妊娠・出産・育児の情報サイト


鼻の中からスイカ…?23歳、初めての出産体験

f:id:akasuguope02:20150603003314j:plain

私は23歳で妊娠をし、初めての出産をすることになりました。

出産は「鼻の穴からスイカが出てくるくらい痛い」とよく言われていますが、実際に鼻の穴からスイカを出したことがないからピンときておらず、とにかく痛いということだけわかっていました。

出産経験のある姉に、陣痛はどのくらい痛いものなのか聞いてみると、脅されているのではないかと思ってしまうくらい「とにかく痛い。こんなに痛いなら死んだ方がマシだと思ってしまった。」と姉が言っていて、尚更出産への恐怖が増えてきていました。

できれば無痛分娩をしたい。痛みに耐えられるのかわからない。

そんなことをずっと考えていたのですが、私の母が「一度は自然分娩をした方がいいよ。どれだけ痛いのか、その痛みを耐えたら、すごく幸せだから、その気持ちを体験してほしい。」と言われ悩んでいました。

よくよく考えると、私が出産する産婦人科無痛分娩はなく、和痛分娩か自然分娩しかなかったので、和痛にしたところで痛いのなら、自然分娩で産んだ方がいいと思い、怖いけれど自然分娩にすることにしました。

 

出産予定日を4日過ぎた日の夜中の2時に、お腹が痛いと思い目が覚めました。それから時間を計ってみると7分間隔だったのです。まだ我慢できるから、寝てみようと思ったけどお腹が張るので寝られずにいました。

それから1時間程我慢したけれど、旦那を起こして、今の状況を話しました。とりあえず病院に電話をし、来てくださいとのことだったので、準備をして病院に行きました。

病院に着いて内診をすると、子宮口は3センチ開いていて入院することになりました。

 

旦那は仕事に行き、私は寝ようと思ったけど陣痛で寝ることもできず、朝になりました。それから朝ごはんを全部食べ、また陣痛に耐えました。

1時間おきに内診したけど、子宮口5センチからなかなか開かず、それでも陣痛は時間が経つにつれてひどくなってきていて、お昼ご飯を食べようとしていたけれど、陣痛の痛みで食べることもできず、ナースコールを押しました。

看護師さんが来てくれて、内診をすると子宮口は6センチになっていました。動けるうちに分娩室に移動をして、旦那と母には分娩室に移動したことを伝え、また陣痛に耐えていました。

 

それから30分後に旦那と母が病院に到着し、旦那は立ち会ってくれました。

私が陣痛に耐えている姿を見て泣きそうになり、一生懸命私の手を握ってくれていました。

それから1時間後に自然破水し、子宮口は全開になり、先生が来てくれて、タイミングをみていきみ、3回で赤ちゃんが出てきてくれました。

落ち着いて陣痛に耐えることができましたし、母が言っていたように、痛みに耐えた先にはすごく幸せな気持ちでいっぱいになりました。

f:id:akasuguope02:20150602113046j:plain

著者:ひーろ
年齢:25歳
子どもの年齢:2歳7ヶ月

専業主婦をやっていて、たまに実家のお手伝いをして生活をしています。毎日幸せに生活をしています。これも子供たちのおかげです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。