妊娠・出産・育児の情報サイト


急遽吸引分娩に!子供はへその緒を4重に巻いていた…!しかし一番大変だったのは私のアソコ

f:id:akasuguope02:20150629222927j:plain

陣痛が始まったのが、夜の10時ころ。気づくと陣痛の間隔が15分になっていたので、あわてて病院へ。病院につくと間隔がどんどん狭くなり、明け方には産まれるかもねと言われていました。しかし、そこから私の戦いが始まりました。

なかなか進まない陣痛のため、助産師さんの勧めで階段昇降をしてみたりバランスボールにもたれてみたり、さまざまな陣痛促進方法を試しましたが効果はなし。いわゆる微弱陣痛でした。

1晩目は寝られなかったので、体力温存のために寝ようとしますが痛みで寝られず・・・結局2晩目も徹夜で陣痛の痛みに耐えていました。

私の体力も限界に近づいた朝、ようやく子宮口も9cmになり、分娩室へ通されました。分娩室に入るとすぐに破水し、微弱陣痛のため陣痛促進剤が使用されました。

促進剤を使うとどんどん陣痛の間隔が狭くなりいきみますが、なかなか出てこない。どうやら回旋異常で、なかなか降りてこられなかったようです。私の体力も低下し、赤ちゃんの心音もどんどん弱まってきていたので帝王切開も考えられましたが、医師の判断で吸引分娩を行うことになりました。見えてきている赤ちゃんの頭に器具を取り付け、いきみの流れに乗って引き出す方法です。承諾を求めてきましたが、早く産みたい一心だったので快諾しました。その際、助産師からおなかをめいっぱい押され、赤ちゃんもだけれど私の体も大丈夫なんだろうか!?壊れないかと思いながらようやく無事出産しました。

産まれたわが子はへその緒を4重に巻いていました。それでもチアノーゼにならずによく無事に産まれてくれたものです。

よく吸引分娩を行うと赤ちゃんの頭が吸引により尖るといわれていますが、さほど頭の形は気になりませんでした。何よりも無事に産まれてきてくれたことが本当に良かった、それだけです。

吸引分娩を行ったので傷が大きくなり、膣の中も切れてしまい縫合が大変でした。今でも傷が時々痛みます。吸引分娩はリスクを伴う出産ですが、私にとって無事に産むためには必要な出産方法でした。

f:id:akasuguope02:20150629223009j:plain

著者:もりな
年齢:28歳
子どもの年齢:10ヶ月

1児の母です。育児は大変ですが、なんとかなるさの精神で親子3人で楽しく暮らしています。子供の成長を写真やビデオで撮っては、遠方に住む両親に送り、孫の成長を少しでも身近に感じてもらおうと思っています♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。