫流産!お腹を締め付けるズボンはNGです!

f:id:akasuguedi:20151007181356j:plain

写真:アフロ

 

お友達が妊娠中も走ったり、何をしてもケロッとした顔をしていたのを見て、私も妊娠してからもバスに乗るために走ったり、階段をさっさと歩いたり、残業したり、同じように過ごしていました。

 

ある日仕事帰りにお腹の気分が悪くなりました。家に帰ってから、寝ていたら治るかなぁと軽い気持ちでゴロゴロしていたのですが、主人から電話があり、「晩ごはんつくれないよーおなかが気持ち悪くて寝てるの。でもすぐ治るよー」と言うと「いますぐ医者に行け!」。

開業時間ギリギリでしたが電話して何とか見てもらえました。

 

病院で「切迫流産です」と言われショックでした。「安静です。今すぐ入院してください」とのこと。

お腹が気持ち悪いだけだったのに、そんなことになるなんて、と思いました。

 

それから「妊娠5ヶ月まではいつものズボンでいけましたー!」といったネットの書き込みを鵜呑みにし、毎日キツキツのウエストで出勤していたのも良くなかったようです。当時私が見たネット情報ではそんなことは書いていなかったのですが、妊娠したらとにかく締め付けのない服を着てほしいです。

(特にウエスト)

腹帯も私はダメでした。今は医者も薦めていないようです。

お腹が垂れようが、姑に何を言われようが、お腹の子供が嫌がっているのであれば、無視する勇気を持って欲しいです。

 

これで大丈夫でしたー!は全員にあてはまるわけではないのです。

 

オススメは授乳時にも使えるマタニティー兼用のワンピースです。

ワザワザ買うのも何だかと思っていましたが、頻回授乳の時期などあるとお出かけ中にも授乳カバーとセットでどこでもさっと使えるし、2年くらい活用できます。

著者:うさじい

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

二度流産を経験。妊娠初期の出血、張り

f:id:akasuguedi:20151008125031j:plain

写真:アフロ

 

生理予定日から10日ほど過ぎ、市販の妊娠検査薬で陽性を確認しましたが、まだ受診するには早いと思い様子をみていました。

妊娠6週頃、外出時に下腹部のツーンとつるような痛みと共にお腹の形が突っ張るように硬くなりました。そして、翌日に薄茶色の出血がありました。

 

最初の妊娠が同じような状況で化学流産、二度目は無事に出産に至りましたがやはり妊娠初期から出血と腹痛があり、出産する直前まで切迫流産、切迫早産で内服しながら出勤、自宅安静を繰り返していました。

 

3度目の妊娠は出血もなく経過していましたが8週で繋留流産でした。

 

今回、待ちに待った4度目の妊娠でしたので、不安でいっぱいになりながら受診しました。

結果的に赤ちゃんはすくすくと育っており、現在20週です。

 

薄茶色の出血は2週間ほど続き、お腹の張りは16週位まで続きました。張り止めを内服し、家事は控えめにしましたが、上の子の世話がある為殆ど安静は保てませんでした。

 

現在出血はありませんが、お腹が張ることが又出てきたのでドキドキしています。

 

初期は出血やお腹の張りの有無に関わらず、赤ちゃんを信じるしかないんだな、と痛切に感じております。しかし、出来る限り安静を保つ等、最大限の努力はすべきだと思います。

私は最初の妊娠の際、出血があったにも関わらず普通に仕事をし、夜中に激痛、大出血となってしまいました。今でも後悔しています。

 

今後も赤ちゃんを信じて大切に守りたいと思います!

著者:こすけママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

予定日1ヶ月前。まさかの陣痛

f:id:akasuguedi:20160822141628j:plain

写真:アフロ

 

3人目のことです。妊娠35週だったので、出産まで、一カ月まだまだ、時間もあると考えていた私。まして、上の二人にも手がかかり少しの出血なんて気にしていませんでした。過去2回の出産は破水からでした。今回も同じパターンだと勝手に思っていました。しかし、それは間違いでした。

朝、6時に起きて朝ご飯を作り、7時に上の子たちを起こしご飯を食べさせていました。最初は腰に響くような痛みがあり、あれっ、陣痛っ。でも、出産まで一カ月だしと思い時計を見るとな、なんと3分間隔でした。夜中、トイレに起きましたが痛みには気付きませんでした。2日前に少量の出血がありましたが大丈夫、よくあることだと思い普通に生活をしていました。今思えばあれは、おしるしだったみたいです。

とにかく、病院に連絡しすぐに来るように言われましたが上の子を保育園に連れて行かなければと思い、陣痛の中、着替えをし車に乗せ、ようやく出発したのは1時間後。過去、2回は丸一日かかったので焦りませんでした。しかし、病院に着くと助産師さんから後、2、3時間で生まれるとのこと、この日の午前中に無事出産しました。

 

著者:おでんくん

3人の男の子のママです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

34週で逆子!自宅で毎日お灸しました

f:id:akasuguedi:20151008131813j:plain

写真:アフロ

 

ほとんどトラブルがなく、妊娠後期まできたのですが、34週で逆子と指摘されました。

 

お臍の右上あたりに堅い部分があり、そこが赤ちゃんの頭だと言われました。

 

もう赤ちゃんも大きくなってきているし、次回の検診までに戻らなかったら帝王切開だろうと言われました。

帝王切開に否定的なイメージはないのですが、産後が大変だよという体験談を聞いていたのでとても不安になりました。

 

産婦人科医、助産師さんが親身に話を聞いてくれて、私の場合は張りがあるので逆子体操はお勧めできない。その代わりになるべく安静にしてお腹を柔らかく保つようにと言われました。

 

次回の検診までの二週間、なるべく安静に過ごすことを心がけました。

 

お臍の上あたりを触ってはまだ治ってない…と落ち込んだりしましたが、一週間ほど経ったあたりで気づいたら堅い部分がなくなっているように感じました。

 

また、妊娠前にお世話になっていた接骨院で逆子に効くお灸をやっているとのことでしたので、一度通院しました。

お灸の場所を教えていただき、自宅で毎日お灸をしました。

 

個人的にはお灸は気休め程度に思っていましたが、お灸のおかけか安静にしていたからか、次回の検診の時には元に戻っていてほっとしました。

 

ちょうど予定日あたりで主人の海外出張が入りそうだったので、この時の検診には主人も付き合ってくれることになり、夫婦でドキドキしながら検診に行ったのも今ではいい思い出です。

 

著者:りーこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

緊急帝王切開で出産。保育器で酸素注入治療をし、退院

f:id:akasuguedi:20151008132743j:plain

写真:アフロ

 

予定日を過ぎても陣痛の兆候が全く無く、40週の検診でそのまま入院。入院2日間子宮口を柔らかくする点滴を入れたけど効果が無く、ゴロゴロ入院生活を満喫。

しかし入院3日目いつものおなかにあてるモニターで突然警告音が!そのまま酸素注入しながら分娩室へ移動。どうやらお腹が張ると赤ちゃんの心拍数が減って、お腹の中で苦しんでいたらしい。調べたところ羊水の量も少なくこのままでは危険と判断され緊急帝王切開へ。

手術は無事成功し、2946gの元気な女の子を出産!先生の話ではへその緒がたすき掛け状態でからまっており、自然分娩だと命の危険があったとのこと。母子ともに元気でほっとしたの束の間、赤ちゃんの呼吸がうまくできず新生児治療室に入院になってしまった。

帝王切開の赤ちゃんで多い、多呼吸と動脈管開存と診断。保育器に入り酸素注入で治療し無事10日程で退院。

初めての出産&入院&手術と赤ちゃんの入院で産後は毎日泣いていましたが、今では私も赤ちゃんも元気いっぱい!産後すぐ赤ちゃんのお世話が無かった分、ゆっくり身体を休めたお陰で回復が早かったかも(笑)入院費用と手術代は出産一時金で足りたし、生命保険で入院費と手術代が出たのでむしろ大幅プラス。緊急帝王切開だったけど結果的には良かったかも。

著者:サイトウ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

呼吸もままならないほどの痛すぎた陣痛

f:id:akasuguedi:20151008133645j:plain

写真:アフロ

 

事前の産院の母親学級で呼吸法を練習していたにもかかわらず、実際の陣痛の時には痛くて痛みをのがす呼吸法が全くできませんでした。看護師さんにその呼吸法では赤ちゃんが苦しいよって何度もいわれるけれど、自分では呼吸しているつもりが激しい痛みに呼吸できなかったです。主人についていてもらい、横で呼吸法をやってもらいそれを真似する有様。母親学級には主人と二人で参加していたので、主人は落ち着いて呼吸法が出来た模様。初めての陣痛は想像以上でした。

著者:うき

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

やっぱり陣痛は激痛!

初産だった私は、陣痛の痛みがどれくらい痛いのか全く分からないまま、今か今かと我が子に会えるその日をワクワクしながら待ちわびていました。

 

予定日1カ月前程から、変な違和感を感じる度に、、

これは、前駆陣痛?!などと考えるようになり、旦那にももうすぐかも~と、嬉しい話をしながら一人ソワソワする日が続きました。

しかし全くなにも起きないまま、ついには予定日を1週間過ぎてしまい、前駆陣痛と勘違いしたのも恥ずかしいぐらい陣痛はめちゃくちゃ痛かったのと、みなさんが感じたことのない痛みと表現する意味をやっと、出産して理解できました。

 

41週目に入った頃、陣痛促進剤や風船を使って出産することになった私は、なにも知らないまま、その促進剤を打つ日に入院の準備もして病院へ向かいました。その時まで、促進剤を打ったら数時間後には産まれてきてくれるのかなぁと、楽しみに呑気なことを考えていたこともあり、、、

 

まさか、風船を入れて数時間後に子宮口がどのくらい開いているか何度も確認しながら出産まで進むということを知らずかなりの痛みに耐えることとなりました。

そして子宮口が6センチ程開くと、10分間隔の陣痛が始まりその時から横になっているのも辛くずっと腰が痛く立会い出産のために来ていた主人に10時間以上にわたり、腰をさすってもらうことになりました。その間も、陣痛が体に合わなかったようで何度も嘔吐してしまったり、その度に介助や水分をくれたり側で主人が声を掛けてくれて支えてくれていたことは本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。

あの時を、もし一人で耐えていたら途中で気を失っていたかもしれないと思いながら、あの辛さを側で主人も共に感じていたことで、我が子を無事に産んでくれたことを今でも感謝してくれています。

妊娠中も、主人は仕事の関係で帰りが毎日遅く、家事をあまり手伝えなかったことを後悔していましたが、初めての我が子誕生に二人で協力して出産できたことは、私達夫婦にとってとてもかけがえのない時間でした。

 

もし、立会い出産を悩んでいる方がいらっしゃるようであれば、私はぜひオススメしたいと思います。

 

陣痛と調べると、様々な本や雑誌等を読んでは今までに感じたことのない痛みと表現されますが、、

初めての出産を終えてやはりその言葉が一番正しいことを改めて感じました。

本当に普通の痛みじゃなかったです。

もう出産して8カ月を過ぎましたが、今となるとめちゃくちゃ痛かったという記憶しかなく、産んだ後はもう二人目は産めないと思っていたのも今は二人目も産めるかもと思うほど痛みを忘れかけています。

無事に陣痛を乗り切って、可愛い我が子を出産してくださいね!

著者:はっくんママ

お家でパン作り、外ではドライブが大好きな一児のママです。可愛い雑貨屋巡りが好きで、早く息子も歩けるようになったらカフェや雑貨屋を一緒に歩くのが今から楽しみです!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

【実況】私の出産

f:id:akasuguedi:20151008134555j:plain

写真:アフロ

 

妊娠期間10ヶ月。

長い長い道のりを経ていざ陣痛がきた。

★週数38w9d

軽いおしるしが来て5分おきに

徐々に痛みが出て待機室に入ったけど

子宮口2センチから中々開かず

ベッド代3万かかるから一度帰宅。

1時間かけて帰った後3時間寝て起きたら

ものすごい激痛がきて

また病院へ。

診察してもらうと5センチまで開き

普通はこれから10時間分娩まで時間がかかるけど

30分たったら全開になっていて、

力むよう言われたので痛みと戦いながら

踏ん張った。

★分娩時間 約4時間

もう力まなくていいよと言われると

一気に赤ちゃんの頭から足まで出てきて

不思議な感覚でした。

お腹の赤ちゃんが人間の形になるまで

自分のお腹の中で徐々に大きくなって

生まれてきてくれた事に感動しました。

元気な男の子ですよ!

2775gの小さくてかわいい私の赤ちゃん。

これから子育てに奮闘する毎日が待ってるけど

周りの人に手を借りながら毎日勉強。

パパとママは本当に幸せです。

著者:さやたん

ラスト10代新米ママです(・∀・)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠したかも?乳首の痛みと猛烈な倦怠感

f:id:akasuguedi:20151008135207j:plain

写真:アフロ

 

結婚して3年、不妊治療にも通っていて、卵管造影も3回目が終わった翌月に待望の妊娠がわかりました!

 

最初に妊娠したかもしれない!と感じたのは、生理予定日3日前ぐらいから、乳首が下着等に触れると痛みが走りました。

これはもしかして!!と思い、急いで検査薬を試してみると、うっすらとわずかに見えるぐらいの陽性反応が!

その日から少しづつ色は濃くなりました。

乳首痛は最初だけで、生理予定日から一週間過ぎたころにはなくなっていました。

 

あとは、着床したのかな?と思われる高温期10日目ぐらいに、仕事の帰り道に突然すごい倦怠感に襲われました。家までもう少しだったので、なんとか歩けましたが、体中から疲労感がにじみ出るようにつらかったです。

その日はしばらくしたら治りましたが、今思えば、着床時期だったのかも?と思います。

 

去年一度8週目で繋留流産をしていたのですが、そのときは何も初期症状がなかったので、毎回違うものなんだと思いました。

著者:れいんぼー

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

産休ギリギリまで介護士の仕事を続行。妊娠中の運動の成果は出産時に出る?

f:id:akasuguedi:20151008135603j:plain

写真:アフロ

 

37才、初産です。仕事は介護士をしています。自宅から会社まで通勤時間一時間半…これは辛かったです。(結婚前から勤めていた会社が都内の為…)産休ギリギリまで働き9ケ月の大きいお腹でオムツ交換やら移乗のお手伝いをして施設の階段で登り降り…。周りのスタッフから心配されるほど身体を動かしていました。(勿論自分の体調を見て範囲内で身体を動かしていましたょ)

そして出産予定日前日の0時30分。DVDで大好きなホラー映画を観賞中に、ん?何か定期的にお腹が痛む?と思い陣痛アプリでタイムを図りつつアイスを食べて様子を見てたら間隔が段々短くなり、、ソファーで眠る旦那を起こし病院へ。この時3時頃…。しかし病院に着き助産婦さんからは「まだ一センチよ?」と言われ、私だけ陣痛部屋に残り旦那は自宅帰宅。(月末の為この後会社出勤なので仮眠してもらうことに)

旦那が去り、助産婦さんからも「まだまだかかる、朝までには産まれないから寝なさい」と言われたが、それから一時間の間、、この世の痛みとは思えない位の痛みが2、3分間隔で来て私は痛みに耐える為か無意識に壁に頭を打ち付け(笑)獣の様に唸り(笑)。ようやくケアコ―ルを鳴らし(痛すぎてケアコ―ルの存在を忘れていました)5時45分に分娩室へ歩いて移動…。台へ乗り点滴やら血圧を計りもう呼吸法なんて忘れていましたよ。助産婦さんや先生も「はい!いきんで!」と終始(笑)

6時16分、無事出産!!元気な泣き声を聞きながら「終わった…」と呟いてしまいました(笑)我が子を抱いて感動と言うより、意外と大きかったので驚きました…こんなのが私の中に居たんだ!と(笑)

その後旦那と母にも連絡もとれ二人とも「え!?もう産まれたの?」と開口一番に言われ、、。初産だけどこんなに早く産まれたのは、やはり妊娠中に運動していたからだよって言われました。

私は年齢も高く妊娠中に18キロも太ってしまったので不安でしたが、基礎体力を高めておけば安産に繋がると思いました!只今、出産してから一週間経ちましたがお股の傷も大分癒えて体重も6キロ減りました。人間…特に女性の身体って凄いと思います!母が強くなるのが分かります(笑)

 

著者:こたろう

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

初めての健診♪なっなっ内出血!?

f:id:akasuguedi:20151011060918j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

赤ちゃんができたー♪

ということで、妊娠7週目の時に夫と一緒に初めて里帰り先の病院に行きました。

赤ちゃんがいるのに喜んだ半面、先生から言われたのは、内出血があるから薬飲んでということだけ。

出血の自覚症状全くなし、薬って飲んじゃ駄目じゃないの!?

