妊娠・出産・育児の情報サイト


妊婦の送迎も!至れり尽くせりな産院を選び大満足

f:id:akasugu:20150504015644j:plain

妊娠検査薬で妊娠が判明。

次の段階は、出産まで一人で通院できる場所にある病院選びでした。

妊娠判定の検査を受ける際、出産前に別の病院にかかり直すのが嫌だったので

産婦人科外来と産婦人科病棟が備わっている昔から知っている総合病院に決めました。病院での検査の結果は、妊娠2ヶ月でした。

 

その他の点で言うと家からも実家からも車で20分ほどの場所にある病院だったので何かあっても便利そうでしたし、慣れ親しんだ病院で安心感が持てた事、女医さんが勤務していた事も重視しました。

総合病院なので救急車も完備されているので緊急の場合もすぐに見てもらえる点も重要でした。

あと、病院まで妊婦さんの送迎をしてくれる点も安心して通院できる点だと思いました。

 

こちらの病院の分娩方法は、基本的には自然分娩でした。

私は、骨盤の大きさ的に自然分娩が不可能で予定の帝王切開になりました。

部屋は、基本的に母子同室の個室。

頼めば赤ちゃんを一時的に預かってもらい身体を休めたり就寝することも可能でした。

稀に出産ラッシュで患者さんが多くなり個室が足りない場合は、入院日数の長い人から相部屋に移されると聞きました。入院中は、一度も部屋を移されることなく過ごしましました。

 

部屋は、お風呂とトイレ、ベッド、流し台、テーブル、ソファ、冷蔵庫、ドライヤー完備で過ごしやすかったです。

子供は、出生時に異常がありすぐに近隣の病院のNICUに搬送されてしまったので

一人で過ごす個室は静かで時折聞こえる他人の子供の泣き声が虚しかったです。

 

術後の食事は、緩めのおかゆから始まり段々と普通の入院食へ。

途中、食べきれないほどの量の祝い膳(鯛とお赤飯がメイン)と

退院後は、しばらくは夫婦でゆっくりする時間が取れないから…と

レストランで出る様な豪華なディナーを用意してくださいました。

食事は、かなり豪華な病院だと思います。

 

入院費は、58万円ちょっとでした。

出産育児一時金を引いて16万円ほどお支払いしましたが

民間の保険でカバーできたので入院費に関しては、出費はあまりかかりませんでした。

 

f:id:kko628:20150518124527j:plain

著者:どこかのネコ
年齢:27歳
子どもの年齢:1歳7ヶ月

22歳で結婚。しばらく夫と2人の生活を楽しみたかったので子供は先延ばしにしていました。今なら子供を産んで育てられる、子供が欲しいかな?と自分の気持ちが固まった時に妊娠。毎日、育児は大変ですが子供の日々の成長が楽しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。