妊娠・出産・育児の情報サイト


1歳4ヶ月ではじめて叔母と対面。血のつながりを感じた感動の対面シーン

f:id:akasuguope02:20150817144619j:plain

夫には海外留学で家をあけている妹がいました。

お義母さんとはよく国際電話で話をしていたみたいだけど、夫の実家と離れて暮らしていたのであまり接点がない状態が続きました。

妊娠が分かりお義父さんとお義母さんに報告。お義母さんから義理の妹に連絡が行きおめでとうのメッセージもいただきました。

 

それから出産しましたが帰国の予定がなかったためなかなか姪っ子を合わせる機会に巡り合えませんでした。

娘が1歳の誕生日を迎えるころ、帰国の準備を進めているという連絡があったのです。

もうどれくらい合っていないのか分からないくらい久しぶりで、義理の妹に娘を合わせる事がとても楽しみでした。

1歳を迎えたばかりだったので、言葉で伝えても到底分からず、理解していないと分かっていても「3月に○ちゃんが帰ってくるんだよ。初めて会うから楽しみだね」と話し、妹の呼び方の練習を続けました。

 

当日はお義母さんが手料理を作ってくださり、初めての対面ということもあって娘はワンピースでおめかし。

私もちょっと緊張気味でした。

駅に着いたと連絡があり、ドキドキしながら待っていると玄関を開ける音。

娘はその音に反応し叔母さんにあたる義理の妹を迎えにいったのです。

 

お互いにどういう風に挨拶するんだろう。

最初の言葉は?初めて会った感想は?

などと考えていましたが、今まで練習していた妹の名前を口にし、「○○ちゃん(にこっ)」とほほ笑む娘。

「ただいま」と前から知っていたかのように挨拶をかわすと、娘は義理の妹に寄り添い当たり前のように手をつないだのです。

 

その動作の自然なこと。

初対面と思えないくらい自然に手と手を合わせたのが印象的で、その自然な立ち振る舞いを見て私の目には涙が。

血がつながっているというのはこういう事なのかと胸が熱くなった瞬間でした。

 

その後は毎日一緒にいたかのように、娘の遊び相手をしてくれたり、娘も義理の妹である叔母に心を許している姿を見て、お義父さんもお義母さんも夫も私もみんな「初対面とは思えないよね。やっぱり血のつながりってあるんだね」と改めて感じたのです。

育児をしていると初めての事が出来た時など感動しますが、今回の対面シーンは運命を感じた瞬間として今でも心に残っています。

f:id:akasuguope02:20150721023358j:plain

著者:心美
年齢:37歳
子どもの年齢:2歳4か月

2歳4か月の女の子を持つママです。2人目妊娠を希望し、ただいま妊活中。趣味は娘と週末にお菓子作りをして楽しんでいます。将来は女の子向けの洋服のデザインをプロデュースしたいなという密かな夢が。夢の実現に向けて勉強中です。 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。