っと一気に不安に。

二週間後にまた来てくださいとのことでしたが、10日後、別の先生の時に行きました。

半分の人が内出血するし、先生が見た感じだと全く問題なく、自分だったら薬出さなかったよとのこと。

安心しました。それから、その先生の時に健診を受けることに決めました。

著者:いっちゃん

2015年3月に第一子、女の子を里帰り出産しました

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

出産後の身体のラインを整えるなら骨盤矯正がおすすめ!

f:id:akasuguedi:20151015115019j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

私の身体ラインを整えるには骨盤矯正は必要でした!

出産時に妊娠前より+16kg→産後すぐ-7kg。産後1ヶ月-3kg。ムクミが取れてスッキリしてきたが体重は減らなくなる。(計-10kg減)

ふいに娘をあやしながら鏡で横姿を見て愕然…お腹のでっぱり具合はもちろん、出っ尻が半端ない。子供は出たのに…。こうやって女性の身体ラインは崩れるのだと実感(笑)さらに頭痛・肩コリ・腰痛など不調続きの最悪な毎日に悩まされました。

 

そこで出産後に骨盤矯正をやって綺麗に痩せた友人に相談し、産後の悪露がなくなり育児に少しだけ慣れた生後2ヶ月の時に整体にて骨盤矯正を始めました。

1回目で-1kg。身体の疲れが少しほぐれました。2~3回目で身体の不調がなくなり、出っ尻解消!!デニムを履いた時に効果を実感。4回目-1kg。5回目-1kg。お腹がだいぶヘコみ、姿勢が良くなった。身体ラインが変化した事を実感出来ました。(計-13kg減)

毎回様々な自宅でやるストレッチを教えてもらいましたが、思い出した時にやるので3日に1回やるくらいでした(笑)本当はきちんとやれば効果は上がるはず。初産で育児に翻弄されてる中でやるのはちょっと難しいかな…

産後2ヶ月くらいであれば、基本は5回施術でOKとの事でした。10回やればもう少し矯正した骨盤を維持出来て効果もあるとの事なので現在通い中。

決して安くはないのと効果の個人差はあるから(多分?)気軽にオススメは出来ないけど、身体の不調や体型を戻したい方は検討してみるのもいいと思います!

 

著者:みーたんママ

30歳

初産

女子出産

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

必要です。やっぱり便利な赤ちゃんのための「バウンサー」

f:id:akasuguedi:20151015120202j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

まだ赤ちゃんが産まれる前、お義母さんが「あると便利よ!」と買ってくれたタイニーラブのバウンサー。

組み立てるのは少し大変でしたがバウンサーにしては軽量で音楽も楽しい曲、ゆっくりした曲といろんなバージョンがあり気に入ってくれたら良いなと思っていました。

いざ産まれた我が子を寝かせてみると何だか心地よさそう。

なかでもお気に入りは音楽をつけるとそれに合わせてチカチカ光るライトでした!

まだ目がよく見えていない時期でも光はわかりやすいらしく見て聞いて喜んでいました。

眠って目が覚めかけた時もゆらゆら揺らせば再びスヤスヤ…

6ヶ月になった今でも自分で暴れてバウンサーを揺らしながら吊るしてあるオモチャをつかみとって噛み噛み、楽しんでいます。

また、リクライニングでおすわりできるようにもなるので、まだ完全にお座り出来ていない時期でも離乳食をあげる時に座らせて食べさせることができ便利です。

お気に入りのバウンサーはこれからもまだまだ活躍しそうです!

著者:はる

今年二月に長男が産まれました!

産まれるまではパティシェの仕事をしていたので体力はあるほうで、いまかなりBIGサイズな我が子をあやすのに役立っています。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

これが陣痛なの?

f:id:akasuguedi:20151015121221j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

夜中少し痛みがあり、陣痛かな???と主人に話しながらも、そのまま寝てしまいました。3時頃、やはり違和感があり目が覚め、痛みを感じたので間隔をアプリを使って図り出しました。8分から10分位の間隔で痛みがあったので、これは陣痛に間違いない!と確信しました。ネットでいろいろと調べて、7分くらいになるまで布団で横になり(図り出して1時間半くらい)、そろそろ準備をしようと起きて、お風呂に入りました。もういいだろうと5時頃病院に電話し、陣痛の間隔を伝え、病院に来てくださいとのことで、主人の車で病院に行きました。

朝の6時前くらいに病院に着き、すぐに着替えをすまし、陣痛室のベットへ。子宮も開き始めてることを聞き、安心。でもそのときはまさかあんな、長丁場になるとは・・

 

陣痛の中、朝ごはんをもらうが食べられず、看護婦さんに「食べないと持たないからがんばって」と言われ、なんとか食べたものの、気持ち悪さに耐えられずリバース・・

だんだん陣痛の間隔も狭くなり、痛みも強くなるのに、なかなか子宮口がひらかない。先生から「このままいくと、明日までかかるので促進剤を打ちましょう」と説明あり、最終的に促進剤をうち、破水もしてもらいました。やっとのことで、子宮口も完全に開き、赤ちゃんもおりてきてくれて、16時半に分娩室に移動。そこから1時間・・最後の力を振り絞り何回もいきむ。生まれる食前、パパも呼ばれて立ちあい、17時30分、息子くんが大きな泣き声を上げて出てきて、ご対面!

先が見えない陣痛に何回も叫び、弱気になって苦しかったけど、元気な泣き声聞いて、顔みたら、それまでの苦しさが吹っ飛びました。可愛くて、愛おしくて。ほんとーーーーーに、嬉しかった!!

 

《アドバイス》

・出産の2週間前まで働いてました。一人目なので、予定日よりも遅く産まれてくるだろうと、前日もパフェを食べに行ってました(笑)。入院の準備だけは早めにしておいてよかった!陣痛は本当に突然です。

・出産までに何時間かかるかわからず、ご飯もなかなか食べられないので、水分補給だけはしっかりできるように、ストローは必須でした。私は持っていかず、飲みにくくてそれどころではなかったので、産まれた頃には口がカラカラでした。

・呼吸法は大事!私は勉強不足で、うまく呼吸ができず苦労しました・・

・痛みは絶対に乗り越えられる!赤ちゃんも一緒に頑張ってます!

 

著者:クララ

結婚2年でベイビーくんを授かりました。ギリギリまで、事務と来客対応の仕事をしていました。今は育休中で、息子が1歳になる前に復帰予定です。

いろんなことがあるけれど、息子の顔を見ているだけで、幸せが溢れます!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

今までで一番のクリスマスプレゼント

f:id:akasuguedi:20151015121639j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

結婚前から、子供が出来にくいだろうと婦人科の先生から言われていて、主人は、それを承知で、結婚してくれました。やはり、なかなか子どもは授からず、病院に行かなくてはいけないと思いつつ、なかなか踏ん切りがつかなかったものの、結婚して4年、主人を説得して不妊治療を開始しました。

 

タイミング法、人工授精を経て、1度は妊娠したものの、あっさり流産。とうとう体外受精まで行なうことになり、その頃には、仕事との両立に心身共に疲れ果てていました。それでも、諦められず、これが最後のチャンスだと思った3回目の体外受精。先生から、結果を2週間後に聞きに来るように言われ、主人と受診。

「おめでとうございます。陽性ですよ」と言われ、信じられない思いでした。その結果を聞いたのが、私たち夫婦の入籍記念日であり、12月25日のクリスマス。たまたま、受診するように言われた日がクリスマスだったということで、びっくりするようなクリスマスプレゼントになりました。

著者:みゆ姉さん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

8時間の本陣痛に悶え苦しんだ先に見えたものとは…?私の出産体験記?

f:id:akasuguedi:20151015122223j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

出産予定日の3週間前から実家に戻っていた私。近所に住んでいるのに、多忙な夫とはなかなか会えず、非常に寂しかったです。

そこである日の夜、私はアパートに戻り、翌日休みだという夫と久々に過ごすことにしました。ちなみに、私の実家からアパートまで車でたったの5分です。

久々に会ってたわいのないことをたくさん話しました。明日起きたら2人で掃除をして、午後はまったり過ごそうと決めました。あと1週間ほどで夫婦2人の生活が終わるので、せめてこの2日間はゆっくり過ごしたかったのです。

 

ところが。深夜3時過ぎに突然下腹部と腰に生理痛の様な痛みを感じました。試しに陣痛アプリを起動。すると、痛みの間隔は狭まり、やがて朝6時から7時には痛みが7、8分間隔に。病院に連絡すると「入院セットを持ってすぐに来てほしい」とのことで、夫を急いで起こし、実家に戻って入院セットを用意して病院に向かいました。アパートを出る直前にトイレに行ったら、おしるしがあって焦りましたが、実家に着いたら私の母と夫に「多分家に帰されるだろう」と言われ、安心しきっていました。なぜなら2日前の検診で「子宮口が1センチ開いている」と言われたので、出産はまだまだ先と思っていたからです。

ところが、病院に着いて内診を受けたら「子宮口が6センチ開いているから、今日か明日には産まれるでしょう」と言われ、そのまま入院することに。

病室を案内されてすぐに朝食を摂るまでは元気でした。ところが、その直後に下腹部と腰に激痛が走りました。「これが本陣痛なのか」この時、朝8時半を過ぎていました。

 

やがて肛門が押し上げられるような激痛も伴うようになり、私はベッドの上でひたすらのたうち回りました。「いだーい」と目を閉じながら一人で大声で叫びまくっては助産師さんを呼んでマッサージをしてもらいました。それはまさにゴッドハンドでした。しかし、そのうち、そのゴッドハンドも効かないほど肛門の痛みは激しくなり、ギャーギャー叫びまくりました。「早く産みたい」私はそればかり考えるようになりました。

やがて昼食が運ばれましたが、起き上がるのも困難なほど身体が痛く何も食べられませんでした。やがて、家事をしにアパートに戻っていた夫が病室にやってきたのですが、穏やかな今朝と違い、「いだーい」とひたすら大声で叫びまくる獣みたいな姿の私にただただ引いていました。しかし、それでも腰をさすってくれたり、お茶を飲ませてくれたり、濡れタオルで顔を拭いてくれたり、手を握ってくれました。

 

そんな中、NST装着。どうしてこんな苦しい時にお腹にモニターをつけてじっとしなければならないのか。私は心の中に怒りが込み上げて来ました。それでも激痛の中叫びつつもなるべく同じ姿勢を保ちました。すると、13時過ぎにやっと破水。14時頃に念願の分娩室に移動することになりました。分娩室まで車椅子で移動しましたが、「いだーい」とひたすら叫びながら廊下を駆け抜けました。これから出産する入院患者にとってはかなりの恐怖を植え付けたことでしょう。

 

分娩台に上がっても、看護師さんや助産師さんに「フーウンと呼吸して」と言われても「いだーい」と悶絶していたら、「下を見て。頭がもう見えるよ」という助産師さんの声が。すると、医師と共に夫が駆けつけて来ました。「ご主人見て。頭が見えるよ」と言われ、覗き込む夫。その表情は思わぬ展開にすごく戸惑っているように見えました。

そして、それからすぐに体重3430gの大きな男の子が元気な産声を上げて私の体内から出て来ました。分娩台に上がってから、何とたったの20分というスピード出産で、しかも安産でした。分娩時間は8時間20分でした。息子が体内から出て来た途端力尽きると思いましたが、「やっと激痛から解放された」という喜びでいっぱいになり、笑顔で病院スタッフや家族と今までの出来事を話してばかりいました。

 

さて、夫が戸惑っていた理由は、「しばらく待機してほしい」と言われ、病室でのんびり過ごしていたら、バタバタと走ってきた看護師さんに「もうすぐ産まれるので、あの先生の後について行って下さい」と言われたからでした。

さらに、私が分娩室に移動した頃、私の母と義母と義理の叔母がたまたま様子を見に病院に来ていて「早くても夕方に産まれるだろう」と待合室で話していたら、夫が「今産まれました」と駆けつけて来たとのことで、あまりにも早い出産にとても驚いたとのことでした。

「初産は予定日より遅くなりがち」と思っていた私は予定日より5日早く出産しました。早く私や夫の顔が見たくて長いこと苦しみながらお腹の中から出て来てくれたのかなと思うと、とても愛おしく思います。

著者:ゆかさん

今年の8月末に第一子男児を出産しました。

息子は産まれた時からよく寝る子で、大勢でワーワー騒いでいても全然起きないくらい(笑)オムツ交換で起こしてやっと泣き、そのついでにおっぱいを求めて更に大泣きします。おっぱいもよく飲んでくれて嬉しいです。このまま健やかに成長してくれることを願っています。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

陽性反応にテンション上がっちゃった話

f:id:akasuguedi:20151015122822j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

生理予定日近くなっても体温が下がらずそわそわ。

当日も高温のまま。

これはもしかして?と思いつつ…

単身実家帰省中だった為、帰宅してから!と我慢。

予定日を3日過ぎても高温のまんま。

かなりそわそわ。落ち着かなくて寝れない位。

前回流産と悲しい思いもしていたし、ぬか喜びも嫌だから1週間は待とう!って思ってたのに(笑)

お正月だったし、親族や友達と会う予定がありアルコール飲む機会もあるし!妊娠の有無でビールが心置き無く飲める!って理由を付けてフライング検査しました。。。

ドキドキしながら薬局へ行き、購入!

種類があるのでどれにするか?迷い、予定日の1週間前から判定出来る物を買いました。

一応二本入りを(笑)

もし違かった場合、ショックを隠せ無いと思ったので…誰もいない時間帯を狙ってこっそりやりました。。。

そしたら、ものの数秒でクッキリハッキリとしたピンクの線が!2本並んでいました。

あんまりにも嬉しくって、写メ撮りまくり!

同じ物を何十枚撮っただろう?

直ぐに旦那と家族に報告。

皆喜んでくれました!妹はこんなにクッキリした線は見たことないと。何だかお墨付きを貰った気分。

ただ前回が初期に流産してしまったので、恐怖も一緒に一気にやってきました。。。

今度は大丈夫だろうか?って。

旦那はそんな私に空に帰ったベビが守ってくれるよ!って。。。天地をいっぺんに味わいました。

 

著者:Lavis

海に旅行にと、お気楽に気の向くまま過ごしていた独身時代。気が付いたら30代も半ばに(笑)。ご縁あって歳下旦那をゲット!合わせて南国へ住処が変わりました。このまったりとした雰囲気の中子育てすることになりそうです。。。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

出産後の便秘には多めの水分補給を!

f:id:akasuguedi:20151015123514j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

私は今まで便秘になったことはなかっのですが、出産以降便秘になりました。牛乳を飲んだり、ヨーグルトを食べたり食物繊維のおおい野菜を摂ったりしましたが1週間もでませんでした。そのため、久しぶりに便意がきていざもよおそうとしましたがとにかく『カタイ』!切れてしまって便器は血まみれでした。それでもこれで便秘じゃなくなる~!と一安心したのもつかの間…また次の日から出なくなりました。そこで知り合いのお医者さんに相談したところ、水分が足りないと言われました。やはり水分って重要なんだなぁ。と思いながらひたすら麦茶と水をのむようにしました。そうしたら2日後くらいから出るようになりました。ただ、しばらくはカタイので出血はしていてとても痛かったです。。。

 

著者:ぽにょママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

私のタイミング・人工授精・体外授精経験談

f:id:akasuguedi:20151015123948j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

ふと子供ができないのかも?と思い、そこからお互い検査を受けました。

最初はタイミングからはじめ、すぐに妊娠したものの初期流産となりました。

そこからタイミング→人工授精→体外授精をしました。

今考えると人工授精のあたりまで以前の流産の影響で精神的・肉体的に

まいっていた様に思います。

体外授精に進む段階で実績のある病院へ転院と回数を決めました。

結果、3回目の体外授精で妊娠することができました。

不妊治療にかかった費用は約137万円となり、助成金の申請で37万5千円が

戻ってきました。

治療は長く辛いかもしれません。でも私はいつも明るく笑って治療をしようと

心掛けていました。下を向いていてはうまくいくものもうまくいかないと

感じたからです。

不妊治療には夫婦の協力が必要です。主人は最初から躊躇することなく

病院に付き添い検査にも協力的でした。

だから今があり、日々動いて成長していくお腹の子供が愛おしいです。

今できたことが私たち夫婦のタイミングだと思っています。

子供を望む人すべてが授かるように思うばかりです。

 

著者:なな

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

後期つわり!胃酸の逆流で食べられない!眠れない!

f:id:akasuguedi:20151015124403j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

初期はつわりがほとんど無く、妊娠って聞いていたより楽チ~ンなんて思っていた私。

 

しかし!中期からだんだんと雲行きが怪しくなり…

 

お腹が大きくなるにつれて胃が押し上げられ、とにかく食べられない!

脂ギッシュなものはもってのほか!

