妊娠・出産・育児の情報サイト


母は強し!2分間隔の陣痛に耐えながら上の子に朝ごはん

f:id:akasuguope02:20150629221623j:plain

現在、二児の母です。1歳と2歳の子どもがいます。

二人目のお産の始まり、陣痛についてお話したいと思います。

 

予定日よりも3週間も早く、あのお腹の痛みがやってきました。

朝起きるといつもよりも腰が重たく痛かったのです。さすがに3週間も早かったのでまさかとは思いましたが、生理痛の痛い感じが定期的に出てきたのです。そして、トイレに行くと多少の出血が…

おかしいと思い、すぐに産婦人科に電話をしました。助産師さんもさすがに3週間も早かったので、もう少し自宅で痛みの間隔を測ってみてとおっしゃいました。それから、30分間陣痛と思われる痛みに耐えながら、上の子に朝ご飯をあげながら過ごしていました。間隔は2分くらいだったのですが、痛みのある時は動けないほどでしたが、それ以外の2分間は、動けるので動いていました。ちょうど主人は出張に地方に行っていたので、急いで連絡はしました。

もしかしたらこのまま出産かもと思っていたので、洗濯物を干し、子どもの食事を済ませ、着替えを済ませたところで、再度産院に電話したところ、2分間隔なら今すぐ来てといわれ、タクシーを呼び産院に向かいました。

その際も2分ごとに歩けないほどの痛みに襲われていましたが、一人目のときとは違い、上の子がいるので、上の子にためにも動かなければならないという気持ちが働き、痛みに耐えることができたのだと思います。母は強いなと感じながら産院に向かっていました。

 

産院につくと、すぐに分娩台に。子宮口をみてもらうと、なんと8センチも開いており、頭もおりていたのです。助産師さんも私もびっくり。

分娩台にのぼると、今までとははるかに違う強烈な陣痛に襲われました。きっと朝から同じような痛みに襲われていたのですが、上の子がいるから…という思いもあり、緩和されていたのだと思います。それから、どんどん間隔は短くなり、分娩台に上って30分ほどで産まれてきてくれました。陣痛開始から2時間ほどでした。

いきんだのも数回でしたが、やはり2回目とはいえ、痛いものは痛い。裂けるかも思うほど痛く、分娩台の上で発狂するほどでした。

痛かったですが、もう一人くらい頑張りたいなと産んだ後にもう一度思いました。

f:id:akasuguope02:20150622105938j:plain

著者:ドラえもん大好き
年齢:28歳
子どもの年齢:2歳と1歳

毎日育児に家事に追われていますが、子どもの笑顔と成長が楽しいです。上の子には怒ることが増えてきましたが、一日一回は褒めて笑うことを目標に頑張っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。