妊娠・出産・育児の情報サイト


二人目の産院決定!決め手はキッズルームでした♪

f:id:akasuguope02:20150622105833j:plain

現在、二児の母です。一人目は、実家で里帰り出産をしました。9ヶ月まで働き、そのあと実家に戻り、ゆっくりと残りの妊婦生活を楽しみ、出産後もゆっくりと実家で育児をしていました。1か月健診のあと、自宅にもどり夫婦での育児が始まりました。

子どもも1歳をすぎ、育児にもゆとりが出てきたころ、二人目がほしいと思うようになりました。2学年差でほしいなと思っていた矢先、二人目の妊娠が発覚しました。とても嬉しかったです。

しかし、そこで問題になってきたのが、二人目の産院決定をどうするかです。私の両親も主人の両親も新幹線や飛行機でしか帰ることができない場所に住んでいるので、なかなか頼れません。ましてや、両家両親ともにまだ働いているので、上の子と一緒に里帰りしたところで、自宅にいるのと忙しさは一緒だと思いました。さらに、パパっ子である上のこと主人を数か月も離すことが嫌でした。その結果、自宅近くの産院を探し、主人と協力して出産を迎えようという話になりました。

 

そこから、産院探しが始まりました。

出産方法の相談や妊婦検診はもちろん、出産中や入院中にも上の子どもを預かってくれるキッズルームがある産婦人科を探していたところ、自宅近くにあったのです。しかも、上の子どもも一緒に寝泊まりできる産院でした。

とても人気の産婦人科でなかなか分娩予約もとりにくく、出産費用も最低で60万円ほどかかるところでしたが、上の子のために早く受診し、分娩予約をすることができました。

検診時は、無料で預かってくれました。キッズルームに慣れさせるために、毎回の検診で預けました。そのたびに泣かれてしまいましたが、出産間際になってくると慣れて遊んでいたようです。

そして、出産当日もキッズルームで預かっていただき、入院中も9時から16時までの日中保育をお願いすることができました。なにより主人は、朝早い仕事だったので、子どもと一緒に私が寝泊まりすることができたことがよかったです。

f:id:akasuguope02:20150622105938j:plain

著者:ドラえもん大好き
年齢:28歳
子どもの年齢:2歳と1歳

毎日育児に家事に追われていますが、子どもの笑顔と成長が楽しいです。上の子には怒ることが増えてきましたが、一日一回は褒めて笑うことを目標に頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。