妊娠・出産・育児の情報サイト


母子別室のメリットは、上の子とゆっくり過ごせること…のはずが!?

f:id:akasuguope02:20150707001328j:plain

最初から母子別室を希望しました。なぜなら、上の子も一緒に入院できる部屋にしていたからです。下の子が生まれると、どうしても上の子が赤ちゃん返りしたり、やきもちを焼いたりすると聞いていました。最後に上の子とゆっくり過ごす期間だと考えて母子別室を希望したんです。

 

出産したのが夜だったので、その日を合わせて合計5日間入院しました。出産の日は上の子を姉に預かってもらっていたので、その日は個室に夫と私で過ごしました。

翌日から上の子も一緒に入院しました。保育園へ通っていたので、夜だけ家族3人で過ごす予定。でも、産まれた赤ちゃんを預かってくれているナースステーションへ、上の子がずっと様子を見に行くんです。

「○○ちゃんは?」「今何してるの?」「おっぱいあげなくて良いの?」

一緒に入院していても、下の子の話かしません。当初は母子別室でということだったのに上の子がいる間はほとんど家族4人で過ごしました。

 

「家族3人で過ごす最後の時間だから」と考えていた私は拍子抜けです。上の子は赤ちゃん返りすることもなく、下の子ばかりを気にして私が蚊帳の外。

 

母子別室だったメリットは、日中のお世話を助産師さんがしてくれたので上の子の面倒をしっかり見られたこと。デメリットは下の子も気になって様子を見に行く回数が多くなり、授乳のタイミングも合わないことがあったことです。産後2日から胸が痛いくらい張って母乳がたくさん出たので、授乳にプラスして搾乳をしていました。張っていても赤ちゃんが寝ているというときがあり、数回タイミングを逃してしまったことが後悔でした。でも、「二人の子供の母」になって、初めて二人の面倒を見ることになり正直不安もありましたが、母子別室で上の子も下の子もバランスよく見ることができたと思っています。二人のママになるには良い準備期間でしたし、上の子も「妹ができた」という事実を5日間でしっかり受け止めてくれたので、母子別室にして良かったと感じています。

 

入院費用は、1泊8,000円の部屋でした。母子別室だったので預かり費用もかかるのだと思っていましたが、その産院では別室でもお金はかからないのだそうです。

f:id:akasuguope02:20150604233017j:plain

著者:みみこ
年齢:26歳
子どもの年齢:4才10ヶ月と1才1ヶ月

2010年に男の子を出産し2014年、3学年差の女の子を出産しました。2度出産を経験したもののどちらも安産。トラブルもなく子育てを楽しんでいます。趣味はモノづくり。絵や工作、手芸や料理などが好きです。長男とは一緒に、戦隊ヒーローになりきって遊んでいます。早く下の子が大きくなって、お人形で遊んだりおままごとをしたり・・・将来が楽しみです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。