妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠中、いちばん悩まされたトラブルは「尿漏れ」

f:id:akasuguope02:20150610150113j:plain

 妊娠してから、つわりや不正出血、頭痛や恥骨痛などさまざまなトラブルが起きたが、その中でも長い期間悩まされたのは「尿漏れ」。つわりも大分落ち着いてきた妊娠6ヶ月頃から症状は始まった。

 

最初に尿漏れになった時は、まさか私がなるとはと自分を疑いたくなるくらい衝撃的だった。くしゃみをした瞬間に少し漏らしてしまった……! 恥ずかしくてその時は誰にも言えなかった。が、もとからアレルギー性鼻炎だったので、その後くしゃみの度に尿漏れするようになってしまった。

それまではくしゃみもセーブしていたのだが、妊娠でお腹が少し膨らんできたのでお腹に力を入れると赤ちゃんが苦しがるのではと考え、勢いに任せてくしゃみをするようになった。そのため漏れるようになってしまったのかもしれない。

 

妊婦健診に行ったときに、こっそり医師に相談してみる。

すると「大きくなった子宮が膀胱を圧迫しているので起こるんです。みなさん、尿漏れで悩まれるんですよね」との回答。私だけじゃなかったんだと少し安心する。そんな時、たまたまテレビで見たのが「尿漏れを防ぐ骨盤底筋を鍛えるトレーニング」。

お尻の穴や膣を意識的に引き締める練習を何度もすることで、骨盤底筋を鍛え尿漏れを防ぐというものだった。早速、試してみるものの三日坊主に終わり、効果を得ることはできなかった。

 

骨盤底筋も鍛えられず、なす術もなく妊娠周期はどんどんと進んでいった。お腹が大きくなるにつれて、ますます尿を止める力が衰えていき、1回当たりの尿漏れの量が増えていった。最初は生理用ナプキンをするのが不快だったので、尿漏れの度にショーツを替えていた。しかし、1回の量が増えたためなんとショーツを超えてパンツにまで染み出てしまった。本当に情けないやら汚いやら……。結局、常にナプキンをする生活になってしまった。

 

臨月になって感じたのは、歳をとるとこんな大変な苦労が待ってるんだということ。お腹が大きくなって普通の速度で歩けずなかなか家にたどり着けなくなったり、立ち上がる度に「よっこらしょ」と掛け声が必要だったり、くしゃみの度に尿漏れしてしまったり。これが人の定めなのか。

尿漏れ対策をインターネットで調べてみると、尿漏れパッドを使用する方法もあったが、薬局で購入するまでの勇気はなく、最後まで生理用ナプキンで乗り切ったのだった。

幸運なことに、出産後は元に戻り尿漏れすることはなくなった。

f:id:akasugu:20150428083325j:plain

著者:あーママ
年齢:33歳
子どもの年齢:10カ月

専業主婦とちょっとした執筆をしながらマイペースに子育て中。家でじっとしているのが苦手なため、近所の児童館に行ったり、託児付きのエクササイズに行ったり、街を散策したりする毎日。最近は夫婦共通の趣味であるダンスに子どもも付き合わせて参加するのが楽しみ。いつか息子と踊りたい。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。