妊娠・出産・育児の情報サイト


旦那は男の子希望だけど……6ヶ月で分かった赤ちゃんの性別

f:id:akasuguope02:20150603003657j:plain

私が初めて妊娠したのは、22歳の時でした。

初めての妊娠で、不安なことばかりありましたが、それと同時に、楽しみなこともたくさんありました。楽しみの中の一つであるのは、赤ちゃんの性別です。

性別は私はあまりこだわりはなく、元気に五体満足で生まれてきてくれれば、どちらでもいいと言うような感じでした。

私とは逆に、旦那は「自分の分身みたいな男の子がほしい。」と言っていました。

大体性別がわかるようになるのは、5ヶ月を過ぎてからくらいだろうと言うことだったので、早く5ヶ月にならないかなぁと、ワクワクドキドキしていました。

 

毎回旦那も仕事を休んで検診についてきてくれていたので、安心していられましたし、一緒にエコーを見ているのがすごく幸せな時間でした。

そして5ヶ月になった時の検診で、いつもの検診よりも増して、旦那も私も、すごく楽しみでドキドキワクワクしていました。

産婦人科に行く前日から「明日性別がわかるといいね。」や「男の子か女の子か、すごい楽しみだね。」などと話をしていました。

 

検診での順番が来て、私と旦那は診察室に入り、エコーを見ました。

先生に「性別わかりますか?」と聞くと「んー、まだわからないねぇ。大体5ヶ月くらいになったら、男の子だったらわかる時もあるよ。」と言っていました。

私も旦那も4週間に一回の検診だったので、性別がわからなかったから残念だなと思いましたし、また4週間待つのがすごく長く感じました。

 

それから4週間後の6ヶ月の検診になり、この日も旦那と検診に行きました。

「今日は性別がわかるといいね。」と話していて、エコーを見て、また先生に「性別はわかりますか?」と聞きました。

すると先生は性別を調べてくれて、「女の子かなぁ」と、男の子の特徴と、女の特徴を説明してくれました。

私はなるほどと思い、女の子と言われたことに納得をしました。

しかし先生は「3回同じ性別を言われたら確実だから、まだわからないよ」っと、旦那の希望を捨てませんでした。

旦那は男の子がいいと望んでいたため、少しショックな感じもしていましたが、「五体満足で生まれてきてくれればいいと言ってくれて、まだ初めての子供だし、もし女の子でも俺は可愛がるし、男の子がほしければ、まだ希望はあるから!」っと言っていました。

 

それから次の検診でも、赤ちゃんの性別は女の子と言われ、その次の検診も女の子と言われ、トータルで3回「女の子」と言われたので、赤ちゃんの性別は女の子であることが確実になりました。

確実に女の子なんだなと嬉しく思い、旦那は男の子がいいと言っていたけれど、嬉しそうに生まれてくる赤ちゃんの名前を一生懸命考えていました。

 

それから出産予定日を過ぎ、可愛い女の子の赤ちゃんを出産し、旦那は赤ちゃんにすてきな名前をプレゼントしました。

f:id:akasuguope02:20150602113046j:plain

著者:ひーろ
年齢:25歳
子どもの年齢:2歳7ヶ月

専業主婦をやっていて、たまに実家のお手伝いをして生活をしています。毎日幸せに生活をしています。これも子供たちのおかげです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。