産科の先生には体重が増えていないと毎回叱られ、シュン (泣)

 

消化されないうちに横になると胃酸が逆流するので夕飯はごくごく控えめにしていました。食欲はモリモリあるのでお腹がすいて辛かった~

 

後期になるとますます胃のもたれ、胸焼けが酷く、横になるとオエッとなるのでコタツに突っ伏して寝ていました。

 

出産が近づくとお腹が下がって胃が楽になると聞いていましたが、結局分娩台の上でも胃もたれは続きました。

 

出産したらこれまでの症状が嘘のように消え胃がスッキリ!

なんとご飯の美味しいことか!笑

妊娠中にあまり増えなかった体重が、産後増えました (汗)

 

同じ症状に悩む方、お気をつけください 笑

 

身長が低めだと、この様な症状が起きやすいようです。(当方150センチ)

著者:まぁた

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

体はボロボロに

f:id:akasuguedi:20151015125016j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

妊娠中の10ヶ月良い事が少なかった私の思い出です。

雑誌でよく見るハッピー妊娠ライフなんて、嘘だ!と何度泣きながら耐えたか…。

悪阻はもちろん、後期に入り坐骨神経痛になりまともに歩く事ができなくなった。

当時、1月くらいで冷えたのも原因かと思います。

痛くて痛くて家に籠もりがちになり、追い打ちをかけるように妊娠中に体質が変わり蕁麻疹が出るようになりました。

冬なのに、湯に浸かると熱さで全身が猛烈に痒い!!1日中痒い!!

痒すぎて夜は寝れず、ローションを塗って少し治る程度でした。

体中に蕁麻疹の跡が残り、痛くて痒い

汚くなる体に耐えれず泣いたりしていました。

病院にて、蕁麻疹の薬を貰い飲んで少しおさまりだしましたが、原因がわからず結局出産するまで痒いままでした。

妊娠する前に戻りたいと思うようになり、でもお腹で動く子供を考えると落ち込むようなる繰り返し。

女性は妊娠した瞬間、人生が180度変わってしまいます。

一気にハードモードに切り替えられてしまう。

産後は全て嘘のように治りましたが、また産後は産後の辛さがたくさんありました。

子供が出来た今は泣いてる暇なんてないし、10ヶ月の辛い出来事が強さになりました。

蕁麻疹の跡は消えませんでした。

鏡を見るたびに、少し悲しいきもちにもなります。

母になったけど、1人の女性であるので、頑張った証拠!と奮い立たせても悲しいものは悲しいです。

2人目は作ってあげたいけど、私自身はもう懲り懲り!といったところです。

ただ、やはりそれくらいの事があったけど自分の子供を見ていると後悔はしてないなと思います。

 

著者:ひいこ

29歳 初産 主婦

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

高齢出産

f:id:akasuguedi:20151015174139j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

40週5日で、可愛い娘を出産しました。

妊娠した時は福岡に住んでいたので福岡の病院に通っておりました。

新しい病院だったわりには機械があまり新しくないのか、初めての出産の私には不満ばかりの病院でした。主人の里で出産しようと決めてから山口の病院に転院しました。

主人が生まれた病院でもあるので、昔からある病院で

綺麗な病院とは言えませんが、スタッフや先生は

みな素晴らしい方達ばかりでした。

高齢出産だったため、運動するようにかなり言われ、

病院でやってるエアロビクスにも参加するように言われましたが、一度も参加せず、出産にのぞみました。

陣痛が朝方に始まり、なかなか子宮がひらかないので

途中で薬で陣痛を進めてもらってから、分娩室にいきました。主人が仕事で、立ち会いできないと思ってて自分一人で元気な赤ちゃんを産まないとと、必死になって痛みに耐えました。途中で主人が立ち会いしてくれて、主人の力なのか、それからは時間かからず、す~っと赤ちゃん出てきてくれました。

私的には出産の痛みより、胎盤を出す瞬間と、切ったところを縫うほうが痛かったです。

出産は、人に聞いていたよりかは痛くないです。

陣痛はやはり痛いですか、呼吸法によって痛みがやわらぎますので、看護婦さんの言ったようにすれば痛みは確実に和らぎます。

高齢出産で途中、帝王切開になるんじゃないかと病院スタッフに思われてましたが、自然分娩室で安産でした!

高齢出産だからとか関係ないと思います!赤ちゃんも頑張ってるから、ママも頑張らないとと思って出産に望んで下さい!きっと大丈夫です!

著者:ゆう

4ヶ月の娘のママです!

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

二人目切迫早産

f:id:akasuguedi:20151015174546j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

二人目の妊娠がわかったのは上の娘が1歳になろうという頃でしたが、年子になるのは覚悟で、授かることが出来るならいつでも有り難いと思っていましたので本当に嬉しいことでした。しかもお腹の赤ちゃんは男の子だとわかり、夫婦で大喜びでした。とはいえ、まだまだこれからの娘のお世話が大変という時期でしたので、お腹に赤ちゃんが居ながらの子育ては34歳の私にはハードなものでした。その上、新居への引っ越しを控えていたため何かと忙しい毎日を過ごしており、きっと疲れていたのだと思います。

 

やっと夏を越え、妊娠7ヶ月に入ってすぐの妊婦検診で子宮勁菅が2㎜をきっているため即入院だと告げられました。自身では特に不調を感じていなかったため、とても驚きました。お腹の子を守るという意識が欠けていたと反省しました。それと同時に、一度入院してしまったらいつ退院できるかわからない、予定日まで3ヶ月ちょっとあるのに、娘に寂しい思いをさせてしまうことが不安でした。私自身、娘と離れることへのストレスが強かったです。

絶対に安静にするという約束で入院を全力拒否しました。

 

それからはとにかく安静を心掛けましたが、やっぱり動かないわけにはいかないものです。少しでもお腹に痛みがあると不安で涙が止まりませんでした。一日一日が無事に終わることに感謝の日々でした。お願いもうちょっとお腹に居てねと毎日語りかけました。入院しないでごめんなさいと毎日謝りました。

 

見た目は元気、でもほとんど動いてはいけない…この頃感じたことは、切迫早産ということが私の周りの人にはあまり理解が無いということでした。私自身もそのような状況におかれて、初めて切迫早産の怖さを知りました。

とりわけ、、、私より2ヶ月あとの予定日で義妹が妊娠中。その義妹の結婚式。それらに纏わる義両親の振る舞いや不甲斐ない旦那については今でも思い出したくないことばかり。。。

 

妊娠中は健康であってもストレスが一番良くないと感じます。その点で私は娘にとても癒されていたと思います。あまり遊びに連れて行ってあげれないけど、娘との今の時間も大切にしたいと思って過ごしていました。そして元気な弟くんに会わせてあげなきゃと気持ちを高めて、前向きに予定日を目指していました。この子を守れるのは自分だけだと。

娘や主人なりの頑張りのおかけで、その後の妊婦検診で子宮勁菅の長さは安定していき、無事に臨月突入を果たしました。担当の先生も、ここまでもったことが信じられないと驚いていらっしゃいました。

 

年が明けた予定日一週間前の朝、おしるしがありました。夕方には、これ陣痛かな?程度の感覚で病院へ。その3時間後、無事に息子が産まれてきてくれました。助産師さんにもスーパー安産と言って頂きました。体から息子が出た時の安堵感はこれまで経験したことがありません。ここまでお腹の中に居てくれた息子に感謝の思いが溢れました。

ただ、たった一言で今回の妊娠期間を振り返るとしたら、「長かった…」に尽きます(笑)

今では姉弟で元気に大騒ぎの毎日です。身軽になった私は毎日のように声を張り上げています。

 

著者:20代は仕事一筋

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

すぐに試せる赤ちゃんのおむつかぶれを改善するコツ

f:id:akasuguedi:20151015182250j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

私にもアトピーがあり、肌には人より気を使ってきましたが、オムツかぶれだけは皮膚科に行ってもなかなか治りませんでした。一度治ってもまた繰り返すといった感じで1歳7ヶ月まで大変でした。結局薬ではなく、シンプルに毎回オムツ交換の度に陰部を微温湯で流し、よく乾かすことが効果的であることがわかりました 。今2歳2ヶ月ですが、夏場はまったく皮膚トラブルなく過ごしてます。

著者:カホママ

現在1児の女の子のママです。12月に二人目出産予定です。現在イヤイヤ期に突入のため四苦八苦中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

初めてのことで泣いてしまった切迫早産での出産

f:id:akasuguedi:20151015183306j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

産休に入りいよいよこれからお休み。今まで仕事が忙しかったのでこれから色々と用意しようかな~なんて考えていたら、今日から休みという日に検診にいくと、切迫早産のため即入院となってしまいました。。。検診の後にランチで何食べよう?なんて考えていたのに。矢継ぎ早に入院の説明や点滴の準備、とりあえず旦那に連絡したものの、頭の中は真っ白で、何が何だかわからないまま進んでいき。

 

夜の回診で血圧や赤ちゃんの心音を確認に看護師さんが来た時に、ほとんど泣いたことのない私が、わけもわからず、ボロボロと涙があふれてきました。

他の病気とは違って、切迫早産は絶対に終わりのあるものだし、幸いそこまで点滴の血管痛のようなものもなく、痛みがあるような病気ではないとはいえ、やっぱり赤ちゃんに何かあったらどうしようと精神的にまいってしまいました。

 

張りどめの薬を点滴し、以前の私は相当お腹が張っていたんだなってことがわかりました。張ってる感じはしていたものの、先輩妊婦さんに聞いてもこの時期は張るんだよね~と言われていたので、これが普通なのかな?なんて甘く考えていたのがいけなかったのかも。

 

初妊娠でわからないことだらけだったとはいえ、もうちょっと気を付けておけばよかったと後悔してます。

 

私の場合、張り止めが効いてくれたのとすぐに陣痛もこなく、38週で生まれてくれました。体重も3302g少し早めに生まれた割には大きめでした。

 

赤ちゃんを連れての飛行機搭乗。なんとかなった里帰り旅行の話

f:id:akasuguedi:20151015183004j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

7月から8月にかけて、息子7ヶ月を連れて、鹿児島離島に里帰り旅行に行ってきました。

交通手段は飛行機で、鹿児島で乗り換え、ママ1人で連れて帰りました。

あの狭い飛行機の中でグズグズ泣かれたらどーしよーと不安をかかえ、いざ出発。

息子が大好きなおもちゃ二つと、おやつ、ミルクを手持ちにしてたので、飛行機の中ではご機嫌よくいてくれました。7ヶ月の赤ちゃん連れ飛行機での座席は絶対通路側がいいですよ!足をバタバタさせたりして、隣の人を何回も蹴っていたので、本当ハラハラ。でも、隣のおじさんが凄くいい方で、抱っこして窓から外を眺めさせてくれたりあやしてくれたのでその方にも感謝です。おかげで、いい里帰り旅行ができました☆

著者:かめ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

予定日過ぎても大丈夫!私の自然分娩出産体験

f:id:akasuguedi:20151015183630j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

その日は予定日を4日過ぎていました。

予定日を過ぎた頃から、いつ陣痛が来るのか毎日ソワソワしていましたが、1日経ち、2日経ち、全然来なくて少し焦っていました。

なので、昼間は散歩に行き、家の中でスクワット等をしていました。

 

夜、ベッドに入り、明日の早朝に陣痛が来てくれないかなと思って横になりました。

そのうちに、なんだか尿漏れをしたような感覚になり、トイレに行きました。

もしかしてこれって破水?と思ったのですが、量が少なくて判断出来ない感じでした。

でも、臭いは無臭だったので破水の可能性が高いと思い、入院準備の荷物を準備していると、また自然と尿漏れしたような感覚があり、これは破水だと確信しました。

 

車で病院に連れていって貰い、やはり破水と診断され、入院になりました。

夜、寝ていると15分感覚くらいで弱い陣痛が来て、眠れずに一晩明かしました。

 

翌朝、促進剤を投与することが決まり、9時に促進剤投与、10時には2、3分間隔の陣痛が来て、13時半に分娩台に移動、14時に出産しました。

著者:ひろ

34歳、初産です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

イタイ!!

f:id:akasuguedi:20151015183856j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

便通は妊娠してからずっと快調でした。

産休にも入り、ゆっくり過ごそうとしていたところ、一回の力みで切れてしまいました。

きれると痛くて痛くて座るのもツライ。

この痛みを夫には何となく言いづらく、毎日憂鬱になってしまいました。

 

健診のときにそれとなく痔かも、と相談するとすぐに薬を出してくれました。

 

妊娠、出産と痔になる人は多いということで心の準備は必要だなと実感しました。

 

薬のおかげで比較的早く良くなり出産の時には心配事がない状態で産めました。

出産後にも痔になったので薬が手元にあって良かったです。

赤ちゃんがいると医者にも行きにくいですものね。

 

もう一人産む時には、おしりにナーバスにならずにすみそうです^_^

元気な声に

f:id:akasuguedi:20151016103343j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

逆子で帝王切開の為、想像していたよりも機械的なかたちで臨むことになった出産。自然な流れで産んであげたかった、赤ちゃんは外に出てくる準備ができているのかしら、などと不安でいっぱいでした。

でも赤ちゃんはお腹から出てくると、すぐに元気に泣き声をあげてくれて。大丈夫だよ!と言われた気がして、私の目からも涙があふれました。

間もなく全身麻酔に切り替わってしまったので、ほんのひと時のふれあいでしたが、一生忘れない最高の瞬間だったと思います。

著者:michi

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

社員旅行が中止になったおかげで妊娠できた私の出産体験

f:id:akasuguedi:20151016103742j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

なかなか授かれず、タイミングを合わせてもうまくいかず、もうダメかなぁと諦めかけていました。

そんな時、主人の社員旅行がSARSの大流行で中止に。

なかなか子どもを欲しがることがない主人だったために、ラストチャンスという感じでした。

 

生理が近づくと月経前症候群でイライラすることが多いのに、その時は仕事もやる気満々。気持ちもるんるんとして、いつもより速く走れたくらい身軽。

検査薬で盛り上がる私に主人は冷静に病院ではっきりわかったら連絡してと言われたのを覚えています。男の人はやはりテンション違うんですね。

そんな主人も、今はかわいい娘に優しいお父さんをしています。

 

著者:くぅちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

<初産体験>旦那に似すぎた子供で思わず...

f:id:akasuguedi:20151016104055j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

初産の時の話です。

初めての出産にドキドキな私。立ち会い出産を希望し、準備をしていました。

予定日少し前に、軽度の破水。そのまま入院。

1日自然陣痛が始まるのを待ちましたが、陣痛はなく陣痛促進剤を使うことに。

点滴を始めて数時間で誘発されましたが、効き目が強すぎて1分間隔で陣痛が...。

旦那さまが駆けつけた時には、もう無気力で痛みにたえているのみの私をみて、かなり驚いていた様子。(私は覚えていませんが。)

 

促進剤の効果でヘロヘロ状態のままやっとの思いで出産!!初のご対面!!

赤ちゃんを見た瞬間、旦那さまにそっくり!!!

とにかく、かわいいーとか、感動とかより、そっくり。笑っちゃうくらい似てるんだもん。

 

旦那さまのことは大好きだけど。

こんな痛みと戦った末の結果だったので、そんなに似なくてもと思ってしまいました。

もちろん、同じ思いを隣で抱いた旦那さまの満面のにやけ顔。忘れません。

 

もうすぐ、6歳になる娘は今でもパパ似でかわいいです。

ちなみに次女もパパ似(笑)

3人目はママ似がいいなぁ。

 

著者:yukiyuu

2月に3人目を出産予定です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠判明した日、私は幸運でした。

f:id:akasuguedi:20151016104422j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

妊娠すると懸賞に当たりやすいという話を聞いたことがあります。

仕事も休みで身体がだるくてゴロゴロしていたら、郵便が来ました。

開けてみると、懸賞に当選し、商品券が入ってました。

その15分後、実家の父から電話があり、

「なんか懸賞当選して届いたぞ」と。

父の名前でも応募していたのもなんと当選!!

一日に二回も当たったことがなかったので、もしや・・・と、思い、妊娠検査薬を持ってお手洗いへ。

なんと!!

陽性でした!!

