妊娠・出産・育児の情報サイト


過ぎればあっという間…!離乳食は手抜きして楽しく♪

f:id:akasuguope02:20150727225751j:plain

5~6カ月ころから離乳食開始とされていますが、

「はじめたら大変だからなるべく遅めに開始した方がいいよ~」

と先輩ママの助言もあり、ゆっくりはじめようと思っていました。

 

我が家のベビーは5カ月頃から口をもごもごさせはじめ、誰かがなにか食べているのを一生懸命見るようになってきました。

そこで、これはいよいよか、と重い腰を上げることに。

生後6カ月の日から離乳食を開始しました。

 

まずは10倍粥から。

ご飯をお粥にしてさらに茶こしでこしたもの。

初日はスプーン1さじ分。口元にスプーンを持っていっても口を開けないので、ねじ込む形に。

うまく口に入ったなと思った数秒後「べぇ~」と全部出して、その場にいたばぁばたちの笑いを誘っていました。

当の本人は終始きょとん顔。次の日からは上手に口を開けてパクリ。思っていたより上手に食べてくれました。

 

徐々に10倍粥の量が増えていって、食べることが好きになっていったようす。

泣いていてもご飯を口元に持っていくとすごいかぶりつきよう。

だんだんご飯以外の野菜やお肉なども食べていくようになりました。

そうなってくると離乳食作りも結構手間がかかります。

そこで私は先輩ママから教わった離乳食の冷凍保存を実践。

 

お芋や人参、葉物など小さく切ってそれぞれを茹でておいて、氷を作るプラスチックの容器に入れて冷凍。

そうすると使う分だけ(1ブロック)だけ取り出せるので簡単。

スープにしたり、お粥に混ぜてみたり、組み合わせを変えればバリエーションも増えるのでおすすめです。

お粥も同じ方法で保存していました。

 

なるべく手作りを心がけていたけれど、ベビーフードも活躍してくれました。

先輩ママの、「自分で作るよりいろいろなものが入っていて栄養とれそうじゃない?」とのお言葉に大納得。

確かにおいしそうなものがたくさんあるし、使っている食材もバリエーション豊富。

時間がないときや外出先ではとても重宝しました。

 

なにかと面倒な離乳食作りですが、過ぎてしまえばあっという間。

日々、レパートリーに悩んだり、栄養バランスに悩んだりするのはきっとみんな同じこと。

そんな悩ましい離乳食期間ですが、新しい食材を食べて変な顔をするところや、お気に入りの食材にがっつく姿などが見られるのはとても楽しいものです。

ベビーフードや冷凍保存でいい感じに手抜きをして、ベビーとの離乳食タイムを楽しんで過ごせるといいですね。

 

f:id:akasuguope02:20150611000547j:plain

著者:ノンちゃん
年齢:38歳
子どもの年齢:1歳10か月

元へっぽこ編集者。旅行や留学、アイドルや宇宙人などさまざまな分野の雑誌や書籍に携わるも、当時積み重ねた知識はどこへやら…。現在は頼まれればなんでも書いちゃう、へっぽこライターをほそぼそとしながら、子育てに奮闘中。訳あってシングル実家暮らしのアラフォー母ちゃんです

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。