妊娠・出産・育児の情報サイト


妊娠3ヶ月くらいからなんとなく苦しい!妊婦のお仕事服は「レギパン+とんがり靴」で勝負

f:id:akasuguope02:20150825001354j:plain

妊娠3ヶ月頃から、見た目はあまり変わらなくても、おなか周りをしめつける服はだんだん着づらくなってきます。

ゴムウエストのスカートやニット素材のレギンスでも、普通のウエストまでのものだと着ているうちにおなかが苦しくなってきたな、と思った4カ月の頃、私は通販でマタニティボトムスを買いました。

マタニティボトムスはおなかまわりを大きく取り、ウエストより上にはき口が来るようにデザインされていて、おなか部分はニットやカットソーなどの伸縮素材を使っているものが多いです。

私が買い足したのは、マタニティ仕様の黒いタイツ1本と、部屋着用のレギンス2本、柄物のレギパン2本、無地のデニム1本。初春の頃で、まだ寒い日が続いていたこともあり、パンツを中心に選びました。どうせマタニティ期しか着ないものなので、ニッセンなど安価な通販サイトを利用しましたが、柄違い・色違いのまとめ買いでさらに安くなったりするので、なかなかお得にお買い物できたと思います。

買うときに気をつけたのは、おなかまわりのサイズが調整できるかどうか、というところと、脚部分がぴったりしているかどうか。妊婦といっても、急に大きくなるのはおなかまわりだけで、太ももから下は意外と変わらなかったりします。

おなかまわりをあまり目立たせたくないとなると、トップスはどうしてもゆったりしたものを着ることになるので、ボトムはぴったりサイズで細い部分を強調した方がバランスよく見えます!

レギンスタイプのパンツは本体もストレッチが効いていることが多いので、単にLとかMというサイズで選ぶのではなく、商品の実測サイズまでよく見て選ぶのがポイント。大手通販ブランドは口コミも充実しているので、細かくチェックするといいと思いますよ。

元々パンツ派で、ゆったりトップスにぴったりボトムスという組み合わせが定番だった私の場合は、マタニティボトムスに変えても6カ月くらいまでは周りに気づかれませんでした。いかにも妊婦、というチュニックスタイルにはしたくなかったので、春先になっておなかが目立つようになってからも、さらにホワイトデニムを買い足したりしてパンツスタイルを楽しみました。足元はフラットシューズでも、つま先がとがったタイプの靴を選ぶのも、お仕事着のポイントかもしれません。

ちなみに、同時期に妊娠したスカート派の同僚は、伸縮する素材でウエストより上位置をマークするワンピース中心のコーディネートに変え、タイツやストッキングだけマタニティタイプに変えて乗り切っていた模様。

普通のパンツやスカートのウエストの留め具部分を外して付け足す腹巻きタイプのアジャスターもいろいろ出ているので、ワードローブを総入れ替えしなくても、手持ちの服で長く楽しめるスタイルを探すのがおすすめです!

f:id:akasuguope02:20150715075234j:plain

著者:中村ユイ
年齢:35歳
子どもの年齢:妊娠9カ月

アパレルメーカーを中心にマーケティング・プロモーションの制作担当としてキャリアを積み、WEBメディアの編集者に。仕事一筋の人生を送る予定が奇跡的に結婚。順調に妊娠までしてしまい、当初の予定とのあまりの違いにおろおろする日々。妊娠してみて、一番辛いことはお酒が飲めないこと…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。