妊娠すると懸賞が当たりやすいって本当かもです。

 

著者:すりおろしがんも

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

産後のむくみは足から来た!

f:id:akasuguedi:20151016105745j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

産後すぐ一番からだの不調としてあらわれたのが、恐ろしいぐらいにぱんぱんにふくれあがった足のむくみでした。

歩くのもつらいほど、人生でこんなにむくんだことはこれまでにないぐらい。むくみ体質ではないのに産後3週間ぐらいこの状態が続き、心配になりましたが、きちんと元にもどったのでよかったです。

著者:ハセ子☆

2014年出産、1歳の男の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

一番辛かった

f:id:akasuguedi:20151016105946j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

現在、三ヶ月の男の子育児中です。

この妊娠、出産をとおして私が一番辛かったのは、つわり。

妊娠判明の6週からなんだかすっきりしない日が続き。つわりにしては早いよね、気のせい気のせいと思っていましたが、翌週から吐きづわりの日々が始まりました。

つわり期間中、においの強い物はだめだし、私の場合は音に敏感になりました。テレビの音やドアの閉まる音。果ては、主人の寝返りで布団のこすれる音を聞くだけでも吐き気に襲われる始末。。それまで一緒のベッドで寝てましたが、それからは私だけソファで丸まってたりしました。

これなら食べれる!という物にも出会えず、その時その時で食べれそうな物を口に入れ、すぐトイレへ駆け込む。食べる意味ないじゃんと思って食べなくても、胃液やらなんやら吐くので、食べて出したほうがマシでした。安定期に入るまでの辛抱!と根拠もなく思ってたけどその後もおさまらず、終わりの見えない日々にとても耐え難かったです。

 

そして22週に入ってやっと落ち着きました。つわり中はほとんど動けなかったので、残りの妊婦期間が短く感じましたね。

 

私の場合仕事も早々に辞めたので、仕事を続けてたほうが気が紛れて良かったのかもしれません。家に一人で居たから、余計辛かったのかも。

 

そして、こういう場があったらぜひ書きたいと思ってた事。。。世の旦那さんに!

妊娠と、産後三ヶ月くらいの間だけはせめて、奥さんを大事にしてほしい!身体の変化に戸惑ってたり、自分でもわからず突然泣き出したり、すっごい不安定なんです。理解できないとか言わずに、やさ~しく包み込んでほしいー!!それだけで、すっごい安定すると思いますよ。

 

陣痛もやっぱり痛かったけど、終わりの見えないつわりを乗り越えたから、頑張れたような気がします。

著者:ととら

2015年5月、39週4日で男児を出産

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠反応はすぐわかる!? 私の体の変化

f:id:akasuguedi:20151016144359j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

できるだけ早く赤ちゃんが欲しかったので、基礎体温をつけながら妊娠しているか様子をみていました。

生理予定日3日前くらいから、胸が異様にはりだしました。もともと生理前に胸がはることが多かったのですが、今回は脇の下のリンパあたりがかなり痛くなり、走ると脇が締め付けられたようになりました。明らかにいつもとは違いました。

あとはお腹が生理前のような感じで痛くなりました。こちらは特にいつもと変わりはなかったです。

待ち切れず、生理予定日頃に妊娠検査薬をフライングで使用。妊娠反応が出ました。

 

著者:きのこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

天のお告げ?!

f:id:akasuguedi:20151016145828j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

長女を産んだ後、2人目が欲しくて、当時4歳の娘に聞いた。

 「あかちゃん来る?」「来るよ!」「いつ来る?○○ちゃんが何歳の時?」「んーとね、4の次は何?」「5だよ」「じゃ5歳」と返ってきたので、半信半疑でいた。続けて「赤ちゃん何人来るの?」と聞くと「はじめは男の子で、その次に女の子。その次にオバケ」と言われ笑いながらも期待していた。

その後5歳の時に長男誕生。娘の予言通りで驚いた。この時、同じように2人目を希望している友人のことも「○○くんが7歳になったら赤ちゃん来るよ」と言っており、その2年後、めでたく友人にも次男が授かった。

 私は独身時代から子供は3人欲しいと漠然と思っていたので、娘の言葉が実現するように願い、3人目を授かることを期待していた。

 以前から通っていた気功の先生にも「今空の上で女の子が待ってますね~タイミングが合えばお腹に入るかもね~」と笑いながらおっしゃっていた。ますます期待が高まる中、めでたく妊娠!3人目は出産まで性別を聞かずに過ごしていたが、私自身、女の子でしかないと感じており、また、当時の娘の言葉もあり、更に当時2歳の長男までも「おちんちんついてなーい」と言うので、ますます女の子だと実感するほかなかった。

 予定日より2週間早い出産で、予言通り?!の女の子が誕生した。

 

著者:sasuke

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

初めての予防接種

f:id:akasuguedi:20151016150321j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

2か月の女の子のママです。先日、2か月になって間もなく予防接種に初めて行ってきました。ヒブと小児肺炎球菌の同時摂取でした。看護師さん達に押さえつけられて、小さい細い両腕に注射をされギャン泣きの我が子を見てとても泣きそうになりました。生まれて初めての注射だもの怖いに決まってます。ましてや大勢の大人に囲まれ押さえつけられ。お医者さんも看護師さんもそれが仕事なので仕方ないのですがね。しばらく泣いていましたが、おっぱいをあげたら落ち着いてくれました。

帰りの車の中は、疲れたのかチャイルドシートで爆睡でした。自宅に帰ってからも、少し機嫌が悪かったくらいで副反応もなく一安心でした。これからも怒涛の予防接種ラッシュですが、(病院では5本まで同時摂取可能と言われましたが、とてもでないですが可哀想で2本までしかできません)忘れないよう、スケジュールを練っていきたいと思います。病院によっては、摂取スケジュールを組んでくれるところもあるようなのでよく調べてみるといいと思います。

 

著者:puppu

2か月の女の子のママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

治療をお休みの月に着床出血

f:id:akasuguedi:20151016150654j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

出血を確認したのは海外旅行への移動日の朝。最終生理日から23日での茶色のおりもので、普段も生理予定日に20~28日の幅があったこともあり、生理が始まったと思いました。毎回生理痛がひどかった為、薬を3日服用しました。ところが2日目も3日目もおりもの程度の出血でしまいには出血がストップ。これは噂に聞いた着床出血かと期待と不安を感じながら最終生理日から26日目、妊娠検査薬を使用しすぐさま陽性反応がでました。29日目の病院での検査で本当に小さい胎嚢も確認できました。

この月も基礎体温ガタガタ、そして高温期も短かった為、初めは俗にいう理想値と違う!すぐ流れてしまうんじゃないかと、嬉しさより混乱の方が大きかったのですが、その後の検診で心拍が聞こえたと同時に嬉し涙が流れました。

私は2年ほど不妊治療をしていて、タイミング治療をステップアップしホルモン注射や人工受精をしていました。フーナーテストでは2度も生存が0%といわれ、自然妊娠は難しいのかと涙したこともあります。生理周期も幅があり、基礎体温はお医者さんの言うような形にはなりませんでした。それでも授かることもあるので、関係をもつ回数が大事なのかと思います。たまたまこの月はゴールデンウィークに旅行と治療日が合わず、治療をお休みしました。主人と私とお互い仕事が休みだったことや排卵日を気にせず夫婦の関係を持つ時間もとれ、リラックスできたのが一番大きかったのかなと思います。

著者:よし

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

里帰り出産のための病院探し

f:id:akasuguedi:20151016121151j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

愛知県から岐阜県の田舎へ嫁いで2年目に入る頃に妊娠が判明。田舎ということで、出産できる病院は限られてて、1番近くても車で30分はかかる。選択肢も4箇所ほど。健診は仕方なく車で40分かかるクリニックへ通う事に。里帰り出産は元々実家の方で産みたかったし、嫁ぎ先ではいざという時頼る人が旦那さんのおばあちゃんしかおらず、タクシーも呼んでから時間がかかるような所だったので、都会というわけではないけど、交通の便利さでは断然自分の実家の方で!と決めていました。

 

ただ、いざ里帰り出産先を探そうとする時に、選択肢が多くて逆に困りました。。

自分に希望の出産スタイルや、こだわりの特徴(例えば食事が豪華とか部屋が広いとか)があれば良かったけど、特にないまま実家から近い3軒ほどに絞り、あとの決め手に困っていました。周りに出産した友達も少なく、ネットでいろいろ見たり。1箇所は総合病院、2箇所はクリニックということで、まず個室か大部屋かという点でクリニックに。総合病院でも個室を希望はできるみたいですが、追加料金というパターンだったので。

 

そしてクリニックをどっちにするか。ホームページを見てもどっちも良さそうだし、距離も変わらないし。結局、GWに実家に帰り、直接行ってみることにしました。1軒はホームページの印象とそんなに変わらず、受付の対応も普通。ところが2軒目が、ホームページの印象よりも小さくて暗い感じがあり、受付の対応は普通でしたが、1軒目のクリニックに予約をしました。

まだ8ヶ月なので、結果はわかりませんが、実際に自分の目で見た印象で決めた病院が1番安心でいいのかなと思っています。

 

著者:ぱぱぱんだ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

リスクはあったけど帝王切開で無事出産できた私の出産体験

f:id:akasuguedi:20151016144815j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

予定日から1ヶ月くらい前に先生に「頭が大きいので、このまま予定日まで行くと出てくるのが大変になるから予定日前に出産しましょう」と言われ予定日の1週間ちょっと前に入院して陣痛促進剤を打つことに。しばらくして生理痛のちょっと痛いくらいの痛みが来たのですが、直ぐに収まってしまい風船も入れられたけど陣痛が来ず…次の日も促進剤を打つも陣痛が来ず…そのうちちょっと破水してしまったので、次の日に帝王切開に(汗)

帝王切開するもよっぽど頭が大きいのか、先生が「これは大変だ」と言いながらお腹の上に乗られお腹を押されてやっと出産!先生は大変そうだったけど当の本人は赤ちゃんの泣き声を聞いて安心&感動でした。

 

著者:しょこら

いま1歳7ヶ月の息子がいて妊娠3ヶ月の母です。

日々息子と格闘しながら育児を楽しみ、お腹の子の成長を嬉しく思っています☆

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

階段と息切れと基礎体温。

f:id:akasuguedi:20151016145152j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

妊娠が判明した冬でした。

基礎体温が低い私でしたが、毎朝今まで見たことがない体温を叩き出していましたが、きっと毛布が熱いからだろう、と気にしていませんでした。

そして、生理も遅れていましたが、もともと生理不順でなおかつ転職して半年ストレスもあったので(なんでも自分を追い込むタイプ)生理が遅れていても、いつもの事と気にしていませんでした。

しかも、正月後若干の吐き気、下痢があり内科に行ったところ、軽い胃腸炎と言われましたが、その内科のドクターが、妊娠してもおかしくない年齢だし、整腸剤だけにしておくね、とお薬も飲んでました。熱もあったので痛み止めも飲んで仕事もしていました。先生の言葉で少し怖くなり,一応検査はしましたが陰性でした。

 

 そんな中私は運動不足解消のため、マンションの階段をかなりの階数を上るという運動をしていました。

ある日、階段を上っていると、今まで感じたことがないくらい異様な息切れ動悸を感じました。普通の息切れ動悸ではなく、本当に異様な息切れ動悸でした。

生理が遅れている、基礎体温が高い、若干胸も張っている・・・なんだかピンときて余っていた検査薬で試してみたら陽性でした。

 嬉しさももちろんありましたが、トイレで陽性反応が出た瞬間しばらく時間が止まり、頭が真っ白でした。

 

まず思ったのが、これから親になるのでしっかりしなきゃいけないなぁ、ということ、今までちゃんと気づいてあげられずごめんね、でした。

お腹の赤ちゃんにもまず、宜しくねとあいさつしました(笑)

自分の体に子供がいる、という不思議な感覚を味わった後、どのように主人に伝えるか、悩んだ挙句、帰宅した後入るであろうトイレに検査薬を置きましたが、その時に限って入りませんでした!(涙)

そのままお風呂に入り、ごはんを食べそれでもトイレに行かなかったのでしびれをきらして自分から検査薬をそっと見せたところ、びっくりしていましたが、案外淡泊な反応でした。

それから速攻で主人が、どこの病院に行くか調べはじめてくれたのはうれしかったです。私よりも熱心に口コミを見たりして調べていました。

 

 次の日土曜日だったので病院に行き検査をしたところ、袋が確認できないので、次の検診まで安静、ということで不安になりましたが、次の検診で袋が確認できて一安心しても、次の検診までが長いので、安定期に入るまでずっと不安でした。特に検診の数日前が不安で不安で仕方ありませんでした。私の場合もともとネガティブなので、少しでもつわりが弱くなったり、胸の張りが弱く感じたり、お腹の痛みがあると不安で、その度病院に通ったり、病院に電話相談を頻繁にしていました。

しかし、あの不安をいろんな人に相談し、特に母に相談したことで、同じ経験をしてきたんだなぁ、母の強さと、丈夫に産んでくれた事に強く感謝しました。

著者:まさ

30歳前半です。

妊娠してあんこにはまり、毎日あんこを食べてます。

自分でも煮れるようになりました。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

勘違いに気をつけて!実は風邪と思ってたものがつわりかも

f:id:akasuguedi:20151016151017j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

私の場合は、生理前に風邪と似た症状にくわえ、早くも嘔吐(つわり)がはじまりました。あまりに風邪と似ていたけどけど、なぜかその時に妊娠の事が頭をよぎり、風邪薬をのむのをまって、生理予定日を過ぎてから検査きでチェックしたら妊娠していました。生理前からの早すぎる妊娠の兆候にびっくりしましたが、もし万が一と思うときは生理前でも、風邪薬を飲むのは控えたらよいと思います。

 

著者:フジフジ

一児のママです。ただいま11ヶ月の娘の育児に奮闘中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

大変だった緊急帝王切開での出産

f:id:akasuguedi:20151016160217j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

予定日を超過した頃に先生に「管理入院して陣痛を誘発しましょう」と言われました。これまでにウォーキングや床拭きの運動、オロナミンCや焼肉のジンクスなどすべて試したけど効果なく赤ちゃんが大きいので早めに出産しましょうとのこで入院しました。

42w1dの朝に入院してバルーンを入れると子宮口は順調に開き夕方には陣痛がきました。翌朝まで陣痛に耐え昼には分娩室に。なんどいきんでも赤ちゃん下がらず。そこから救急車で総合病院に運ばれ緊急帝王切開となりました。

自分自身熱もあがり羊水もにごっていたとのことですが手術は成功。元気な産声をあげて涙がでたのを今でも鮮明に思い出せます。術後はなかなか体を動かせないし傷は痛いし、そのなかで赤ちゃんのお世話をスタートさせるのでなかなか大変でしたが(^_^;)

傷は3日もすれば動けるようになりますし育児も可愛い赤ちゃんを見たら頑張れます!

なにより医療が発展しているので帝王切開でも安心してのぞむことができました。

今でも雨の日に傷がうずくこともありますが...なんとかなります(*^^*)

根性がないと自負している私でも頑張れました!皆さんも大丈夫です〃

頑張って下さい(*^^*)

 

費用...一時金でまかなえました

出生体重3400g

身長49.6cm

 

著者:このちゃん

1児のママです(*^^*)

もうすぐ1歳になる娘がいます〃

毎日育児奮闘中

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

受精日はまさかのハワイ!

f:id:akasuguedi:20151016165230j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

不妊治療に通い始めて半年、排卵検査薬とにらめっこの日々。

「次こそは!」と次回の排卵日を調べたところ、ハワイで行う妹の挙式予定の日ではないか。

もちろん私も主人も出席する予定でした。

「旅行中は産婦人科にも通えないし、今月は妊活の事は忘れてハワイ旅行を楽しもう」と思っていました。

無事に挙式も終わりホテルに戻った時には私の頭の中は「今日排卵日かも。」でいっぱい。

我慢できず、酔っ払って寝ている主人を無理矢理叩き起こし、襲っちゃいました。笑

それがまさかの妊娠!

現在、息子は7ヶ月。

 

著者:pucho

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

茶色いおりもの

f:id:akasuguedi:20151014181956j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

土日に友人と女子旅に出かけ、少し無理をしたなぁと思っていた数日後、茶色いおりものが出ました。

痛みなどはなかったものの不安になり病院に電話すると来院を勧められ、診てもらいました。最初原因が分からず、張り止めとあまり無理しないようにと言われ様子を見ていました。その後1週間ほど茶色のおりものが断続的に出ました。

次の健診のときに再度診てもらったところ、膣のできもの(ポリープ?)からの出血が原因だったと判明。一安心しました。

安心したからか、その後茶色のおりものはなくなりました。

著者:eriru

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

不妊治療していた私の妊娠体験

f:id:akasuguedi:20151016162943j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

不妊治療をはじめて、早3年が経った。

3度の妊娠(内、体外受精2回)が出来たが、すべて流産…。

どうしていいか?分からず、泣く日々が続き

脱殻のようになっていた。

 

不妊の原因も不育症の原因も特に見当たらず、途方に暮れていた。

一体、どうしたらいいの?

「年齢のせい」、と一言で済まされてしまうのは本当に辛かった。

だって、今更どうしようもできないから。

 

日々、ストレスを溜めないように…と言っても、毎日いろいろと

気にしてしまう。

食べ物、飲み物、運動、生活スタイル…

ぐるぐると考えれば、考えるほどにストレスになってきた…。

 

もう、次回でラストチャンスにしよう!と、思いっきり食べたいもの

飲みたいもの、やりたいことをしてみた。

そう、旅行に行って暴飲暴食まではいかないけれど、

好きなものを好きなだけ、飲みたいものを好きなだけ

赴くままに主人と全てを忘れて楽しんだ。

 

リフレッシュが出来て、もう次回でラストチャンスにして

かけてみよう!と思った。

 

通院していたクリニックはとてもいい先生や看護師さんだったけど、

一度、気分や視点を変えるのもいいかも…と思い

大学病院へ不妊症と不育症の検査と治療をお願いしようと、予約した。

 

その大学病院の担当医は、今までの経緯をじっくりと聴いてくれて

心のカウンセリングもしてくれたように、とても楽に考え方が変わった。

この先生と話していると、とてもリラックスできる、と感じた。

 

その診察と検査をしているうちに、妊娠が判明!

