妊娠・出産・育児の情報サイト


初めての陣痛に大パニック! 知りたかった「あとどれくらい?」

f:id:akasuguope02:20150622221807j:plain

どんなに母や出産経験のある友人に聞いていても、産婦人科で配られる「お産の本」を読んでいても、やっぱり初めての陣痛は実際経験してみるまでどんなものか想像もできませんでした。どれほどの痛みなのか、どれだけの道のりなのか……。

 

私の場合は、陣痛がくる前に自宅で破水をしたので、余裕をもって荷物をまとめて母に付き添ってもらい産婦人科に入院。私の入院した産婦人科は、自分の入院する個室で出産までの(陣痛の)時間を過ごし、出産の準備ができたときに分娩室に移って出産、という流れをとっていました。母と一緒に自分が入院する部屋に入ったときは陣痛も始まっていなくて、母と夕飯をとったり本を読んだりして過ごしていました。

 

「ん?お腹張り出した?」と思ったのが夜の8時頃。それからは段々、段々、張りが強くなる一方。最初はソファーに座っていた私も、5分おきに押し寄せるお腹の張りに座っていられなくなり、痛みがくる度に「いたたっ、いたたっ」と言って歩き回っていました。10時に仕事から駆けつけた夫が来た時には、ほとんどまともな会話はできませんでした。ただ、陣痛陣痛の合間の数分だけが天国のように穏やかな時間で、その時間を見計らっては母や夫に「あとどれくらい続くのかな~、まだかな~、もうこれピークじゃない?」と話していました。

 

30分おきに様子を見にきてくれる助産師さんの顔を見る度に、「まだですか!まだですか!あとどれくらいですか!」と半ば怒っていた私。そう、初めての陣痛に立ち向かっている者の心境としては、あとどれくらいかが一番知りたかった! 山登りのように5合目、6合目…あと一踏ん張りの9合目、という嘘でもいいから目安が欲しかったけれど、助産師さんは(多分)初産婦の平均出産時間や私の様子や色々なお考えがあった上で「まだまだ、これからですよ~」と繰り返すばかり。

 

自分の中では、「この今の痛みがピークに違いない!」と思うのに対し、あまりにも回りの反応は「まだまだ」。12時を過ぎてから助産師さんが様子を見にきたとき、私の毎度の「あとどれくらいですか!」という問いかけに、ようやく「どれくらい進んだか気になるなら一回分娩室で子宮口の開きを見ようか」と言われ、神の声に聞こえました! これでやっと何合目まできたかわかる、あとどれくらい耐えれば終わるのかがわかる、という安堵の気持ちでした。

 

すでに、すぐ隣の分娩室まで歩くのもやっと。陣痛がやってくるとしゃがんで耐え、陣痛がおさまっている数秒の間に数歩あるきの繰り返しで、私には隣の分娩室まで10分以上かかったように思えました。やっとの思いで分娩室に辿り着いて診察してもらうと、子宮口全開! そこからは助産師さんや看護師さんたちが大慌てでした。たった10分前まで「まだまだ」と言われていたのに、あっという間に分娩が始まり、あっという間に出産。夜間だったので敷地内の自宅で休まれていた医師は出産には間に合わないほどでした。

 

出産の進み具合や時間、痛みは人それぞれだと思うので、「あと何時間」とか「今の痛みが10の内の6」とかは計れないものだとは十分わかってはいるつもりですが、嘘でも間違っていてでもいいから、それでもあの時は「あとどれくらいか!」が知りたかったです。あとから、主人に「冷静なあなたがもっと早く助産師さんに言ってくれれば良かったのに」と言うと、「だって痛い痛い言ってる姿がコミカルだったから、そんなにピークだと思わなかった」と言われました。

そうなんですよ、私が受けている痛みの大きさは見ている人たちには正確には伝わっていないかもしれないし、よく「我慢できない痛みになったら言ってね」と言われますが我慢できない痛みのラインも人によって違うはず。だから、我慢しすぎず、出産の進み具合(子宮口の開き)は遠慮することなく診てもらえばよかったな、と思います。

f:id:akasuguope02:20150608230818j:plain

著者:子持ち銀河
年齢:39歳
子どもの年齢:10歳と2歳

出版社、編集プロダクション勤務を経て、二児を出産。出産&育児中は、気ままな主婦ときどきライター。子供たちが寝静まってからの時間が唯一の自分の時間! 大好きなおやつを食べながらアメリカンドラマを観るのが至福のひととき……。が、最近では子供たちの増大する体力に自分の減退する体力が追いつかず、「おひとり様タイム」を待てずにすぐ寝てしまう日々。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。