妊娠・出産・育児の情報サイト


【子連れ旅行】1歳5ヶ月児と行く!九州・阿蘇のんびり旅行(後編)

f:id:akasuguope02:20150814074617j:plain

「温泉に浸かってゆっくりしたい」。


1歳児の子育てから最も遠い場所にある「温泉でのんびり」を実現するため、露天風呂つきコテージを予約して子連れで阿蘇・くじゅう旅行に出かけました。

名所にはあまり行かず、天候とその日の息子の様子で行き先を決めたら、割とのんびりと楽しむことができました。


【2日目】
この日の天気は曇りのち雨。

花畑などの屋根の無い屋外に行くと確実に後悔しそうだったので、近くの体験型ファームに出かけることにしました。

途中にふらりと寄ったあざみ台展望所は、阿蘇・くじゅう山系の両方を芝生の広場から望めて、しかも無料なので子連れの休憩に最高です。

ガンジーファームは様々な動物にエサやり体験ができたり、観光に飽きた子ども向けに遊具があったり、ボーっ…と牛を見られたりと、こちらも家族連れが1日楽しめる施設でした。

事前予約でもっと色々な体験ができそう。

息子は恐る恐るヤギやうさぎにエサをやり、人生初のソフトクリームを堪能してご満悦でした。

 

ガンジーファームでの昼食後、湿地やビジターズハウスのある長者原に息子を昼寝させがてらドライブへ行くも、まさかの大雨。

無理せず宿に撤退して、夕食まで温泉タイム。

目が覚めた息子は退屈!外に出たい!とぐずりましたが、なんとか露天風呂で遊ばせてなだめて、小降りになったところで近所を散策。

 

夕食は車で10分のやまたけさんへ。

ここがまた何度も行きたい程、子どもに優しく、お料理が美味しいお店でした。

周辺も自然豊かで、心も体もフル充電。

宿に帰って、息子が寝たあとはまた温泉とビール。

最高。


【3日目】
最終日も天気は曇り。

私がどうしても行きたかった長者原に行けて一安心。

出産前からくじゅうには何度も登山で訪れていたので、その地に息子と来ることができて感無量!

いつか法華院温泉(登山道を登らないと行けない)にも子連れで行きたいな。

夫のメジャーどころも行きたいという意見で最後に寄ったのは、川底からの高さとつり橋の距離が日本一の規模を誇る九重“夢”大吊橋。

私と夫は足がすくみましたが、息子は多分「これが吊橋である」ということに気づかないままでした。

そんなもんだよね。

 

長々とお付き合いいただきましたが、この旅行で気づいた「1歳児連れでも旅行が苦にならないポイント」は3つ。

 

☆ポイント

・適度に昼寝、適度に散歩で子どもにも無理のない旅行に

・子どもが騒いではいけない施設は最初から避ける

・行きたい場所はできる限り絞り、天候と子どもの体調を最優先にするとストレスのない旅行に

 

旅行ではついついあちこち行きたくなるものですが、大人だけの旅行とは全く違うことを念頭に子ども中心の予定を組むと、その不自由さを逆に楽しむことができます!

今回我が家としては割と思い切った出費でしたが、ストレスも解消され、記憶に残る旅行になりました。

まさに思い出はプライスレス。皆さんもぜひ楽しい旅行を!

f:id:akasuguope02:20150814073820j:plain

著者:namikibashi
年齢:30歳
子どもの年齢:5歳と3歳

転勤族ママ。子ども出産後、すでに転勤は3ヶ所目。荷造りのプロになりつつあります。現在は都会に住んでいるので、日常会話でうっかり方言が出てしまわないよう苦心しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。