自然妊娠したのだった。

 

嬉しさと、また流産かも…という不安と

ただただ祈るばかりの日々だった。

 

先生から「この子の運命はもう決まってます。悩んでもしょうがないの。

自分を信じて、祈って!」

その言葉を胸に、何とか安定期まで来た今日。

ミラクルが起きたのだった。

 

まだ、出産までは不安もあるけど

この命を大切にしたいと思った。

 

妊娠するもの奇跡、妊娠を継続できるのも奇跡、出産するのも奇跡

本当に奇跡★ミラクルだと思う。

そして、誰にでも絶対ミラクルは起きる!

 

著者:A

30代前半で結婚、その直後に大きな病気で入院&手術。

2年後に妊活の許可が下りてからも、なかなか妊娠できず。。。

まさか不妊症?!と思い、不妊クリニックを2つ通院。

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

思った以上に苦しかった二人目出産

f:id:akasuguedi:20151016170832j:plainf:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

夜中に便意を催しトイレへ。そんなに激痛でもなく間隔も考える感じもなく、でも冷や汗が出だし一応病院へ連絡。下剤をもらい帰宅するつもりで受診したが、実は子宮口が5センチ開いており即入院。切迫早産で入院していたし、一人目の時も安産ですぐ出てきてくれたから朝までには産めるかもねと主人と談笑していたが、朝になっても出て来ず、陣痛は激しくなるにもかかわらず頭も降りて来ず、促進剤ですぐに来るよと言われるも薬だけどんどん増え中々出て来ず、やっと出てきたと思ってもこんなはずじゃなかったと言うくらいの激痛で、二人目って楽なんじゃないの??って頭の中で叫びまくりました。産む前は3人は欲しいと思っていたけどもういいかな。

著者:ひとみ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

自転車こいだら破水した

f:id:akasuguedi:20151016171543j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

予定日より三週間早くに出産したのですが、いつも通り検診に行って帰る途中でなんとなく尿が漏れている感じがしたのですが、いつもの尿もれだと思っていました。トイレに行ってみると、出血していて、いつもより尿もれの量が多いことに気づき、病院に電話しました。すると破水かもしれないとのことで、病院へ。

まさか三週間前に生まれることはないだろうと、特になんの準備もせずに身ひとつで病院へ。診察台に乗る前からもう大量の液がこぼれてきて、やはり破水とのことで、即入院。なんの準備もしておらず、かなり大変でした。しかも、破水の原因は前日にダイエットしようとして、サイクリングマシーンをこいだせい・・・

そのまま入院し、深夜2時頃に陣痛が始まり、その後はすごい痛みで声も出ず、トイレに行く力もないまま分娩室へ。しかも、子供が途中で頭が上に向いてしまい、私も陣痛の間隔が長くなり、陣痛促進剤を点滴しながら何度かチャレンジするものの、全くおりてくる気配なし。このままでは危険とのことで、吸引分娩することに。その後、無事3200グラムの男の子を出産しました。とてもめまぐるしい出産までのエピソードでした。

著者:ちゃびんちゃびん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

18年ぶりの妊娠

f:id:akasuguedi:20151016171907j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

長女19歳、次女18歳の42歳です。

高齢、子宮筋腫があり…と妊娠の可能性は極めて少ないと言われていました。

1月中旬頃より目眩や吐き気など体調不良が続き規則的に来る生理が2日遅れ、更年期障害?!生理が上がった!?と思っていましたが…

もしや!と思い産婦人科受診しました。

結果!時期が早すぎたけどご懐妊でした。

40歳過ぎての自然妊娠は、数%と言われています。その数%で宿ってくれた我が子。予定外の妊娠でしたし、高齢で不安もありましたが宿ってくれて、ママに選んでくれてありがとうの気持ちです。

著者:NAO

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

眠過ぎる!!!

f:id:akasuguedi:20151016172140j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

わたしの場合は…   妊娠したいと考えはじめてから、スグでした。

まさか、、、こんなに簡単に妊娠できないだろうと思い込んでいたので(>_<)ビックリ。

 

いつもより、眠くて眠くて… 仕事をしていても、ご飯を食べていても、眠い!!!

夜、23時を過ぎてもいつもはテレビを喜んで観れていたわたしが、、、22時を待てずに就寝。

仕事中も居眠り(-.-)Zzz・・・・。

しっかりお昼寝をしても眠さが取れず…

疲れているのかと思い、原因を探ってみると、もしかして?!

 

早速、フライング覚悟で検査薬を試してみたら、陽性反応(^_^)v

 

そういうことだったのですね、、、赤ちゃん、ありがとう♪

著者:けいこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

激痛だったけど、あっとゆう間の出産

f:id:akasuguedi:20151016174226j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

3人子供が欲しかったのですが、なかなか3人目に恵まれず上の子とは9才下の子とは7才離れての諦めた時にできた3人目!!

 

2人目の時に陣痛だと思わず、出血するまで家にいたら、まさかの車の中での破水‥病院についてすぐ産まれてしまってとても大変だったので、次はおかしいと思ったらすぐ来てね。と言われていました。車で40分ほどかかる病院に通っていたので、毎日緊張な日々を過ごしていました。予定日一週間前の検診で子宮口が3cmほど開いていたので、陣痛はまだ始まっていませんでしたが、朝入院することになりました。

 

お昼ご飯も普通に食べて、たまにイタタタと痛みをのがしていましたが、その時間が10分5分とだんだん間が短くなって、看護婦さんに見てもらってもまだ3.4cmしか開いていない地のこと‥ただその奥のマク??みたいのはすごく柔らかいので、陣痛がきたらすぐ産まれちゃうかもと言われ、一応陣痛室に行きました。

その時は全然余裕な感じでしたが陣痛室に行って2回目の痛みがきた時にドゥルドゥルドゥルと破水??して急に陣痛がマックスに‥最高潮の痛みが‥その勢いで子宮はさけ、赤ちゃんもすぐ出るとこまできちゃってたと思います。

 

もういたすぎて歩けないし、看護婦さんに股を押さえられ、両脇を抱えられて、分娩台に上がりましたが、いたすぎて股が開けず、やっとの思いで開いたときには、あっとゆう間に赤ちゃん誕生でした。

その後の後腹も陣痛並みに痛かったです。

 

母子手帳に書かれていた分娩時間は2時間でした。

痛みは3人の中で1番痛かったですが、本当にあっとゆう間の出産でした。

 

著者:みーたん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

マタニティグッツは体調や個性に合わせて買うべし

f:id:akasuguedi:20151016174638j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

妊娠後期は真夏でした。

お医者さんから、たくさん歩くようにと言われ、涼しい百貨店で歩いていると可愛いベビー服や育児用品が目につきました。

 

あるとき、有名デパートでいつものように歩いていると、ベビー用品に専門の販売員がついて私に、母乳パットをすすめてきて、だれもが使います。1セットじゃ間に合わないですよ…と言われて2セット購入しましたが、私は母乳パットを使うほどおっぱいが溢れることなく、一度も使いませんでした。

準備していて使わなかったものは母乳パットだけではありません。

哺乳瓶、哺乳瓶の洗浄セットも使いませんでした。友人から便利だと言われていた搾乳機も。

また、可愛いスタイもたくさん買っていたのですが、うちの娘はヨダレが全く出ない子でスタイは使いませんでした。

今まで小さな子供がいる方へプレゼントにスタイは間違いないと思っていましたが、必要ない子もいるのだと知りました。

 

もっと早くその情報を知っていたら、先に準備しとくことはなかったので、本当に無駄な買い物でした。

著者:とも

2歳の女の子を抱え、フルタイムで働くキャリアママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

5週目で妊娠が分かってから、8週目に心拍が確認されるまでのドキドキ。

f:id:akasuguedi:20151016175035j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

タイトルの通り、妊娠5週目で検査薬&産院の検査で妊娠が判明しましたが、産院の先生に「妊娠8週目にしっかりと心拍が動いていれば、最初のハードルをクリアしたと言えます。」と。

てっきり「妊娠していますよ、おめでとうございます!」と言われると思っていたので、絶句してしまいました。

8週目までの2週間ちょっと、仕事中もプライベートでも気が気ではなく、この時期が一番不安な時期でした。

8週目のエコー検査。

とにかく心拍が動いてくれている事を祈って、藁にもすがる気持ちで臨みました。

エコー画面に映し出されたのは、人形みたいな(クリオネの丸くてかわいいキャラクターの様な)可愛い赤ちゃんと、その体の3分の1を占めるのでは?と思うくらい大きな心臓が、「パクパクパクパクパクパク」と、それは元気に動いている様子でした。

もう、びっくりして、かわいくて、ほっとして、嬉しくて。。色々な感情が一瞬で湧き出てきました。

初めての妊娠だったので、てっきり先生が見て「うーん・・大丈夫だね」という程度の分かりにくい判断だと思っていたのですが、私が見ても明らかに元気に心臓が動いているのが確認できました。

そこから胎児ネームは「パクパク」になりました(笑)

ちなみに、何も知らなかったので8週目の検査室にカメラを持って入りませんでした。すぐ近くに置いたバッグには入っていたのに・・。

あのとっても可愛い姿を、動画に残しておきたかったと、その後 猛烈に後悔しました。

もしこれから心拍検査を受ける方がいらっしゃれば、あの可愛い姿を是非記録して、生まれたお子さんに見せてあげてほしいと思いました。

 

【初産】私の陣痛から出産まで

f:id:akasuguedi:20151014181623j:plainf:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

まず私が出産したのは土曜日の午前1時38分でした。水曜日の夜から腹痛が10分間隔でくるようになりました。夜も熟睡できませんでした。

10分間隔から5分間隔になったのは金曜日の夕方でした。17時に産院に5分間隔に痛みがあることを連絡してから向かいました。すると子宮口はまだ1cmしか開いておらず自宅に帰らされました。夕飯と入浴をなんとか済ませて、布団に横になりました。23時くらいから痛みが強くなりましたが、看護婦さんに子宮口が開くのにまだ1日2日かかると言われたので我慢しました。

午前1時にはお腹に力を入れないと耐えられない痛みがくるようになり、母に言われて産院に電話をかけました。痛みに耐えるために力んだら出血してしまい急いで産院に向かいました。

診てもらうと子宮口は全開でした。すぐ分娩室に入ることになりましたが、一人で歩けず車椅子で連れて行ってもらいました。助産師さんに痛みがきたら力んでと言われて8回くらい力むと無事産まれました。

規則的な痛みだったので本陣痛だと思いますが、長かったので辛かったです。我慢し過ぎずに痛みが少しでも強くなったら自分が動けるうちに産院に向かえば良かったと思いました。私は金曜日の入浴後と土曜日の朝に貧血で倒れたので、妊娠中に貧血気味の人は注意してほしいです。

34週で切迫早産のため自宅安静

f:id:akasuguedi:20151016180002j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

初産で、20週頃にも頚管長短縮で切迫流産の診断となり、仕事を休んだ経緯がありましたが、その後仕事復帰でき産休に入りましたが、その後も切迫早産となり自宅で安静の指示となりました。トイレや食事以外は寝てすごし、階段ダメ、シャワーも週3回という制限の生活となりました。

 

それまで旦那さんに家事をお願いしたことはあまりなく、時々皿洗いや掃除の手伝いをしてはくれていましたが、安静指示となってからは、料理は出来ないものの、頑張って早く仕事を終わらせ、仕事帰りに夜ご飯を買ってきたり、ご飯を炊いたり、家で洗濯をしたりと色々してくれました。当たり前のことだし、妊娠してなくてもこれくらいのことしてくれる旦那さんは多くいるのだとは思いますが、一つ一つのことが私にはとても嬉しく、今回は安静指示が出たことでこんな旦那さんをみることができてよかったなぁと感じています。

 

旦那さんありがとう。お腹の赤ちゃんにも、こんな体験をさせてくれてありがとう。と言いたいです。

 

著者:チョコ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

入院中の合同の食事

f:id:akasuguedi:20151016180339j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

私は内向的な性格なので、入院パンフレットを見て心配なことがあった。

それは入院中の食事。冊子によると、食堂で他のママたちと食べるとのこと。

正直一人で個室で食べたいと思った。気を遣いそうだし。

そして無事出産を終えて入院生活が始まった。

初日、次の日は体調を考慮して個室に運んでもらえた。

しかし助産師さんが「交流をもつためにも食堂で食べたら」と勧めてきた。

始まった育児にパニック気味の私は緊張で下痢し、食欲はあまりない。

そんなに言うなら、と3日目早朝食堂へ。

2人のみいた。そして2人はすでに仲が良く、ずっと会話していて、

私は一言も言葉を発することなく席をたった。料理は8割残した。

こっそり聞いていたところ、2人とも経産婦らしい。もりもり食べてる。

話しかけようと思ったけれど、すきがなかった。

ああ、2人産んだ人はタフだな、と思いつつ個室に帰った。

もう食堂へ行く気は完全に失せ、最後まで個室に運んでもらった。

最終日の夕飯は見舞いに来た母と一緒にステーキを食べた。

どうやら入院患者は自分含め3人のみだったらしい。

私はパーティピーポーじゃないので、初対面の人とリラックスして喋り食いできません。

世の中の出産直後のママさんは、みんな合同会食を望むのでしょうか。

まあ、情報交換の場ですからね。でも私は里帰りだし、無理して疲れてるのに

知らない人と食事するのはなんかな・・・。と思いました。

きっと少数派なんでしょうね。

ママ友?もちろん生後5か月の今もいません。

著者:ゴブリン

根暗なママ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤ちゃんの夜泣き。夢の中でなにがあったのだろう。

f:id:akasuguedi:20151016180725j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

夜、寝たと思ってもしばらくすると起きて大泣き!ということがほぼ毎日で、参っていました。

最近わかってきたのは、遊びにいったり刺激が多かった日は夜中起きてしまうこと!実際に体験すると、あぁそんなことどっかで読んだなぁと思いました。怖い体験をしたとかではなく、普通に楽しく遊んでいても、児童センターでいろんなお友だちにあったときや、イベントにいったときなど興奮した日は特に!泣き止まないときは、遊んだりおさんぽに出てみたり、いったん目を覚まさせるようにしています。

赤ちゃんも夢を見て怖かったんだろうなと思うと、眠くてイライラしていてもちょっと優しくなれる気がします。

著者:ぱすかる

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

待望の女の子

f:id:akasuguedi:20151014190702j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

うちの旦那さんの家系は男の子ばかり、女の子が欲しいという旦那さんの希望に答えたくて、2人目は女の子がいいなぁ…と

食生活は何も変えずに、子作りの際に「挿入は浅く、内容はドライに」を実行!

2ヶ月後に待望の女の子を授かる事ができました!

著者:なーちん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

えっ!?ここで!?

f:id:akasuguedi:20151014190315j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

今8カ月になる子供の母です。

 

6カ月の頃なのですが、黄昏泣きなのか17時になると泣き出しました(´`:)

どんなに泣いていても、お風呂に入れれば初めはケロッとしていたので、あまり気にしていませんでした。

 

しかし、それから1週間くらい経った頃…

泣き始めは悲しそうに泣いていて、気にせずお風呂に入れたもんならギャン泣きに早変わり(;´Д`)

そんなだから、ご飯もグズグズで離乳食開始して1ヶ月でこれからって時に…

と悩んでいました。

 

悩んでいても、行動しないことには解決はないと思い、早めのお風呂作戦に出ました!!

 

おぉ!何という事でしょう!!

大成功♪

ご機嫌でお風呂もご飯もスムーズに(∩´∀`∩)

 

そんなこんなで慣れてきた最近の事…

もうつたい歩きを始めた我が子…、抱っこして洗うのは困難なのでお座りで体を洗っているのですが、髪の毛はお湯を流す時に泡が目に入るので、お尻を床につけて私の太ももに頭を乗せて洗ってました。

『お風呂マット買わなきゃな~』

とぼーっとしていたら

ぱくっ☆☆☆

お腹空いてたんですね…

放さず(゜◇゜)笑

放したら久々にお風呂場で泣かれてしまい、お風呂場で暫し授乳タイム…(;^_^A

 

調べたところ、おっぱいのタイミングも重要なんだそうです(゜o゜;

 

皆様、空腹時のお風呂はお気をつけ下さい(笑)

著者:がちゃぴん

毎日、育児に奮闘中!!

