妊娠・出産・育児の情報サイト


まだまだ…と思っていたら頭が!下半身裸で分娩台へ行く羽目に

f:id:akasuguope02:20150616223601j:plain

 私は3人子供がいるので、3回出産を経験しているのですが、その中でも2人目の出産が一番ドタバタでした。出産って本当に一度経験したから…という言葉では片付けられないものです。

 

 検診で予定日前だったのですが「子宮口は柔らかくなってきていますねー、2センチくらいですね。」と言われぐりぐりされて「いたた」と思いながらもいつもどおり終了して帰宅して上の子のお世話をしていました。夜中12時あたりからお腹が痛くなってきたので、一応トイレに行っておこうと思い、いってみると「おしるし」らしきものが。しかし、一人目のときはそれでもそこから翌日まで結局陣痛もこなかったし、まだ産まれないんだろうなーと気長に構えてひとまず寝るか…と思ってベッドに横になることに。

 横になってうとうとしていると、痛みがきていたのですが、それでも「まだこれくらいじゃ産まれないだろう」と思い込みまた眠る…を繰り返していたのですが、やはり痛みはおさまらないので病院に電話をすることにしたのですが、そのときに気がつけば痛みは5分間隔でした。

 病院に電話すると、すぐに入院の準備をして来てくださいとのことだったので主人に頼んで、病院へ連れていってもらうことに。上の子は近くに住んでいる義母に来てもらいみていてもらいました。そうすると、急にとんでもない痛みが!ひとまずパジャマじゃよくないと思い着替えようとしたのですが、それどころじゃなくなってしまったのです。しかし、そんな中どうにかこうにか着替えて出発することになり、家から車までも陣痛の波に襲われ、歩けなくなることも。主人はそこで「おんぶしようか?」と言ってくれたのですが、妊婦をおんぶ?と私は冷静になり、「大丈夫だから、波が去るのを待って!」と言い、なんとか車に乗り込み病院へ行きました。

 

 病院では痛みがマックスになり、着いたとたんまたまた巨大な痛みの波が!「いたーーーーい」と叫んでいると、助産師さん登場、そしてこの一言「病院だから静かにして」と。そして、痛いながらも内診台に乗って先生の診察を受けると「もう頭が出ているから、急いで分娩台行って!」といわれ、下半身すっぽんぽんのまま、急いで分娩室へ。

 そこからあっという間に、産まれてきました。助産師さんには「次は必ず早くきてね、家で産まれると色々手続き大変らしいよ。」とどこまでも冷静な助産師さんでした。あとで考えれば一緒に興奮するわけないよな…と。 

 バタバタな出産でしたが、無事に産まれてきたわが子に感謝感謝でした。

f:id:akasuguope02:20150616224217j:plain

著者:アロハフラ
年齢:34歳
子どもの年齢:4歳、2歳、0歳

三人の育児をしています。育児休業中のため、一番下の0歳児を癒しに日々上二人と格闘しています。妊娠出産はどれも同じではなく毎回異なるなーとつくづく感じています。しかし、わが子の成長はどんどん面白くなっていくので見ていて楽しいです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。