妊娠・出産・育児の情報サイト


上手に生んであげられなかったけれど、生まれてきてくれてありがとう

f:id:akasuguope02:20150706233815j:plain

妊娠39週目の検診で、「相変わらず、母体&胎児ともに異常なし」医師からのお墨付きをいただきました。

ただ、子宮口が全然開いてなかったので、病院のすぐ近くにあるデパートの階段をひたすら上れと指示をされました。

39週というとお腹がMAXに大きく、息苦しさを感じるようになっていました。にもかかわらず、お医者さんからの容赦ない指示。正直「鬼だぁ・・・」と思いました。帰りがけに、お医者さんから一言。「陣痛は待っててもこない。自分で起こしなさい。」

 

素直だけが取り柄の私は、お医者さんの指示通り、デパートの階段を1階から8階まで、ひたすら昇りました。8階まで行ってはエスカレータで1階まで下り、また階段で8階まで昇る。ひたすらこの繰り返しです。

さすがに1時間ぐらいで限界を感じて、トイレによって帰ろうとしたところ、デパートのトイレで微量の出血を確認。おぉ、これが噂のおしるしね!いよいよ始まるのね!一緒にいた母親と大はしゃぎしました。

 

ところが、家に帰っても陣痛ははじまらず・・・

お腹の張りは感じるのですが、いくら待っても激しくなりませんでした。

結局、2日が過ぎても陣痛ははじまらず・・・

次第に胎動が少なくなって不安になってきました。

でも、妊婦さん向けの雑誌を読むと「陣痛が近づくと、胎動を感じにくくなる」との記述が!

やっぱり近づいてるのね!のんきに構えていました。

 

おしるしらしき出血から3日目。予定日も近づいていたので、今の状況を伝えようと病院に電話をしました。すると、念のため入院の準備をして病院に来てくださいとのこと。病院に到着するなり、身体のいろんな所に機械をつけられました。でも、特に異常は見当たらず。

病院に到着して1時間後、うとうとし始めた頃に、看護師さんが3人バタバタと入ってきました。

何事?!と思ったら、胎児の心拍が低下しているとのこと。急に不安になりました。でも、すぐに元通りになったので、病室でぐーすかぐーすか熟睡していました。

明け方の4時半。また看護師さんがバタバタと入ってきました。胎児の心拍が再度低下したので、緊急帝王切開をするとのこと。あっと言う間に、手術室に運ばれ、裸にされて、手術が始まりました。緊急だったからなのか、全身麻酔は全然きいていませんでした。お腹にメスを入れるのも、皮膚をひっぱるのも、ちくちく縫うのも、全部感じました。

はい。尋常じゃなく痛かったです。陣痛の痛みだと思って、ひたすら耐えました。

 

30分ぐらいで無事手術は終わったのですが、我が子は重度の脳性まひで生まれました。臍帯や胎盤、遺伝子にも異常はなく、今でも原因は不明です。

もっと早く病院に行っていたら違ったんじゃないか、階段を上りまくったのがいけなかったんじゃないか、いろんなことを後悔しました。

でも、娘が1歳になって思うのです。上手に生んであげられなかったけれど、生まれてきてくれて本当にありがとう、と。

娘には重度の障害がありますが、生んだことをこれっぽっちも後悔していません。恐縮ですが、先輩ママとして出産を控えている方に2つアドバイスをします。

1つ目。少しでも不安に感じたら、病院に連絡をしてください。

赤ちゃんを守れるのは、お母さんしかいません。

2つ目。胎児の障害を怖がらないでください。

どんな子が生まれても、我が子はかわいいです。

きっと、大丈夫。いい子が生まれます。

f:id:akasuguope02:20150706234013j:plain

著者:幸せママ
年齢:33歳
子どもの年齢:12ヶ月

妊娠前まではシステムエンジニアとしてバリバリ働いていました。子どもの障害のこともあり、退職せざるを得なくなりましたが、自宅で仕事を少しずつはじめています。そして、今は2人目を妊娠中です。前向きに、子育てを楽しんでいます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。