妊娠・出産・育児の情報サイト


両親学級で習ったことは全て飛んでしまった夫。立ち会い出産記録

f:id:akasuguope02:20150714214533j:plain

妊娠が判明してから、主人と色々話をして立ち会い出産を決めました。でも、いつ陣痛がくるかわからないし・・・と心の中では思っていたけど、一人よりも心強いかなという気持ちと、今後の為にも立ち会いをしていた方が主人も子育てを積極的にしてくれるかなと。立ち会い出産の場合は、両親学級というものが前期と後期にあって、それに夫婦で参加しないとできないといわれ、主人に伝えたらスケジュールの方を合わせてくれて、前期、後期ともに一緒に参加してくれました。この学級に参加しないご主人もいるという話を聞いて、うちは参加してくれる人で良かったなぁとシミジミ思ったのを覚えています。出産予定日3日前の夕方に陣痛がきて、すぐに病院に行きました。

 

主人はまだ仕事中だったので、私の両親に付いてきてもらいました。じきに主人が駆けつけてくれましたが、ドアを開けた瞬間、主人はとても緊張したようで、顔が引きつっていました。陣痛がきて私が苦しみ出すとどうしよう?という感じで夫もうろたえていました。事前に両親学級で習ったことなどすっかり忘れてしまったようですが、看護師さんに「背中をさすってあげて」とか「汗を拭いてあげて」などと言われ・・・やっと思い出したみたいです。私は陣痛が強くなるにつれて、主人の言葉も行動もほとんど届かなくなってしまいましたが、それでも「頑張れ!」と何回も言ってくれたことは覚えています。後から主人に話を聞いたら、私があまりにも苦しんでいたので本当にどうしていいか分からなかったと言っていました。

 

一人で出産をしていたら、きっと心が折れそうになっていたかもしれません。立ち会い出産でいい経験をすることができました。結局、出産をするまえ8時間程かかったけど、そんなに長い時間だったとは感じなかったのが実際のところです。立ち会い出産をすると旦那さんが妻を女性として見れなくなるという噂を耳にしたことがありますが、出産を1人でするのは絶対に心細いです。立ち会い出産にして、本当に良かったと思います。

f:id:akasuguope02:20150608225821p:plain

著者:トミイ
年齢:31歳
子どもの年齢:1歳5ヶ月

なかなか子どもが授からなかった私たち夫婦にとって、わが娘は天使ちゃん♪ほんっとーに可愛くて可愛くて・・・もうどうしましょって感じです♪眼の中に入れても痛くないってこのことですね~!娘さえいてくれればあとは何もいりません!はい、旦那もね☆・・・おっと、ウソウソ。旦那さまも大切です・・・(汗)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。