妊娠・出産・育児の情報サイト


母乳だけで本当によいのか…?私の感じた完全母乳のデメリット

f:id:akasuguope02:20150828074749j:plain

現在1歳7か月の息子を完全母乳で育てました。

最初の頃こそ「おっぱいが張り過ぎて痛い」「乳首がひび割れて血が出た」等等お決まりのトラブルに悩まされましたが、1、2か月でそれもなくなり、快適な母乳ライフを送りました。

母乳の何が一番よいかというと、ミルクを作る手間がかからず、泣いたらすぐにあげることが出来て楽!ということですね。

特に「沿い乳」を覚えると、ゴロ〜ンと寝たまま授乳ができるので本当に楽です。

私は夜間のみならず、昼間も寝転がっておっぱいをあげてました。

だって楽なんだもの…。

「沿い乳」はあまりよくないという話も聞きますが、1度するとやめられないです。

 

そんなこんなで完璧と思われた母乳育児ですが、今更になって非常に困ったことがあるので、ぜひとも書き留めておきたいと思います。

それは「沿い乳」に慣れ過ぎた息子が未だ卒乳できず、母とでないと寝てくれないこと!! 

昼間はお父さんと仲良しなのに、夜は断固拒否。

はっきり断言はできませんが、これ、ずーーっと「沿い乳」で寝かしつけてきたせいだろうなぁ、と思います。

これまで楽してきたツケが回ってきたのでしょうね。

勿論いつまでもこのままではないでしょうし、乳離れなんていつでも構わないのですが…仕事復帰を果たした今、この状態は非常に辛い…。

母の都合で申し訳ないのですが、原稿の締め切りがある日なんかはイライラピリピリしてしまいます。

 

おっぱいが出ない…とお悩みの方からすればつまらない悩みかも知れませんが、今まさに壁にぶち当たっているところなので書いてみました。

“授乳は母と子の最高のコミュニケーション”などと言われますが、私は完全母乳によって、父と子のコミュニケーション機会を奪ってしまったような気もするのです。

実際、夫は息子にミルクをあげたことがほとんどありません。

子煩悩な人だけに、口には出さないけれど若干残念に思っているかも。

そしてもし夜間だけでもミルクを採用していたら、お父さんとも一緒に寝てくれたのかな…と、今宵も寝不足の頭で考えるのでした。

f:id:akasuguope02:20150819071726j:plain

著者:shimashima

年齢:33歳
子どもの年齢:1歳5か月

1歳5か月の男の子の母。この春から息子を保育園に預け、エディター/ライター業に復帰しました。毎日逞しく成長する息子の姿に、自分もまだまだ成長せねば!と励まされる日々です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。