妊娠・出産・育児の情報サイト


実母VS義母!? 喪中でお宮参り、で一悶着

f:id:akasuguope02:20150728115642j:plain

赤ちゃんの初めてのイベントといえば、生後一ヶ月に行う「初宮参り」。

 

私は出産が12月だったので、一ヶ月後の1月に宮参りに行くのは季節的にも、自分の体調を考慮しても厳しいなと思い、ちょっと落ち着いてからでいいかなと決めかねていました。

そもそも初宮参りって何なんだろう…ちょっと面倒だな…くらいの気持ちだったことも白状しておきます。

 

そんな中、私の母は「○○ちゃんの初宮参りいつするの?百日参りっていうのもあるみたいだし3月の連休の頃にしたら?」とせっついてきました。

なぜ3月、と指定してきたかというと、兄のところにも赤ちゃんが生まれる予定で、その頃だったらまた生まれてくる孫の顔を見に上京するから、という理由でした。

そんな自分の都合ばかり優先されても…と微妙な気持ちになったのはいうまでもありません。

 

更に事情をややこしくする事案もありました。

出産する数ヶ月前、夫の祖父が亡くなり、出産するほんの2週間前には私の祖母が亡くなりました。

私は全く知らなかったのですが、親戚に不幸があった場合、神社で参拝したり、鳥居をくぐってはいけないという言い伝えがあるのだとか。

だから祖父、祖母が亡くなって喪中であるからには、赤ちゃんの初宮参りは避けたほうがよい、私の母が同席したい、というのもやめた方が…と義母に諭されたのです。

 

私の実家はそのような信仰心もなく、慣習に拘る家庭でもなかったので、その説を耳にしたのも初めてでびっくりしました(田舎では常識だといわれてしまいましたが…)

 

とにかく、母と義母の主張が全く噛み合わない上に、伝言ゲームをしてもますます話がこんがらがりそうだったのでひとまず母には「喪中だから神社に行くことをあまりよしとされていない、少なくとも一緒に初宮参りに来る、という話はなかったことにしてほしい」とお願い。

 

そのあと義母に、「母が来るという話はなしになり、私たち夫婦だけでいくことにします」と折衷案を提案。

義母もそれには納得してくれて、無事に初宮参りを済ませることができました。

 

義母にしてみたら、自分は同席することを遠慮しているのに、私の母が来るというのは納得いかないかもな、と今になると理解もできます。

また、赤ちゃんが生まれるというのは家族の結びつきやあり方を一段と変化させるものだなとも強く感じました。

 

ひと悶着あった初宮参りですが、生後2ヶ月半ほど経った3月の上旬に行うことにし、私たち夫婦&カメラマン役で友人にも同席してもらい、つつがなく終了。

何かとあわただしい場ですが、赤ちゃんはおめかしもしてたくさんシャッターチャンスがあるので、夫婦だけで行く予定の人は是非お友達に撮影してもらってください!

 

f:id:akasuguope02:20150604101412j:plain

著者:真貝友香
年齢:35歳
子どもの年齢:2歳

携帯電話向け音楽配信事業にてマーケティング業務に従事した後、 退職後、あっという間に妊娠・出産。ちょっとした行きがかりから産後1ヶ月でライター活動を開始し、 主に子育て関連の記事を執筆。お酒を飲むことと映画を観ることが何よりも好き。 90年代のトレンディドラマとJポップの話を振ると延々と喋り続けます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。