妊娠・出産・育児の情報サイト


8ヶ月で逆子に!体操、骨盤ベルト、鍼治療…逆子対策あれこれ

f:id:akasuguope02:20150707002227j:plain

これまでに2回出産を経験しましたが、二人目のときに「逆子」を体験しました。7ヶ月に入ったときの健診で「赤ちゃん、頭が上にきてるね~」と先生に指摘されて。「次の健診でも同じ状態だったら、逆子体操をしないとね」と言われました。

 

そして、8ヶ月に入ってすぐに健診。特にこの1ヶ月何もしていなかったけど、お腹の赤ちゃんが無事下に頭が来ていて一安心! と思っていたら…

健診の数日後、普段は痛いくらい暴れまわっているのに、急にその日は胎動が感じられなってしまって。不安になった私は急遽病院へ。結果、赤ちゃんは元気だったのでホッとしましたが、なんとまたもや逆子になっていると言われました。私は里帰りして出産する予定だったので、もしも次の健診のときも逆子のままだったら、里帰り先の病院に連絡して、もしかしたら帰省を早めないといけないかも…と説明をされ、すごく焦りました…。

「ひとまず、赤ちゃんが左にいるから、右側を下にして横になって寝てくださいね」と先生にアドバイスをもらったので、その夜からお腹に話しかけながら、ひたすら右側を下にして寝ましたよ。

 

自治体が主催しているファミリークラスに参加したときにも逆子のことを相談したら、朝と寝る前にしっかりと骨盤調整をし、トコちゃんベルトを毎日つけることを助産師さんに命じられました。ネットで逆子体操を検索して、気付いたらその体操をしたり…自分なりに出来る努力はしましたね。そして迎えた、次の健診。無事、逆子は治ってました! もうこれ以降はくるっと回る可能性は少ないから安心していいよ、とは言われましたが、それでもしばらくは不安でしたけどね。

 

ちなみに、同じように逆子で悩んでいた友人は周りにもたくさんいて、出産直前にすがる想いで鍼灸院に行き、鍼治療をしてもらったら逆子が治った子も。

余談ですが、ある大きな病院に通っていた友人は、妊娠後期まで逆子だったのに、特に病院では体操などの対策を教えてもらえなかったそうです。質問しても「自然に治ることもあるから、何もしなくていいですよ」と言われるだけで。不安に思った友人は、全国的に有名な助産師さんのもとに駆け込み、まさにお腹を押しながら調整しながら、ぐいっと赤ちゃんの向きを治してもらったとか! 

大病院の中には、逆子でもあまり積極的に治そうと努力しないところもあるんだそうです。もしも逆子で悩んでいる妊婦さんがいたら、病院だけに頼らず、いろいろな手段を調べて試してみてくださいね!

著者:えみきゅ
年齢:36歳
子どもの年齢:長男4歳、長女1歳

慎重派の息子と大胆な娘に翻弄される日々。現在、第三子を妊娠中。ありとあらゆる育児法を勉強&可能な限りチャレンジしてきたつもり。三人目の今回こそ、スリングを使った育児をしよう!と今から楽しみにしている。最高に辛かった悪阻期間がほぼ明けたので、これからはアクティブに安定期以降を過ごそうとワクワク中!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。