でも、やっぱり可愛いな~と

最近になってやっと余裕が出来てきました(・∀・)

 

あと2人欲しい!!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

退院直後、旦那が結婚式へ行ったが泥酔して帰宅してきやがった

f:id:akasuguedi:20151014185750j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

退院直後のある日、旦那が共通の友人の結婚式へ参列。私が出れないぶん楽しんできてねと送り出した。当時私は実家にいたので旦那も私の実家に帰ってきた。見事に真っ赤な顔してフラッフラで帰宅。私はもともとお酒飲めず、家族もみんな飲まないので衝撃の瞬間だった。

 

また日中に終わる式だったのになかなか帰ってこないと思ったら自分が行きたかったベトナムのサンドイッチ屋?が近くにあったから並んで買ってきたと。ニオイもキツイし新生児の隣でムシャムシャポロポロ落としながら食べた後はそのまま何もしないでベッドで爆睡。挙げ句の果てに引出物落としてきたらしい。失礼極まりない。

 

こっちは股も痛いし乳腺炎だし赤ちゃんは寝ないしで違う意味でフラッフラなのに誰がフラッフラになるまで飲めと言ったよと。もう私も母も怒り通り越して震えてた。

 

結婚そのものを後悔した瞬間でした。

今でも飲んだら気が大きくなってバタンと寝るのでとりあえずコイツには期待しないで、その分共通のお金で優雅なひと時を送ろうと決めています。

著者:牡丹

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

やけに精神不安定だなと思ったら妊娠してました

f:id:akasuguedi:20151014185241j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

結婚式を2週間後に控えている時期に、とにかくイライラして情緒不安定、涙もろくなり体調も絶不調になりました。

ストレスのせいで生理も遅れているのかなと思い、妊娠してるかもという事は思ってもいませんでた。

それでもなかなか生理が来ないし、イライラは続いているし、今度はボーっとして頭があまり働かなくなってきたので、これはおかしいぞと思い妊娠検査薬を買って使ってみたら、即陽性反応・・・

嬉しいより戸惑いの方が大きかったです。

でも、妊娠したことにより覚悟が決まり色々腹をくくる事が出来ました。

今では旦那さんに好きな事を遠慮なく言えるようになり、お腹の子共々ノンストレスの日々を過ごしています。

 

著者:のん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

悲しい日々が・・・

f:id:akasuguedi:20151014185042j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

今でこそ娘二人に恵まれましたが、上の娘を妊娠するまでに流産を2回経験しました。

特に2回目は異所性妊娠で、1か月以上入院して検査を受け続けたのに結局どこに赤ちゃんがいるのかわからず開腹手術直前にダメもとで通常の流産処置をとってみようということになりました。その時は悲しくてさみしくて申し訳なくてずっと泣いていました。

でもその3か月後に、特別妊活をしていたわけではないのに赤ちゃんを授かってうれしい半面、前回までのようなことがないか心配でちょっとしたことでも気になって気になって産院を受診していました。本当に生まれるまでずっと心配でした。

生まれてからも、新生児の突然死や先天性の病気がないか、ミルクを飲まない、熱が出たと須郷心配していましたが、2歳になった今は病気らしい病気もなく、毎日機嫌よく魔の2歳児を謳歌している娘を見て幸せな日々を送っています。だから悲しい経験をされた方にも、きっと幸せが訪れると思っています。みんな頑張れ!そして幸せに!

著者:猫娘

魔の2歳児娘と3か月のぽっちゃり娘のお母ちゃんです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

諦めたころ・・・

f:id:akasuguedi:20151014183735j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

結婚して間もなく3年になるころでした。

ずっと子供が欲しいと思って婦人科で検査もしていましたが、なかなか子宝に恵まれずタイミングを試みるもダメ。

結婚記念3年をメドに不妊治療を始めようと思っている矢先でした、

治療を始めるなら、一度解放されたいと今まで続けていた基礎体温を測ることも考えることも1ヵ月半はお休みしようと決め、出来るだけ考えないように。

あと1週間で結婚3周年を迎えようとしていました。

 

毎回ずれても2~3日のずれで定期的に来ていた生理が予定より4日遅れてる!

気にしないで過ごそうと決めていましたが、そわそわして気にせずにはいられなくなりました。

主人に話して違っていたらがっかりするだろうと、一人で検査薬を買って調べることに。

まだ1週間も過ぎていなかったので反応がでるかも微妙な時期。

始めて検査薬を使うのに説明も読まず使ったため、量が足りなくてちゃんとした反応がでませんでした。

それでもどうしても気になり、夜中3時ころまた起きて検査したところ陽性の反応が!!

翌朝、早朝から仕事の主人を起こすわけにはいかないと我慢しましたが、嬉しくて一睡もできず朝を迎えました。

その日は主人にとって大仕事がある日だったので、伝えるか迷いましたが我慢できず出発直前の主人に伝えたところ、二人で号泣(笑)

こんな出かける直前に言われたら仕事に行きたくなくなると言いながら、二人で泣いて喜びました。

 

あんなに基礎体温とにらめっこしながら、婦人科の先生と相談した日々が嘘のようでした。

周りにも不妊になやんでいた友人は今までにいましたが、諦めかけたころ出来る人が多かったので知らず知らずのうちにかかるプレッシャーの影響力を改めて実感しました。

著者:すずっこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

赤ちゃんが出来るまでの道のり、毎日イライラ、不安感を消したい日々を過ごしている

f:id:akasuguedi:20151014182923j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

結婚する前から婦人科で赤ちゃんは無理かもしれないと言われていて

結婚する前から子供は無理かもしれないと結婚しました。

 姪っ子が生まれた日にも検査で難しいと言われていた。

 

案の定、結婚して2年経っても出来なくて友達に赤ちゃんが生まれたりすると素直に喜べず、楽しくは赤ちゃんを見れなくて、帰って泣いていました。

 

 

子供がなかなか出来ない事を知らない

義父母からは催促の電話ばかりで嫌になり始めて、会えば早く出来ないのか?

孫はまだか?

って言われて私は、その度にイライラしていて旦那も何も言ってくれない事にさらに腹が立ってだんだん顔を見るのも嫌になって来て、

嫌だ嫌だと会う事を拒否し続ければするほど、

みんなには、何でそんなに嫌がるの?

聞かれて、

 何で私が嫌いなもんは嫌いなのに言われなあかんのかって思うと、

 ますます嫌いになって来ている。

 

田舎では

とにかく子供を産め産めと

無神経に言う傾向があるようだ。

私は笑って流せるような性格じゃないので

ためてしまう…

 

 

今 7ヶ月に入ったけれど、安定期に入った時にメールをしただけで会っていない。

 

渡したい物があるから私たちが同じ休みを教えてくれと言って来たけれど、仕事があるからないと言って、仕事を辞める時まで伸ばした。

 

なにがなんでも

会いたくない。

 

誰かに理解して欲しいって思うばかりです。

 

ある日、一緒に買物に行った時に

お正月で人も大勢いるところでジェスチャー付きで

 「今年中には孫が抱きたい女の子を抱きたいから早く産んで」

 って大声で言われた事が私はショックでその場で怒鳴ろうかと思った。

 

こいつ バカ なのか?

いくら田舎なれしてるとはいえ

ここは、大阪。

何年、大阪に住んでんねん

あほちゃうか?

 

思いましたね…

 

結婚前から旦那には

 「お前の息子に治療してまで子供はいらんって言われてるし、結婚前に報告せんでいいって言われてとんねん」

 

って… 「治療してまで子供はいらん」と旦那に言われていたので、

私は本や、ネットを見て出来る限りの事をしてみた。薬を止めたり、とにかく温めたり、食べ物にも気をつけていた。

 

私なりがんばっていたのに

無神経に言われた続けた事がとにかくショックだった。

 

その日から

意地でも欲しいと思った。

産まれても抱かしてやらんって。

覚えとけ。

 

仕事でも、ストレスがたまりにたまって

体調もくずしたり、不安定になったりして

去年は、どうにもならなかった…

ストレスが、かなりたまるので

去年1年は、諦めてとにかく少しでもいいから

温めたり、食べ物に気を使った。

 

そんな日々を過ごしていたら…

 

いつもとは違う気持ちの変化や

 

お腹がムズムズしたり、

違和感を感じたり

不思議な気持ちになった。

 

もしかしたらと思い日数を確認して、

妊娠検査薬が使えるギリギリ時期だったので部屋着のまま車を飛ばして買いに行った。

けど使うのが怖くてしばらく検査薬を見つめていた…

 

気持ちが整ったので使ったら一瞬で結果が出た。思わず号泣。

 

母、妹、旦那に連絡をしたら妹も号泣…

とにかくうれしかった。

 

仕事から帰って来た旦那も

変なテンションで喜んでいた。

 

結婚前から

ずっとずっと子どもが欲しくて

夢ばかり見ていたので

今でも嘘なんじゃないかって

思うくらいです。

 

・母子手帳をもらった時

・妊娠の本を買った時

・安産祈願に行った時

・子供服の雑誌を見てる時

・陣痛でのエピソードを読んでる時

・テレビの「めばえ」を見てる時

 

何もかもが夢みたいで

号泣してしまう…

 

安定期に入り友達に連絡をしたら喜んでくれる人ばかりではなく中には

「出来にくいって言うてたのに出来たんや」

 と言われてショックだった。

あんなにがんばっても

知らなければそう思われるんだなって思った。

 

来週で7ヶ月になるのに悪阻で苦しいけど待ちに待った赤ちゃんを笑顔で迎えられるように今を楽しみます。

 

旦那にも少しは

優しくしようと思う…

 

笑顔あふれる、楽しい家族を

作りたいです。

 

今から本当に楽しみ。

著者:あんず

初めての出産で、分からない事だらけ

毎日ドキドキしています

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

楽しいはずの妊娠生活が・・・お腹の赤ちゃんと主人と私、3人で乗り越えた辛いつわり。

f:id:akasuguedi:20151014182241j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

待望の第1子を妊娠したのもつかの間、妊娠5週からすぐにつわりが始まりました。いつ治まるの分からないつわり。気持ち悪い状態が1日中続き、1日のうちで何度か嘔吐し、食欲もなく水分も取れない状態。かろうじて数口果物は食べられました。何をするのもだるく体重はみるみるうちに減り、こんな状態だったら赤ちゃんなんていらないと思っ

 

たりしました。

主治医からは「つわりはしょうがない。時期が来れば治まります」と言われましたが、「時期っていつ?出産まで続く人もいるみたいだけど、私はいつ治まるの?」と常日頃感じていました。楽しい妊娠生活のはずなのに、1日がとても長く感じ、つわりはいつ終わるのか、何でこんなにつらい思いをしなければいけないのか、赤ちゃんは育っているのか等々、マイナスのことばかり考えていました。

友人に相談しても「つわりはなく楽しい妊娠生活だったよ」と言われ落ち込むことも…。妊婦健診に行き、赤ちゃんが元気に成長しているのを励みにつわりに耐えました。

そして私の一番近くにいて、私の体調を気遣い、優しい言葉をかけてくれた主人。優しく誠実な主人のおかげで辛いつわりを乗り越えられました。主人には本当に感謝感謝です。

今では娘も生後8か月。毎日元気にすくすく育ってます。この体験記を書いていて、本当に辛かったなとしみじみ感じました。辛く長いつわり。でも必ず可愛いわが子に会える喜びがある!そう信じて頑張りました。

著者:ポコちゃんママ

初めまして。ポコちゃんママです。2015年1月に娘を出産しました。妊娠中はつわりがひどくとても辛い日々でしたが、今こうして娘といられることがとても幸せです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

激しい陣痛の中、緊急帝王切開で出産した話

f:id:akasuguedi:20151014163422j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

つわりもほとんどなく順調にマタニティライフを過ごしていた私。

 

ところが、最後に待っていたのは緊急帝王切開というビッグイベント!

 

胎児の心拍状態がよくないということでした。

陣痛の痛みの中、とにかく産まれて!という想いでいっぱいでした。

 

ちなみに、陣痛間隔も5分を切っていたので、まさに痛みのフルコース的な出産となりました。

 

ただ、陣痛の痛みのせいか、麻酔の痛みは感じませんでした。

それと、あまりに急だったため、手術に対する恐怖もあまりありませんでした。

 

出産は本当に何が起こるか分からないと実感しました!

ただ、どんなかたちであれ、無事に産まれた我が子を見ると幸せいっぱいです。

著者:masa

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

緊急帝王切開での傷が開くのが怖かったけど完母になれた話

f:id:akasuguedi:20151014163702j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

緊急帝王切開で出産した私。

 

母乳育児できるかなと不安でしたが、産後2ヶ月でほぼ完母になりました。

 

最初は傷があるため抱っこでの授乳がこわくて、搾乳したものを哺乳瓶であげていました。

あとで聞いたところ、この搾乳をきちんと続けたことで充分な母乳量が保たれたとのことです。

 

そして1ヶ月もする頃には傷の痛みもなくなり、抱っこで直接あげれるようになりました。

 

帝王切開で授乳がこわいというママさんの参考になればと思います☆

著者:masa

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

何が起こるかわからない産後。おっぱいの張りがひどい時は病院へ。

f:id:akasuguedi:20151014164818j:plain

f:id:akasuguedi:20151014164818j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

母乳育児をがんばっていたある日、おっぱいに違和感を感じました。

 

その違和感は夜中にはひどい痛みになりました。

具体的には、おっぱいの一部ががちがちになっているのです。

 

赤ちゃんに吸わせればなくなる、とネットで見るも、痛みと張りは全くひかず。

その夜は清浄綿で冷やして乗り切りました。(保冷剤などは冷やしすぎの心配があるとのこで、私は清浄綿を使ってみました。ほどよいひんやり感で、痛みがだいぶやわらぎました。)

 

そして次の日、母乳外来へ行きました。

するとすごい詰まりがあったようで、マッサージでそれを取ってもらうと噴水のように母乳が湧き出てきました。

 

このとき母乳外来へ行っていなかったら、きっと痛いまま、乳腺炎になっていたかもしれません。

 

おっぱいに違和感を感じたらぜひ母乳外来を試してくださいね。

著者:masa

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

完璧に風邪と間違えた妊娠初期症状!薬の服用に注意!

f:id:akasuguedi:20151014180748j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

結婚3年目頃から、子どもが欲しいなぁと考えはじめ、ゆるりと妊活に取り組みはじめた私たち夫婦。

 

ただ、子宝に恵まれないまま、気がつけば結婚5年目を迎えようとしていました。

 

年月が経てば経つほど、諦めのような気持ちが生まれたり、私より遅く結婚した人の妊娠を羨ましく感じたり。生理が5日遅れ、「今度こそ!」と思った時にやってきて、駅のトイレで泣いたこともあります。

 

そんな私ですから、妊娠初期症状には敏感だったハズなんです。妊娠初期に、風邪っぽい症状が出ることも、知っていました。頭痛があっても薬を飲まないように我慢したことも。

 

でも実際、本当に妊娠していた時に限って、完璧に風邪と間違え、飲んでしまったんですよね、市販の風邪薬。。。

 

その時は、夫婦で温泉旅行に行ったり、家族のことでバタバタする出来事があったりして、すっかり妊娠の可能性のことがアタマから抜けていました。

 

そして、やってきたのが「のどの痛み」。頭痛や、熱っぽさなら、妊娠初期症状かな?と思ったかもしれません。

 

でも、のどの痛みって、いかにも妊娠と関係なさそう。まだ生理がきていないことがチラっと頭をよぎったけれど、なぜか今回は「たぶん妊娠してない」と確信(笑)

 

大事な予定もあったため、早めに治さなきゃと思い、のどスプレーをシュシュッとしたり、2回ほど市販の風邪薬を飲んでしまいました。

 

その後での妊娠判明!思いがけない出来事にとってもとっても嬉しかったけど、気になったのは薬を飲んじゃったことでした。

 

産婦人科の先生は、「大丈夫ですよ!」と言ってくださったので、とりあえず胸をなでおろしましたが、気になる方は、やはり飲まないほうがベターですよね。「のどの痛みだけ」の時も、「ヘンな確信がある時(笑)」もお気をつけくださいね!

