妊娠・出産・育児の情報サイト


予想外のマタニティ婚、ドレスは2サイズ上をキープして大正解!

f:id:akasuguope02:20150707001018j:plain

まさか自分が妊婦として結婚式を挙げることになるとは思ってもいませんでした。

もともと挙式、披露宴はしなくてもいいだろうと入籍をした私たち夫婦。でも、生活を始めてみて「きちっとした区切りがあった方がいいのでは?」「お世話になった人達に改めてお礼を伝える機会になるのでは?」と考えが変わっていきました。

 

結婚式場は4か所見学をし、その中の1つに決めて4か月後に結婚式をしようと打ち合わせを始めたのですが・・・。

なんとそこで私の妊娠が判明!しかもすでに4か月になっていたのです!出産の時期を考えると、結婚式は打ち合わせしていたより1か月は早い方がいいということで、急きょスケジュールを変更することに。すると、残念なことに打ち合わせしていた第1希望の式場は日程が合わないという事態に!

仕方なく第2希望の式場に問い合わせると、こちらはぎりぎり大丈夫というお返事が。

優先すべきは日程、になってしまったのでその第2希望の式場で行うことになりました。

 

第2希望の式場で打ち合わせを始めてみると、私たちの男性担当者の奥様も妊婦さんで、私たちの結婚式より2週間ほど前が出産予定日とのこと。

そんな事からお互いにぐっと親近感がわいて、打ち合わせのたびに奥様の様子、妊婦さんの大変さ、お子さんが無事に生まれてからは赤ちゃんの様子、育児の話などを聞いていました。

 

その担当者さんをはじめ、式場のスタッフの方が妊婦さんの結婚式には慣れていらっしゃるので困ったことは全くなく、どうするんだろうと思っていたドレスについても、5か月(20週)で試着をしてレンタルに決めたのですが、その段階で同じデザインの2サイズ大きなものもキープして下さり、披露宴前日(7ヶ月・27週)に最終フィッティングをして微調整をしてくれました。

最初の試着の時には「2サイズも大きくなるの??」と私は思っていましたが、お腹がぐぐっと大きくなり始めた時だったので「さすがだなぁ」と思いました。ただドレスのデザインと私自身のお腹の出かたもあり、ぱっと見た感じでは妊婦だとはわからない姿でした。

 

当日は早朝からの支度でしたがスタッフの方のお心遣いもあり、体調が悪くなったりひどく疲れたりすることもなく、楽しく過ごすことができました。

家族、親せき、本当に親しい友人を招いた結婚式にしたので、事前に全員が妊娠していることを知っていました。ですから敢えて「お腹に赤ちゃんがいます」という事は出しませんでしたが、多くの祝福を頂いて幸せな1日になりました。

今言えるのは妊婦でも結婚式しておいて本当に良かったです。

f:id:akasugu:20150427204553j:plain

著者:さっちゃん
年齢:38歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

15年ほど勤めた会社を辞め、現在は育児に奮闘中。心のエネルギーチャージは大好きなロックンロール!ただ、子供が生まれてから簡単にライヴに行けないのが悲しいところ。学生時代から仲良しの先輩ママやおしゃれで活動的なママ友に刺激を刺激をもらってます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。