ゼクシィBaby みんなの体験記


陣痛室を図書館と勘違いしている夫に怒髪、天を衝く!

f:id:akasuguope02:20150603013604j:plain

高齢でやっと子どもが授かったので、「妊娠中どう無事に過ごすか」ということで頭がいっぱいで、どうやって産みたいかということに頭が回っていなかった私。産院から「立ち会い出産を希望されますか」と25週頃にきかれ、「あっ今のところ、希望します~」と、軽い気持ちで返事をしました。うちの産院では、立ち会い出産を希望する場合、事前に両親学級を受講しないといけないルールになっていたため、「とりあえず立ち会い希望と言っておいて、あとからやめてもいいし……」と、一応、受講の予約だけを済ませ、両親学級の参加費3000円を支払って帰宅したんです。

その夜に「出産の時に立ち会いする?」と聞いたところ、「えっマジで……。だって血とか出るんでしょ…(そりゃ出るさ!と心の中で叫んだ私)」というイヤそうな反応。夫はなんでも首をつっこみたがる性格で、私と友人や親との会話にカットインし、頼んでもいないのにいろいろと手出しをしてくるタイプだったので、そのリアクションに驚いてしまったのと、「アノ『なんでもカットイン』夫が及び腰になるほど出産って未知なイベントなんだわぁ……」と、すっかり私がビビってナーバスになってしまいました。

 

その会話以来、すっかり夫婦揃って出産にビビってしまい、家でも出産系の話は自然と避けるようになった頃、両親学級の日がやってきました。正直、「この調子じゃ、立ち会い出産なんてたぶん無理だよな…」と思っていたので、受講キャンセルしようと思っていたのですが、最近、私が出産にビビっていることを察してか「受けるだけ受けよう」と夫が言ったので二人で病院へ。助産師さんの説明で、必ずしも分娩室に入って「ザ・出産」という瞬間を見なくても、妻と一緒に陣痛を乗り切るのも立派な立ち会い出産だと聞いた夫は急に張り切りだし「まぁ何事も経験だから頑張れ!俺も立ち会うからさ~」と、偉そうにコメントしてきました。そのコメントに少しはカチンと来たものの、立ち会い出産に前向きになったことで私もちょっと安心しました。

 

こちらの心の準備が整ったものの、予定日を過ぎてもなかなか気配がなく、予定日10日過ぎた日に入院。入院初日は平日だったので、夫は仕事帰りに病院へ寄ったものの陣痛促進剤を投与してもなかなかうまく陣痛がつかないということで、一旦帰宅。私もこの日は産後の病室でぐっすり眠り、来る陣痛に備えました。翌日が祝日で会社が休みだったので、午前中からやってきた夫。なぜか手には大きな大きな紙袋が!「なにこれ?」と聞いたところ「ほら、昨日の様子だと陣痛がなかなかつかないからひょっとしたら長丁場になる的なことを助産師さんが言ってたから、駅前のBOOK OFFで小説買ってきた!」とのこと。目がテンになったものの、午前中は確かに陣痛もまだ弱かったので、まぁいいかと思い、読書に耽る夫の傍らで陣痛→休憩→陣痛をひそかに繰り返していました。

 

夕方を過ぎたあたりから陣痛も本格的になってきて、夫に「○○ちゃん(夫の呼び名)、お尻から腰にかけてさすって欲しいんだけど」と言ったところ「了解(^o^)/」という朗らかな返事の後に「あの~、背中から腰にかけて押して欲しいそうです」とナースコールしているではありませんか!!!その夫の行動に本当にブチギレて「アンタ!!!何しにここに来たんだよ(怒)」と怒鳴ったところ「だから!俺なりに立ち会っているじゃん。一緒にヒートアップするんじゃなくて、あなたがリラックスできるよう、まずは俺がリラックスしているんだよ。それと、助産師さんがいるんだからプロにさすってもらったほうがいいって!」と言った後、また椅子に座って読書を始めたので、陣痛のせいではなく怒りのせいで私はスーパーサイヤ人のような形相に。その怒りのパワーのおかげか、そこから順調に陣痛がつき子宮口も開き始めて22時には無事に出産。前日からの入院を合わせるとトータルで36時間ぐらいかかりましたが、陣痛の辛さが夫への怒りにすり替わったので陣痛の痛みや辛さは忘れてしまいました(笑)。

 

ちなみに陣痛室に大量に本を持ち込んで読書をしていた夫の姿は、助産師さんの間でも結構話題になっていたようで、出産後に何人かの助産師さんから「ご主人、みんなが陣痛で絶叫している中でよく読書できますよね」「あーいう立ち会い方をする旦那さん、初めて見ました…大変…じゃなくてユニークな方ですね」と言われました。。。トホホ

f:id:akasuguope02:20150603013707j:plain

著者:バタざえもん
年齢:41歳
子どもの年齢:1歳1か月と3歳5カ月

バター、マヨネーズなど高カロリーな調味料を三度の飯とともに食らう年齢不詳の腐女子。齢35歳にして自分が全く知らない「妊活」という世界を垣間見ることに。妊活を卒業し、出産をしてゆっくり休もうと思った矢先「子育て」という事業をやらねばならないことに初めて気づき、猪突猛進ちう!バターをたくさん浮かべたラーメンをたらふく食べるのが今のゆめ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。