著者:新米mamy

34歳。結婚5年目で待望の妊娠判明。フリーランスとして働いていた仕事を一時お休みし、育児中心の生活に入ります。不安なこともいっぱいあるけれど、優しい旦那さんと、これから産まれてくる娘と、あたたかい家族をつくっていきたいな。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

出産時は呼吸が大事!痛みが減って安心感が得られる呼吸の仕方

f:id:akasuguedi:20151014165142j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

もうすぐ4カ月になる男の子を産みました(^^)

 

37週の検診の時に子宮が何cm開いてるかのチェックをして順調ってことで家に帰ってトイレに行くとすこーし血がでてました。

先生が子宮見るから血がでるのは仕方ないって言ってたので気にしないで夕方になりまだ収まってないので病院に電話したら破水なので入院になるので用意してきてくださいと言われて行きました。

少量だったので次の日産む事になり、朝に促進剤を打ってすぐに陣痛が。

子宮1cm→9cmまで開く戦いが始まりました。

段々辛くなってくる痛みで声を出したりしてましたが、看護婦さんがそんなに力んだりすると切れちゃうし、産後も大変だからゆっくり呼吸しましょうって言ってくれて「ひ~で吸ってふ~で吐くのよ」と教えてくれました。

それから「ひ~ふ~」と息を吸ったり吐いたりしてるとお腹が楽になり気持ち的にも呼吸をしっかりすれば大丈夫って自信になりどんなに痛くても自分で息をしなきゃって声にだしたりして「ひ~ふ~」と言っていました。

りきんでいいと言われてからは今度はりきむ時に吸って吐いた時に力を入れるって言われて繰り返しやってその後すぐに分娩室まで歩いて行ってまた同じ吸って吐い時に力を入れてを何回か繰り返して15分くらいで元気な男の子が産まれました(^O^)

陣痛促進剤を打って5時間で産みましたが陣痛があんなに痛いとは思わなかったですが呼吸をしっかりすれば楽になるし産んで2時間は安静でしたがその後両親が来たりしたので歩いたりしましたが痛くもなくすんなり歩けました。

次の日も痛みもなく歩けていたし、抜糸もとれていました。

痛さにパニックにならずに落ち着いて呼吸をしっかりすれば痛みも和らぐので気持ち的にも余裕がでてくるので今もいい出産ができたと思っています。

 

今は子育ても楽しく順調に大きくなり日々が成長です(*^_^*)

著者:ほわ

今は寝返りしそうな男の子を毎日親バカなくらいかわいいと思って眺めています。

散歩行ったりお話ししたり日々勉強ですけど子育てが楽しい毎日です♪♪

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

1年、間違えたの?

 

f:id:akasuguedi:20151014162653j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

2013年5月に妊娠判明も、心拍確認出来ず6月に掻爬手術を受けました。手術の結果、まさかのぶどう子(胞状奇胎)であることが判明。半年の妊娠禁止を言い渡され、通院を余儀なくされました。通院する度、お腹の大きな方を見ると泣きそうになり、見ず知らずの芸能人であっても、他人の妊娠の報告を聞く度に、とても落ち込みました。

半年通院を続け、やっと子作り解禁になりました。解禁1ヶ月目はダメ、2ヶ月目もダメ、3ヶ月目も…となかなか妊娠することはありませんでしたが、私にはなぜか妙な自信がありました。手術をしてから1年後、お腹の子にさよならした6月に必ず妊娠すると。いよいよ6月になり、生理が来ませんでした。妊娠検査薬では陽性。旦那に、「ほら、やっぱり。」って自信満々に報告。7月に病院に行き、すんなり心拍確認。それからは何事もなく、マタニティーライフを満喫しました。エコーに体の形が写るようになった時から逆子。それから一度も戻ることなく、帝王切開で2月に無事出産、先日7ヶ月になりました。

私は娘が1年間違えたんじゃないかなって思ってます。『1年早く来てしまった、お空に戻らなきゃいけない、でも他の子に取られたくない、戻ってくるまで次の子に取られないように、ちょっと悪さしちゃお。』っていう娘の根端だったのかなと。私のポジティブな解釈かもしれませんが、娘が3歳になったら真相を聞いてみたいと思ってます。パパとママのところに来てくれてありがとう。

 

著者:みほ

7ヶ月のママです。のんびりマイペースな育児をしてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

新生児への初授乳に向けて【涙の数だけ強くなれる!新米ママの子育て奮闘記】

f:id:akasuguedi:20151014162030j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

私が出産をした病院は、先生も助産師さんもナースの方も、スタッフの方皆さんとても親切で優しい人ばかりでした。

出産後、短い入院生活の間で、なかなか赤ちゃんに乳首を吸わせることが出来ずにいました。

ナースの方達は親身になって教えてくれ、アドバイスも、不安になっている私を励ましてくれていました。

しかし、退院前日の夜になっても咥えさせることすら出来ずにいました。

明日には退院して自宅に帰らなければなりません。

しかも、里帰りも出来なかったので、自宅には私と主人だけです。

とても不安でした。

なので、もう一度教えてもらおうとナースコールをしたのですが、来たナースさん?助産師さん?その方ははじめてお会いする人でした。

少し年配の方で、第一印象はあまり良くなかったのですが、指導をお願いしました。

すると、最初に一言、「明日退院するのに、まだそんなことやってんのかね?」と言われてしまいました。

あぁ、やっぱり私ダメなんだ・・・

とても不安な気持ちになり、自分を責めました。

その方が部屋を出てから、赤ちゃんと部屋に二人きりになると、涙が止まらなくなりました。

はじめての出産で、わからないことばかりで、不安な気持ちで、その日はほとんど眠れませんでした。

ですが、退院した翌日の朝に、急に咥えさせることが出来ました!!

すごく嬉しくて、思わず主人に携帯を取ってもらい、写真を撮りました。

その後も母乳の出に苦労して、生後1カ月半の今もまだ混合ですが、赤ちゃんは順調に成長してくれています。

あの時の言葉は本当に辛かった。

でも大丈夫。なんとかなるもんです。

ママも赤ちゃんと一緒に成長していけばいいんだと、今は育児を楽しんでいます!!

頑張るぞぉぉ!!!

著者:のぺ子

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

お腹の中で元気に育ってくれている赤ちゃん

f:id:akasuguedi:20151014161018j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

あれ?!

妊娠したかも?!

と気付いた次の日、旦那さまに買ってきてもらった妊娠検査薬で検査。

見事陽性。

「陽性だった。」

と一言伝えると、旦那さまにやにやと笑いが抑えきれず。

次の仕事の休みで、産婦人科へ。

胎嚢が確認できるものの、まだ心拍は確認できず、1週間後に来てくださいね、とのこと。

 

1週間待たずして、強烈な腹痛があり、出血。

再度産婦人科へ受診。

トクトク心拍を確認。

感動。

トクトク動く、小さなまぁるいカタチ。

涙が出そうなほど、感動で心が震えた。

 

先生に、安静ね、と一言いわれ、2週間も仕事を休み、自宅安静。

 

2週間後の検診で、予定日が確定。

子宮の中でよく動く(ように見える?)我が子。

 

仕事復帰した1週間後再び腹痛があり、受診。

子宮に血の塊ができ、赤ちゃんを圧迫してしまっているとの説明。

 

可哀想に、あんなに狭いところで、窮屈だろうね、ごめんね…

 

自分の行動を深く反省。

 

それからまた自宅安静。

 

その後また仕事復帰。

 

1ヶ月ごとに大きくなる赤ちゃんに毎回感動。

 

小さな足をばたばた動かす様子は、小さな自分をみているようだった。

 

1ヶ月が長く感じ、不安に思うときも多かった。

食べ物にも気を遣った。

 

まだまだお腹は大きくならず、食欲ばかり増していた。

著者:あべちゃん

関東在住。

1987年生まれ。

2014年12月第一子出産。

現在育児休暇中。

男の子のお母さん。

心配性。せっかち。強情。

仕事復帰できるか悩み中。

育児に追われ毎日必死にいきてます。

どんどん成長する子どもにお母さんの気持ちは追いつきません。

寝顔は天使。

声をたてて笑う笑顔が癒し。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

妊娠のサインは手足のほてりでした

 

f:id:akasuguedi:20151014155550j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

生理が遅れて妊娠検査薬でチェックして陽性が出るまでの間、手足が熱くてすごく寝苦しい事があった。妊娠が分かってから、それが妊娠のサインだと気付いた。妊娠検査薬で陽性が出た後も、何度か手足のほてりに悩まされた。冷えピタを足の裏に貼ると、ひんやりして辛さが軽減された。何とも言えない不快な感じだった。

著者:にゃんこ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

尿糖ってなによ?!

f:id:akasuguedi:20151014155122j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

妊娠中期から後期にかけて尿糖が(+)と出てしまった時の話。

 

妊娠糖尿病を心配したけど、血糖値はどうやら正常なよう。

病院の先生から「朝ごはんは早く食べて、検診に来る前にトイレにいってから来てね」

と、言われ、

そんなもんでいいの?

とか思いつつ、次の検診で実施してみると見事に(-)!

これで晴れて無罪放免(笑)

調子に乗った私は検診前の夜にケーキを2個食べるという暴挙に出てしまった!!

 

案の定、翌日の検診では尿糖(++)!

先生から怒られ、一応血糖値は測ったけど、こちらは正常なようなので、

「次出たら入院だからね!」

と、脅されてしまった^^;

 

その話を旦那ちゃんに話したら、我が家に甘いモノ禁止令が発令されてしまったil|li (´ω`) il|li

 

まぁ、あまりにも甘いモノを食べなさすぎるとストレスたまるので

ちょっとぐらいなら、という事で許してもらったけど

検診2日前ぐらいからは完全に旦那ちゃんの管理下のもと、甘いモノ断絶!

 

現在妊娠37週目だけど無事に尿糖は出てませんε-(´∀`*)ホッ

 

妊娠糖尿病は赤ちゃんにも母体にも危険な病気だそうなので、気をつけなければいけませんね(;^△^)

 

著者:ヘイ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

10年ぶりの三人目出産でも…痛みは一緒だった

 f:id:akasuguedi:20151014161614j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

10年ぶりの出産。3人目で痛みはわかっているはず…だがクラマックスの陣痛が耐えることが出来ず叫んでいると一旦、分娩室から外に出されていた実母が許可もなく入ってきて痛がっている私にあなたが頑張らないと赤ちゃんも頑張れないなどと怒り散らし…助産師さん先生もビックリ。

外にいた旦那もビックリ。

私はそのときは、何故私が叱られないとと思っていましたが…今思えばあの一声があったからふんばれ可愛い我が子を出産出来たと思います。

ありがとうお母さん。

そしてずっと私のそばで背中をさすってくれた旦那さんありがとう。

 

追伸…産後、少し無理をし過ぎたのかで子宮が飛びでてきてビックリ。

 

赤いボールの様なものでした…

 

安静と骨盤ベルトと産褥体操をしたら引っ込んでくれましたよ。

 

産後の無理は気をつけてくださいね

著者:いたがりや

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

骨盤小さめの体型の人は気をつけて!出産の影響であれが...

f:id:akasuguedi:20151014154643j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

出産時骨盤があまり広くないのでもしかしたら帝王切開になるかもと言われてましたが、立ち会った旦那に気合いで下から産め!!とめちゃくちゃなことを言われながらも何とか産みました。

骨がミシミシと開く感じでこれが出産時の痛み?と思ってました。退院して1ヶ月後くらいに健診にいったときに初めて自分が尿漏れになっていることに気がつきました。その後も5分程度歩くと駄々漏れ。。

尿漏れパットのお世話になって2年。やっと収まりましたが今二人目を妊娠しているのでまた尿漏れが発生しています(´д`|||)体操くらいしか対処法ないのかなぁ~…

著者:ちもる

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

破水寸前!? 初産でわからないことだらけの私の出産体験

f:id:akasuguedi:20151014161417j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

初めての出産でわからないことだらけ。それも実母は他界してるため相談できるのは義母。そんな状況で臨月になりました。経過も順調でこのままいけば予定日あたりで出産だねって病院でも言われてたので夫婦で安心してました。

予定日2週間前の38週の検診でまさかの子宮口開きかけ。早ければ今日明日中に陣痛くるかもって言われ、遠出禁止令が出てしまいました。

旦那さんの実家にベビーベットを置いたままだったので急いで取りに行かないとってことで検診の翌日に車で行きました。同じ市内なので30分ほど。若干お腹が張ってるな~って感じでした。なんだかんだとおしゃべりしてたら夕方になってなんかお腹痛い…でも前駆陣痛かな…でもいつも以上に痛い…お義母さんに腰をさすってもらいながら時間をはかってもバラバラ。とにかく自宅に戻った方がいいってことで自宅に戻りました。

自宅に戻ると痛みはおさまり、ご飯も食べ、入浴も済ませるとまたまた痛みが…今度こそってことで病院に行きました。分娩台に横になり、はかってもらったらなんと8㎝。もーすぐ破水でしたねって笑って言われました。夫婦でマジって叫んじゃいました。

私の初産の時間は6時間。いろんな雑誌で勉強したことと全く違ってました(笑)超がつくほどの安産。いい思い出です。

著者:さゆりちゃん

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

産後すぐ、赤ちゃんがまさかのおっぱい拒否。がんばりすぎて乳房が内出血だらけに・・

f:id:akasuguedi:20151016160525j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

出産前に母親学級で授乳の仕方のビデオを観てはいたものの、赤ちゃんの本能でうまくおっぱいを吸ってくれるもの、と高をくくっていました。

ところが!出産後何日経っても、我が子はうまく吸ってくれず…それどころか顔を背けて拒否!!

授乳時は毎回格闘で、髪を振り乱し自分の乳房をわしづかみにして何とか子供の口に押し込む有様。

看護師さんから「ちょっと硬いからそのせいでうまく吸えないのかも」と言われ、暇さえあればマッサージ&ちょっとでも飲ませるための搾乳。

しかし加減がわからず、おかげで乳房は内出血の跡だらけ。

体重は増えないし、子供は泣いて嫌がるし、気持ちがずーんと落ち込みました。

 

それによって、本来であれば母子のコミュニケーション、安らぎの時間であるはずの授乳がかなりのストレスに…

必死でマッサージする私の傍らで、実母から「私の時は何もしなくてもあふれる程出たのよ」と言われて余計苛立ち、看護師さんの「体重増えないと退院できませんよ」の言葉にますますストレス…

 

結局ミルクを足して何とか退院できるまでに体重も増え、家に帰ると自分のペースで進める事ができて、そのおかげかだんだん我が子も吸うのがうまくなり、みるみる体重も増えて今や成長曲線上部です。

それにしても、まさか赤ちゃんがおっぱいを拒否する事があるとは全く思いもよらず、最初はものすごいショックでした。

 

著者:suilove

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

25週前置胎盤での緊急入院。胎児600gの段階で帝王切開の承諾書にサイン

f:id:akasuguedi:20151015122436j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

通っていた産科で20週頃、前置胎盤疑いと言われ、25週に何の前触れも無く生理2日目位の量を出血し、そのまま33週まで設備が整った病院に入院となりました。

 

通っていた産科を受診し、NICUなどが付いている里帰り予定の病院へ受け入れ要請をしてもらいましたが、週数が浅いため難しいと断られてしまいました。その後、MFICUやNICUがある他の病院に無事受け入れてもらいました。

 

幸い その後出血は見られませんでしたが、医師からは出血回数を重ねる毎に量が増え、母体の危険が増すため胎児は帝王切開で取り出さなければならないと言われて、その場で承諾書などを何枚も書く事になりました。まだ、600g程度しか無かったので、呆然としたままサインを書き運ばれた病室で泣いた記憶があります。

 

2週間ほどMFICUで24時間点滴生活を送りましたが、余りお腹が張らない体質だった為、内服に切り替わり一般病棟へ移りました。しかし、基本的に安静なので、食事とトイレ、シャワー以外はベッド上で横になっている生活でした。

 

週数を重ねて、子宮が大きくなるのに合わせ、前置から低置胎盤へ変化し、現在は正常の位置に上がったため、33週に無事退院出来ました。

 

ただ、子宮頸管が2.5~3㎝と短めなので、ウテロン3錠/日で自宅安静中です。

 

大きな病院で設備が整っているからと、病院を選択しましたが、実際どのような状況までうけいれてくれるのか、よく確認しておく必要があると今回の事で思いました。

著者:かなで

初めまして、楽しいマタニティーライフを送るつもりが...安定期から入院生活を送ってしまいました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

先生が間に合わない!助産師さんたちの「私たちがいるから大丈夫」の言葉に励まされ、無事出産

f:id:akasuguedi:20151015181227j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

出産予定日を3日過ぎた日の早朝、いつもと違うお腹の張りに何となく出産の予感がありました。

周期はまだありませんでしたが、張りはある程度続くとなくなり…の繰り返し。

とりあえず病院に連絡し、様子を見ていつでも病院へ向かえるよう準備をしました。

里帰り出産だったため、母に付き添ってもらい、いよいよ病院へ。

 

部屋が空いておらず、初めから分娩室へ移動しました。

まずはNST検査。

「まだ陣痛は弱いですね。」と看護師さんに言われ、もしかするとこのまま明日まで微弱陣痛が続くかもと伝えられました。

予定日を過ぎていたこともあり、私はすぐにでも生みたい気持ち。

陣痛促進剤の選択があったので迷わずお願いしました。

 

点滴を開始して1時間程は全く変化なく、母と普通に話せる程度でした。

それからさらに1時間経過したぐらいで少し強めの陣痛開始。

「痛いかも…。」でもまだ笑顔で話せる程度。余裕です。

 

