妊娠・出産・育児の情報サイト


アクティブ妊婦が切迫早産…お腹はまるで石のように!

f:id:akasuguope02:20150529005100j:plain

 私は妊娠20週くらいから体調もよくて、自称「アクティブ妊婦」と言って活動的に動いていました。

さすがに趣味の陶芸と仕事は休んでいましたが、それまで食べつわりで苦しめられていたので、それを挽回するかのように自由を満喫。

「赤ちゃん用に部屋作りもしなくては!」と、重いものだけを持たないように注意しながら、断捨離にも励んだり、土日は住宅展示場やらマンションのモデルハウスなどを見学していました。

 

アクティブ妊婦と言えども、お腹はどんどんが大きくなるので、支えが必要です。

そこで妊婦用のガードルだけでなく妊娠ベルトでしっかりお腹を固定していました。ベルトの天地を返すとカーブが違うのでお腹の大きさに合わせて2パターン使え、出産直前までかなり使いこんでいました。

ギュっとお腹に巻いていると、体が固定され安心でした。

 

ここまでは順調だったマタニティライフですが、妊娠27週の時、切迫早産で1週間入院しました。

お腹の張りが強いと切迫早産の危険が伴うと先生さんから言われ、入院中は横になり、とにかく安静にしていました。恥ずかしい話、入院するまでは張りに対しての自覚症状がまったくなかったのです。

 

張りが出る場合はとにかく横になることが大切です。

張りは筋肉ですから、収縮と弛緩を繰り返し、硬いときとそうでないときが必ずあるはずです。

自覚がない場合はお腹を触ってみると分かります。お腹が石のようになり、その中を赤ちゃんが動くので、まるでモンスターかエイリアンの住みかのようでした。

 

お腹の張りに気づかず、あるいは「張っているかな?」と思っても放っておくと、早産のリスクが高まります。妊娠週数が早ければ早いほど安静度や入院期間も長くなるようです。

 

今、私の周りでは2人目を妊娠しているママたちが多いですが、初めてのお産ではないので「大丈夫大丈夫~」と自転車にのったり、出産したら会えなくなるからと連絡をくれたりします。

私はその度に「いやいや、何が起こるか分からないからゆっくりしていた方がよいよ~」と自覚症状がなくても切迫早産になることを伝えています。

私は初めての出産でハプニングをいろいろ体験しているので、産まれるまで何が起こるか分からない!お腹の子を第一に無理はしない方が良いと強く思っています。

次回、赤ちゃんに恵まれたら「慎重派妊婦」で行きたいですね。

f:id:akasuguope02:20150526215956j:plain

著者:Oeuf♥ウフ
年齢:38歳
子どもの年齢:3歳

仕事は料理の編集、ライター&スタイリング。趣味は一眼レフで料理写真の撮影。EOS  KISS愛用中。最近では料理写真の撮影依頼もあってボルテージ急上昇♥。陶芸やパン作りもライフワークの一部。今は子育てが最優先で、ママにも子どもにも優しいスタバをこよなく愛す。二子玉、週3回〜と出没率高し。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。