妊娠・出産・育児の情報サイト


一筋縄ではいかない!1歳7ヶ月から3歳までかかった、長男の断乳物語

f:id:akasuguope02:20150819064406j:plain

●1回目の断乳

我が家の長男はおっぱい大好き。

離乳食をあげても「オレ、おっぱい派だから」と、ほとんど食べないほどでした。

そんな長男の断乳の日は、突然やってきました。

下の子を妊娠していることがわかったからです。

母乳をあげると子宮が収縮しやすくなり、特に妊娠初期は授乳しないほうがよいと聞いたことがありました。

そのため、すぐに産婦人科に連絡し、長男の出産時にお世話になった助産師さんに相談。

長男の出産前に3回もの流産経験のある私は、念のため授乳しないほうがよいだろうとのことでした。

 

この時、長男は1歳7か月。

おっぱい大好きの長男になんて伝えよう?

ものすごく悩みました。

 

私からではなく、夫から長男に話してもらうことにしました。

夫は長男の大好きな公園に連れていきました。

帰りがけに、夫はこう伝えたそうです。

「ママね、今おなかが痛いの。おっぱいあげるともっと痛くなっちゃうんだって。だから、今日でおっぱいバイバイしようと思うんだ。どうかな?」

長男の答えは意外にも「うん!わかった!」と明るく答えたそうなのです。

 

そしてその夜、長男は夜の星空に向かって「おっぱいバイバーイ!」と叫んでいました。
なんて健気なんだろう…と涙がでました。

意外にもあっさり断乳できたのです。

 

●おっぱい再開!?

それから10か月。妹が生まれました。

妹が生まれた日、長男が病院にやってきました。

長男は妹を見た途端、照れくさそうに笑い、「ママ、抱っこしてあげれば?」と言いました。

 

しかし、赤ちゃんが泣きはじめて授乳しようとした時です。

長男は突然「ぼくのおっぱい!」と叫びました。

退院後も夜中の授乳の度に起きては「ぼくのおっぱい~!」と泣くのです。

 

そうか…とても我慢させていたんだな…と反省しました。

いっぱい抱っこしてあげたり、遊んであげたり、あらゆることを長男中心にしました。

「おっぱいより美味しいジュースにしようか?」とジュースをあげたりしてごまかしたりもしました。

でも授乳の度に「ぼくのおっぱい~!」と泣くのは止みません。

 

専門家の方に相談しました。

そして長男にも「おっぱいをあげよう」と決めました。

「おっぱい、飲む?」と聞くと、

長男はうれしそうに飲み始めました。

長男、2歳3か月にしておっぱい再開。

右のおっぱいは長男、左のおっぱいは赤ちゃん

まるで動物の親子です。

なんでこんな状況に?(涙)

やはり、本人がしっかり納得して卒乳しないとダメなんだな…。

苦悩の日々が続きました。

 

●こんどこそ卒乳へ!

涙を流しながら二人同時に授乳をすること8か月。

おっぱいも抱っこも遊びも長男を優先。

赤ちゃん返りも落ち着いてきました。

 

そこで、長男の3歳の誕生日で卒乳できるように、誕生日2か月前から準備開始。

「3歳の誕生日にバイバイする?」

「いやだ」

「そっか~、そうだよね」

はじめは、こんな感じの会話が続きました。

そのため、次の作戦。

できるようになったことを、沢山見つけては褒めてあげました。

「ひとりでコップにお水入れられるようになったね~!」

「ピーマン食べられるようになったね~!」

「長い滑り台なのに滑れたよね~!」

すっかりお兄ちゃん気分になった長男。

自分から「3歳でバイバイする」と言ってくれたのです。

 

そして3歳の誕生日。

「今日、お誕生日だね」と私が言うと、

「うん、おっぱいバイバイだね」と長男。

すっきりと、おっぱいから卒業していきました。

やっぱり本人がしっかり納得することが大事なんだな。

そんな長男も今や小学2年生。

 

私は現在、3人目の赤ちゃんに授乳中。

おっぱいをあげていても、長男は見向きもしません(笑)

赤ちゃん返りも一切なく、赤ちゃん返りする5歳の妹を慰めて、抱っこしてあげたりしています。

 

あの頃の悩みが嘘のよう。

でもあの時、真剣に長男と向き合ってよかったと、今改めて思います。

f:id:akasuguope02:20150819064534j:plain

著者:SANA
年齢:40歳
子どもの年齢:7歳10ヶ月・5歳6ヶ月‣0歳9ヶ月

3回の流産を経験し、出産をあきらめかけていたなかで、奇跡の妊娠。無事長男を出産。その2年後には長女出産。39歳にして次女も出産し、いつのまにか3児のママに。子どもが増えるととに幸せも増加。しかし、それに比例して体重も順調に増加中。産後ダイエットとして、地味に踏み台昇降に励む日々。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。