ところがその30分程後、これが陣痛か!とはっきりとわかる痛みが。

助産師さんの補助のもと、痛みを必死で逃します。「ふー、ふー。」何とか歯を食いしばらないように、力を入れないように…。

「上手ですよ。」と私を励ましてくれる助産師さん。

「まだ子宮口が開いていないから、まだかかりますよ。」とのこと。

 

陣痛はどんどん強くなっていき、とうとう声を出さずにはいられないぐらいになりました。

「ん~、いたーい。いたーい。」隣にいる母は、私の顔の汗をハンカチでずっと拭ってくれていました。

「痛くないと生まれないから。」と母。

わかってるけど、痛いんです。

そろそろ子宮口が開かないと辛い…そう思っていると、助産師さんから子宮口開いてきましたよと声をかけてくれました。

痛みが波のように全身を貫く中、私はただただ痛みから逃れたくてお腹にいる我が子に早く出てきてー!!と心の中で叫んでいました。そんな中でも冷静な自分がいて、掛け時計でしっかり時間を確認。

もう促進剤打ってから3時間程経過。すると、助産師さんからもう少しとの声がかかり、別の助産師さんが担当医を呼びに…。

付き添ってくれている助産師さんは気づけば3人になってました。

「先生間に合わないかも。」と一人の助産師さん。

「私たちがいるからもう息んでいいよ」と言われ、私は待ってましたと言わんばかりに、陣痛の波に乗って息みます。

助産師さんの誘導が的確で、教えられたタイミングで息むこと30分程。

頭が見えているからもう少しと言われても、私の体力はもう限界間際でした。

痛みに耐えながら息むことがこんなに体力消耗するなんて。

 

あと1回ぐらいしか息む力が残ってないと思ったとき、するんと我が子が出てきたのがわかりました。

「元気な男の子が生まれましたよ!」と、私の胸の上に赤ちゃんを乗せてくれました。

無事赤ちゃんが出てきたことで今までの痛みが嘘のように消えました。

 

結局、先生がかけつけるのが間に合わず、会陰切開しないままの出産でした。

切れてしまったことには全く気付かないぐらいでしたが、後に先生から聞いた話によると、上手く息めていたから1㎝しか切れてなかったとのことでした。

息むのに時間がかかった分、十分に会陰が伸びてから赤ちゃんがでてきてくれたようです。

 

出産前は陣痛よりも会陰切開が怖くてたまりませんでしたが、会陰切開せず、しかもほとんど裂けることもなく出産できました。

陣痛はもちろん痛いけれど、生んでしまえば耐えられない痛みではありませんでした。私のように、会陰切開を怖いと思っている方がいたら、安心してください。

陣痛は痛くても必ず終わりがあり、その終わりは喜びと共にやって来ます。

そして、会陰切開は陣痛を乗り越えている間に痛みを感じることなく終了しています。

 

これから出産予定の皆さん、必ず乗り越えられますから頑張ってください。

 

著者:あおい

男児1人の母親です。出産は自分にとって本当に貴重な瞬間でした。女性しか味わえない感動を、身をもって体験できます。出産に不安のある方、誰でも必ず乗り越えられます。その先に母親しか味わえない喜びが待っているので、我が子を信じてどうか頑張ってください。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

36週目に嘔吐の連続。聞いてなかった!造血剤の副作用

f:id:akasuguedi:20151016164916j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

36週の夜、普通に夕飯を食べてお風呂に入った直後から、なんかものすごくお腹に圧迫感を感じました。この時期になると少しずつ赤ちゃんが下がり始めて、圧迫感が減るといいますが、私の赤ちゃんは動きまくっていたので、「よほどピンポイントに胃を押されてるんだろうな…」と、特に気に留めず床に入ったのですが…横になったとたん、すごい吐き気が…!!

ダメなやつかもしれないと思い、念のためビニール袋とバスタオルを枕元にセットし、再度寝ようとした時、ついにリバース…夕飯を全部出し切ったのでもう出るものは何もないとお片付け…中にまた強烈な圧迫感と吐き気…マジか…

新しいビニール袋を用意して、横になったらまたリバース(苦笑)

もう胃液しかないってば!

 

結局2時間弱で3回繰り返しました…。

うそやん…インフルエンザで40度超えの高熱出してても平気だし、嘔吐なんか余程ヒドイお酒の飲み方した時しかないのに…

自分が苦しいだけならなんとか耐えるけど、吐く度にお腹張るし、万一赤ちゃんに何かあったらどうしよう!!と、テンパる私。

 

里帰りしていたので、異変を察して起きてきた母(看護師。頼もしい!)に状況説明。

とりあえず血圧測定をしてもらい、それまでの妊婦健診の結果から妊娠中毒症ではなさそうという事で、今度は嘔吐の心当たりを探しまくりました。

 

食べ物が悪かったのか、疲労がたまっているのではないか、入浴時間が長すぎた等はないか…たどり着いた結果は「薬の副作用の可能性はないか?」

 

ちょうど妊娠中最後の血液検査の際、「貧血気味だから、念のため」と処方された造血剤を飲んでいました。

薬剤師さんからは「胃に負担がかかることがあるので、必ず食後に飲んでね」とは言われていましたが、その他の注意事項は何もなかったので油断していましたが、他に心当たりが何もないので、ネットで副作用について調べてみたら…

消化器官に影響が出やすいって書いてる…!

しかも結構いるじゃん!!下したとか吐いたとか!!!言ってよ!!!てか一緒に胃薬出してよ…!!!(涙)

 

赤ちゃんのお尻も上の方にあったので、弱った胃にはトドメになったんでしょう…

まだまだ吐き気を感じながらも一気に安心して、なんとか眠れた夜でした…

母が本気で神に見えた…

 

ちなみに翌日病院へ行き、胃薬を処方してもらってからはどんなに赤ちゃんに蹴られても吐いていません。

もし造血剤を出してもらう事があれば、既に飲んだことのある方以外は、念のため胃薬も一緒に出してもらうようお願いしておいた方が良いですよ~!

 

著者:よしこ

親からのプレッシャーに耐えきれず、主人の立会いを諦めて里帰り出産。

もうすぐ元気な男の子のママになります!

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

暴言連発、ウンチも出る出る!おまけに肛門まで裂けて脱腸…全てを晒した立ち会い出産記

f:id:akasuguedi:20151015120719j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

元々、立ち会い出産には乗り気ではなかった私。

旦那が「絶対、立ち会い!」と言ってくれたので、「じゃあ…」という感じでした。

初めての出産で、経験した事のない痛みを10数時間耐えている時に人格が変わるのではと不安でたまりませんでした(笑)

 

予定日になった夜中から間隔毎に痛み、「こんなに痛いのは本陣痛では?」と病院に電話するも、痛みが1時間くらいあくこともあり自宅で様子見と言われる。

24時間後、肛門が破裂しそうなくらい痛みだしたので再度病院へ電話してタクシーで向かい、LDRで診察。

すでに子宮口が8~9cm開いていて、「もう生まれるよ~、よく我慢したね~」と言われ、やっと産めるんだと一安心(笑)

 

しかし、ここからが修羅場。

結局、微弱陣痛で促進剤を使用→いきむの我慢。

肛門が爆発しそうに痛い。

この時点で病院に入ってから5時間経過。

すでに意識朦朧・・・。

破水させる→髪の毛見えていきむのに出てこない。

 

 眠さと痛さで疲れた私はひたすら「ウンチ出る!もうイヤだ!痛いから帝王切開にしろ!呼吸法なんて出来ない!痛い!無理!」と叫び、飲み物を取りに行く旦那に対して「どこ行くんだ!おしり押せ!」「うるさい!この痛みは○くんには分からないよ!」と暴言連発。

しかもウンチは出る出る(笑)

もう恥なんて忘れてました(笑)

 

やっと先生到着しましたが、回旋異常の為に急遽、吸引分娩に。

器具を入れるのに会陰切開し、いきみすぎて肛門まで裂けて脱腸。

器具を入れる時の痛さは忘れません。

そして先生にお腹を押されながらいきんで無事出産。

ちょっぴり大変な思いを旦那と共有したので、出産した時は2人で号泣。

 

旦那は「女の人は本当にすごい。出産は命がけだ。自分は絶対に出来ない。本当によく頑張ってくれた。ありがとう。」と言ってくれ、私に対しての優しさと気遣いは妊婦の時以上になりました。

さらに育児までかなり協力的に!(出産前は正直期待していなかった)

生き恥をさらした(笑)出産体験ですが、立ち会い出産はした方が絶対に良いです! 

 

著者:みーママ

30歳。初産。

臨月ギリギリまで働き、無事6月に女子出産。母乳の悩みがあったりと育児に奮闘中。最近少しだけ落ち着いてきました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

つわりと切迫早産で長期間休職。傷病手当金をもらえて助かった!

f:id:akasuguedi:20151016105350j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

妊娠が判明してすぐ、悪阻がきました。

初めは食べた物を吐きだす程度の吐きづわりでしたが、徐々に水分も受け付けなくなるほどの悪阻に…妊娠悪阻でした。

 

毎日産婦人科へ通院しては点滴を打ってもらう日々を過ごしました。

臨時職員として転職して3ヶ月してすぐだったにもかかわらず、いきなりの1ヶ月半の長期休暇。

しかも、入職したばかりで無給。

安定期に入るころに悪阻はぴたっとおさまり、さて仕事がんばるぞ!と気合を入れていた妊娠6カ月の終わりかけに、今度は切迫早産との診断。

出産まで仕事をしてはいけない、自宅安静、と医師から言われました。

この休暇期間も無給。

 

せっかく入職したのに…と思っていたのですが、どうやらネットで調べてみると、妊娠悪阻・切迫早産は“傷病手当金”というのに相当することができるとのこと。

早速総務に相談し、医師に診断書を書いていただき、各種書類を提出しました。

診断書代はかかったものの、休暇期間分の日給×3分の2のお給料が支給されました。正社員でなくてもフルタイム勤務であれば適用されます。

 

結局、そのまま産前産後休暇をいただいたので出産手当金も支給。

産後休暇終了後退職してしまいましたが、出勤できなかった分の給料の3分の2が出て、助かりました。

 

著者:はるはる

初めての妊娠は流産。妊活のため職を変えすぐ妊娠。妊娠悪阻、切迫早産を乗り越え、出産予定日前日=私の誕生日前日に出産。1児のママに。趣味は音楽鑑賞、楽器演奏。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

1年で3回の流産。泣いて泣いて泣いて・・・。次に泣くのは子どもが生まれたときと決意

f:id:akasuguedi:20151016170303j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

 

結婚して半年足らずで妊娠。

子宮口は開きぎみ、下がりぎみと先生に言われながらも無事39週で安産。

妊娠すれば必ず生まれると思ってた。

卒乳に時間がかかり2才前に生理がきて、妊活はしないけどご縁があればと夫婦で話す。

 

2か月後に妊娠。病院にいったら1センチの赤ちゃんが!

3才違いだねといいながら楽しみにしていた2週間後。

前日夜に大量出血。

怖くてその日は安静にして寝て翌日受診。

お腹の中空っぽ。現実が受け止められなかった。

「7回妊娠すると1回流産をする可能性がある、まだ若いから生理がきて半年間は妊娠しやすい期間が続くから、しんどくてもがんばれ。」

そう先生に言われたけど頭の中真っ白。

その日はさほ涙もでず、次の日泣いた。

受け入れるのに時間がかかったんだと思う。

 

幸い初期流産で、手術しなくてもよかった。

1ヶ月足らずで出血が止まり、また生理が来ます。

ただ生理か流産の残りか確認するので病院に着てください。といわれた。

旦那は冷静で、自分を責めていたら「○○に責任はない、遺伝子がダメだったんだから。そんなにひきずるならもう妊娠するのはやめよう。」

といわれた。ごもっともだし、子供はほしいけど傷ついた。

 

それから3日日くらいは、洗濯物を干すときや掃除機の音に紛れて泣いた。

直後、友達が妊娠8週目で報告してきてくれた。

私が越えられなかった3か月、ともおもってまた泣いた。

 

立ち直ったきっかけは、何も知らない子供がこの時期甘えん坊になったから。

今思えばこれで救われたと思う。

洗濯物を干しながらママー!と呼ばれて我に帰った。

ご飯をこぼした息子が呼んでくれて、私はくよくよしていてもこの子に迷惑がかかるなと思った。

旦那にも謝った。

謝ったから、我に帰ったからといって、まだ涙が出る日もあったけど前向きになった。

 

その4か月後、再び妊娠。

この時は6週で流産。病院を予約して2日後だった。

病院を女医さんのところに変えて受診。

「姿はないけど妊娠してたみたいね、ドンマイ。」

軽いことばだった。

でも厳かに言われるより私には気が楽だった。

そしてここまで初期だと、出血が止まったらすぐに妊娠可能といわれた。

 

その2か月後妊娠。

今度はエコーでその姿を見て、2週間後前日夜にまた出血。

花火を見に行った帰りだった。

外出がいけなかったのかな。とへこんだ。

3回目になると、この痛みはお中の子が出てきたな、とかわかるようになる。

冷静で、泣くのもやめた。

次泣くのは子供が生まれたときにしようと決めた。

 

それからまた2か月後妊娠。

先生に妊活なしでめげずに妊娠してることを誉められた。

3回流産をして、4回目。

はじめての流産の時と同じ月。

ちょうど1年経った。

先生に、「この子は元気そう、今までの中で一番可能性ありそう!」と言ってもらった。

そして8週まで出血なし。

検診にいったら心拍確認。

一人で泣いた。

 

もともと育ちにくい私の身体、奇跡的に育ってくれたのだと思ったから。

嬉しかった。

目を張らして病院を出たので旦那がまたきてくれるよとフォローしてくれた。

元気に動いてた報告をしたらすごい喜んでくれて。また泣いた。

嬉し泣きで泣いて、幸せな涙だった。

 

出血は妊娠6カ月ごろまでとまらず、8ヶ月には切迫早産になり外出禁止。

大変な子だったけどすべてがいとおしかった。

いつも流れたらどうしようと不安があったけど、今年の7月にうまれてきてくれた。

はじめての流産のときの子供がうまれてきてくれる予定の月だった。

悪い思い出にしないように1年後に来てくれたのかなとおもった。

生まれてきてくれた息子に感謝。

 

著者:ちぇり

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

前置胎盤疑い、柔毛膜下血腫、切迫流産で2ヶ月に及ぶ入院生活に。周囲に感謝のマタニティライフ

f:id:akasuguedi:20151016171211j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

明日で14週を迎えるという日の夕方、残業中にいきなり出血しました。

生理2日目より多い量。

慌てて病院に電話すると、「今日は安静にして明日一番に受診してください」と言われました。

仕事中のデスクの上もそのままで、1時間の道をタクシーで帰宅。

動揺して震えが止まりませんでした。

5回目の体外受精でようやく出来た子。

どうか生きていて…と祈りながら、長い夜を過ごしました。

 

翌朝すぐに受診したところ、とりあえず赤ちゃんは元気に動いていて一安心でしたが、羊膜の一部が剥がれて、大きな血腫になっていました。

出血の原因は前置胎盤。お腹も張っていました。

診断は「前置胎盤疑い」「柔毛膜下血腫」「切迫流産」。

当然ながら仕事も無期限ドクターストップとなりました。

とりあえずは一週間は自宅安静で様子を見ることに。

 

実はこの頃、ちょっと大きめの仕事を任されていました。

しかしそれも同僚に丸投げする形となり、他の仕事も全て肩代りしてもらわなくてはなりません。

どんなに迷惑だったかと思いますが、みんな快く二つ返事で引き受けてくれました。

また夫も帰宅してから家事を全てやり、寝たきりの私が快適に過ごせるよう、寝室を色々工夫してくれたりしました。

本当に有難いことでした。

 

しかし一週間待っても血腫も張りも治まらず、そのまま入院となりました。

入院は2ヶ月に及びました。

点滴に繋がれてほとんどベッドから動けない生活は、それなりにストレスもあるにはありますが、上げ膳据え膳で、何かあればすぐに対応してくれ、何よりも毎日何回も赤ちゃんの無事を確認してくれる安心感は何事にも変えられないものでした。

ちなみに外来では撮ってもらえない4Dエコーをじっくり時間をかけて毎週撮ってもらえる入院特典?も…。

 

2ヶ月後退院しましたが、帰宅後も軽い家事以外は安静が基本。

そのまま張り止めを飲みながら37週ちょうどまで繋ぎ、予定帝王切開で出産しました。

帝王切開については色々抵抗のある方もいると聞きますが、お世話になった沢山のスタッフに囲まれ、しっかりと我が子の出生を見届けられて、幸せなお産だったと思います。

 

出来るまでも産むまでも、こんなに色々あった事が嘘のように、娘は順調そのものの成長を見せています。

娘が大きくなったら、本当に沢山の人たちの優しさに支えられて産まれさせて頂いたことを、しっかり教えてあげたいと思っています。

 

著者:ちぇぶ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。