妊娠・出産・育児の情報サイト


一人目はラーメン、二人目は病院食…。体重管理で大切なのは食事と実感

f:id:akasuguope02:20150728103706j:plain

妊娠すると体重管理って本当に大変なんですよね。

 

妊娠中は太りやすいって聞いたことありましたが、食べたもの食べたもの、すべて身についていくような感覚で、体重も増えていきます。

 

私も1人目妊娠したときそうでした。妊娠するとそれと同時か、また少しあとにつわりが来る人が多いと思うのですが、このつわりの時期も意外と体重が増えるのです。

 

何となくつわりっていうと気持ち悪くて食べられなかったり、食べても吐いてしまうイメージがありますから痩せるような気がしますよね。実際痩せる人も多いのは事実です。

 

しかしこれは吐きつわりと呼ばれるもので、つわりには別に食べつわりというものがあります。

食べつわりとは食べないと気持ち悪くなってしまう、何とも厄介なものなんです・・。

 

特に私の場合気持ち悪くなるとこってりしたものを食べないと落ち着かないつわりだったので、ラーメンなどのこってりした汁物を良く食べていました。

 

つわりで動けないのに、こんなカロリーの高いものばかり食べていると太ってしまうという気持ちもありましたが、つわりは毎日のことなので体重管理を考えている余裕はありませんでした。

 

 

そしてつわりがおさまってからは毎日体重計とのにらめっこです。妊娠から出産までは7~10キロくらい体重が増えるのがベストと聞いていたのに、気を抜くと1週間で1キロ増えてしまうのです。それぐらい妊娠中は太りやすかったです。

 

しかもうちの主人は太ることにとても厳しい人なんです。

 

「足が太くなったんじゃない?」とか「顔が丸くなったんじゃない?」とかこちらの苦労も知らずに、毎日のように小言を言われ、その度に絶対太らない!!と決心したものです。

それで夜は毎日ウォーキングに出かけ、食事も食べすぎないように気をつけ、最終的には何とか10キロくらいの増加で抑えられ、出産となりました。

 

このように1人目の出産のときの体重管理は意外と大変でした。

 

しかし2人目の妊娠のときは、妊娠7か月から出産まで約3か月間入院になってしまったのですが、ベッドで寝たきりだったにも関わらず、体重がほとんど増えなかったのです・・。

 

最初は妊娠中は後半になるとますます太りやすくなるので、入院となってしまった私はきっとおでぶちゃんになってしまうのだろうと覚悟していたのです。

 

しかし・・

 

恐るべし〝病院食”です。

 

毎日朝、昼、晩しっかり食べ、全く運動もしていないのに体重が増えないなんて本当にびっくりでした。

これは私だけでなく、入院している妊婦さんはみんな言っていました。

やっぱり体重管理に一番大切なのは食事なんだとしみじみ思いました。

 

カロリーさえしっかり考えれば、十分体重管理はできるのです。

f:id:akasuguope02:20150728104018j:plain

著者:ささちゃん
年齢:39歳
子どもの年齢:5歳と1歳

現在5歳の娘と1歳の息子を育てています。 主人はダイエットにうるさい人なので、私が少しでも太ると口うるさく言ってきます。その都度心の中では 「うるせ~ボケ!!」と叫んでいますが、主人が口うるさいせいで、今もダイエットを頑張れています(笑)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。