妊娠・出産・育児の情報サイト


1本40円の海外製妊娠検査薬を乱用!もやっと線だけど結果は…

f:id:akasuguope02:20150616220256j:plain

「妊娠検査薬をいつ使うか」。

妊娠を待ち望む人ならわかるかと思いますが、コレって毎月けっこう悩みますよね。そしておそらくほとんどの人が超フライング検査をして「やっぱりまだ早かったか」とため息をついているはず。

妊娠検査薬の使い方がわからないわけじゃないんです。生理予定日1週間後、もしくはコトがあった日から3週間後になってようやく正確な判断ができるって、大きな字で取り扱い説明書にも書いてありますから。

それでも「今回は排卵日どんぴしゃだった!」とか「なんかいつもより胃がムカムカするかも?」とか色んな理由をつけては検査薬を使いたくなってしまうんです。

だって、さっさと白黒つけたいから! 早く妊娠していることを確認したいから! ただただ切実な気持ちからなのです。

 

当時、私もかれこれ1年くらい妊娠を待ちわびておりました。

妊娠検査薬、2本入りでおよそ800円。けっこう高いから無駄使いしちゃもったいないってわかっているのに。生理予定日当日どころか数日前に検査を繰り返してしまう不思議……。

おしっこをかけてたった1分で妊娠していれば判定ラインが浮かび上がってくるというので、目をこらして見つめ続けるんですが、毎度毎度「驚きの白さ」で終わってしまってました。

でもそこはフライング検査なんかしてしまっているもんですから、「やっぱりまだ早かったか」と結局、箱に残ったもう1本を数日後に使ってしまうんです。時にはそれでも飽きたらず、もう1箱購入してきたこともありました。

でも、800円ですよ。カスタムしまくったコーヒーを飲んでもなかなか800円にはなりませんよ。やっぱりもったいなすぎるということで、妊娠待ち2年目から海外性の早期妊娠検査薬をネットで購入し始めたのです。

 

最近では有名になってきましたが、海外製早期妊娠検査薬の多くは中国で売られているものを個人輸入して販売しているようです。

日本の一般的な検査薬とは違って、5cmほどのペラペラの紙の棒。

ただし値段は1本あたり40円ほどと破格の安さなので、こちらとしても文句ナシです。

しかもこちらは「早期」、つまり着床(予想)日から12日目くらいから検査可能だとのことで、フライング大好き人間にはたまりません。

その後、私は毎月、着床予想10日目(あ、またもフライング)から生理予定日後2日目くらいまで6本ほどを毎月使う生活になりました。

それでも250円ほどで済んでいると思えば、「驚きの白さ」であることには落ち込んでも少しは罪悪感が紛れるというものですから。

 

そして、真っ白生活がさらに2年ほど続いたある日のことでした。

私は家族の風邪がうつってしまい、朝から絶不調。それでも習慣のように検査薬に手を伸ばしました。

その頃にはほとんどあきらめの境地だったので、ちらっと見て「やっぱり白いな」とすぐ棚の上に放置しました。

それから数時間後、体調がやや回復したのでふと先ほどの検査薬を手にすると「あれ?なんか影があるような?」。いつもは残酷なほど白いカ所にグレーの影がある、ような気がしたのです。

そこで思わず2本目のフライング。当たり前ですが、数時間前に検査したばかりなのでそんなに変化が出るわけはないんです。ですが、いつもどおり真っ白なのか、またもやもやが出るのかそれが知りたくて仕方なかったのです。

結果は……またもやっとしたグレーの影。気づけば、そう私は体調不良で微熱が続いていました。これってもしかして妊娠初期症状? 一気に気分が盛り上がりました。

 

翌日以降、毎日のように朝晩と検査薬をし続けました。もやもやの影は生理予定日2日前にはうっすらとした線になり、当日にはほんのり赤いラインになりました。

ココまで来たら、安心確実な日本製の検査薬を久しぶりに購入して、確認のため検査してみることにしました。

すると、海外性ではほんのりだった陽性ラインだったのですが、日本製では文句ナシの濃いラインが出たのです! こうして私のフライング生活は無事に幕を閉じたのでした。

 

こうして長い「フライング検査」生活を終えた私。でも、この期間が長かったからこそ、もやもや程度の淡い影にも気づくことができたのかも? と思います。

f:id:akasuguope02:20150616215512j:plain

著者:ほーさん
年齢:38歳
子どもの年齢:1歳

今の時代の流れに乗っかるように、30代にして結婚、妊娠、出産した高齢ママ。高齢ゆえかわかりませんが、35歳あたりから様々な体の不調が発生するなかで奇跡の自然妊娠を果たしました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。