妊娠・出産・育児の情報サイト


マ…マジか!? この先必要な教育資金に絶句…男子3人の母が将来のお金のことを真剣に考えてみた! by tomekko

こんにちは、tomekkoです。

実は昔から憧れがあった3人きょうだい、晴れて5人家族になったわけですが、これがまさかの男子3人…

まだまだ三男の口は数に入れない今でも、もう唐揚げは鶏肉3枚分でちょうどよくなりつつあるし、うどんは一回に5玉茹でてます。

全員10代になったら、今の倍…いやもっと?食べるようになるのかしら…なんてこと考えたら、将来のお金のこと、予想していた以上に心配になってきました。

 

f:id:akasuguedi:20180912105454p:plain


そんな折、保険チャンネルさんからFP(ファイナンシャルプランナー)相談モニターのお話をいただいて、そういえばまだ三男が生まれてからのライフプランのメンテナンスをしていない、ということにも気づいたワタシでした。

実は我が家、夫婦揃ってお金の管理や将来設計なんかが苦手。

育った環境の違いから、お互い相手がやってくれるもんだと期待していた節もあります。

 

f:id:akasuguedi:20180912105730p:plain


とはいえ夫に任せていても絶対にやってくれないので、これを機に一度ワタシだけでも相談させていただくことにしました。

 

今回は三男もまだ首すわり前で外出が大変なので、自宅までFPさんに来ていただきました。
保険チャンネルさんだと最寄りのFPさんをマッチングして派遣してくれるので、乳幼児がいて外だとじっくり話が聞けない…そんな親にも子どもにもストレスなく相談できるのがよかったです。

 

f:id:akasuguedi:20180912105839p:plain

 

そしてさあ相談、ですが…そもそも今の我が家の漠然とした不安感をどう相談したらよいものやら、なかなか具体的に話せる自信が無かったワタシ。

将来への不安って、うまく言葉にできなくないですか?

でも大丈夫。FPさんが会話の中から今の家計の悩みを明らかにしてくれて、具体的に知っておくべきことやどんな対策が選べるのかなどをわかりやすく説明してくださり、絡まった不安の糸を解きほぐしてくれた感じがします。

 

我が家の場合、考えたいのは3人の子育てにおける教育資金、そして全員巣立った後の老後資金。

子を3人持つ時点で覚悟はしていたけど、やっぱり必要な額を数字ではっきり示されると、正直ギョエー‼︎って感じです…

 

f:id:akasuguedi:20180912110016p:plain


教育資金だけで最低1500万円。更に老後、最低限の生活をしていくには…

結婚10年目にして、毎月の生活費も上手にやりくりして貯金するサイクルがうまくできていない我が家が、これからこの資金を貯めようと思ったらものすごく無理があります。

え、どうしよう…

 

 

FPさんに相談するメリットはここにもあります。

一つの保険会社へ相談すると、会社によって得意な保険の種類などが違うのに1カ所で全ての保険をまとめることになったり、保険以外の運用方法を選べず妥協することも。

そうならないためには、自分で比較勉強して各社へ問い合わせる…って考えただけで面倒ですよね。

この点、FPさんなら複数の保険会社を比較できるだけでなく、保険以外の投資運用についても制度や業種の垣根を超えて相談できるので、ある意味本当に自分に合ったオーダーメイドが可能になる点が嬉しいですね。

とはいえこういう相談って、保険商品を売りつけられるのでは? 相談料が発生するのでは…?

 

f:id:akasuguedi:20180912110419p:plain


ご心配なく。保険チャンネルさんで申し込むと相談はもちろん無料ですし、本当に必要と感じた場合には組み換えなどにも応じてくれるというスタンスなので、とりあえず漠然とした不安を整理したい、というだけでも気軽に話を聞いてみてくださいね。

 

 

さて、今回FPさんから
「昔と違って銀行に預けるだけではお金が増えない時代ですけど、資産を増やす方法として新しい制度もできてきています。何か知りたいことはありますか?」
と投げかけていただけたので、よい機会だし夫婦揃って興味はあるけど知識は無い、ちょっと怯えた目ですら見ている『運用』についても根掘り葉掘り聞いてみました!

まずは日本と世界の経済の今と未来のことを、ざっくりとでも視野を広げて知っておくことが大切、とFPさん。
たしかに、経済情報ってニュースなどでちょろっと目に入って来たり、なんとな〜くの体感で一喜一憂している程度で、世の中の流れや先々どうなるかなんてきちんと知ろうとしたこともありませんでした。

 

f:id:akasuguedi:20180912110609p:plain


なるほど〜!
銀行に預けても増えない、ということはわかっていたけど、そこで諦めていたかも。
世界に目を向けて、今ある資産を増やしていこうという考え方はいち主婦には関係のない、企業やごく一部のセレブ向けの話だと思い込んでいましたが、FPさんの
「この部分こそ家計に取り入れてもらいたい考え方ですね」
という言葉に納得。

年金などの公的な補助は私たちの老後はアテにできないし、我が家は転職派なので退職金も期待していません。

そんな中、増えない現金を貯めていくよりも、同じ金額を上手に運用して今あるお金を増やす方が賢いのはわかります。
問題は、「資産運用」とか「投資」とか、聞いたことはあるけどなんとなく「怖い…‼︎」という先行したイメージ。

うまい話には裏がある、ハイリスク、ハイリターン…といった不安がありませんか?

ワタシはありました。それに何か特別な知識や高度な判断能力を要するような…

でもそれはデイトレーダーのような短期的な話。

実は世界的に、また中長期的に運用していく分にはリスクは少ないんですね!

無知ゆえに先入観に捉われ、踏み出せずにいた投資の世界ですが、専門家に説明してもらうと実は今のうちから動いておかないと、何もしない方がむしろ将来的にリスクが高いことだとわかります。

 

f:id:akasuguedi:20180919150756p:plain


今知れてよかった…‼︎
同じように資産運用のやり方にも、いくつかの制度や業種があって、ライフスタイルによって合うものは違うそうです。

自分で詳しく調べていくのって疲れるし時間がかかるし、あれこれあり過ぎて何が自分にとっての正解か、見極める自信が無い…
そんな方はぜひプロから直接学んでみてくださいね!

 

f:id:akasuguedi:20180919150839p:plain

著者:tomekko
年齢:37歳
子どもの年齢:長男6歳、次男2歳、三男0歳

6歳おっとり長男、2歳もっちり次男、たぶんあっさりな生後4ヶ月の三男という、男子三兄弟に日々育てられています。いつも眠い夫にちょっとイラつきつつ、ドタバタな毎日の様子を描いた育児絵日記をインスタグラムに投稿するのが楽しみ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。