妊娠・出産・育児の情報サイト


男性不妊も少なくない?いきなりの触診、辛すぎる採精…男の妊活座談会《前編》

f:id:akasuguope02:20150906221857j:plain

デリケートな問題だけに、なかなかオープンにできない「妊活」の話題。

それでも、女性向けの情報は専門サイトや妊活ブログなどから入手できるようになってきましたが、男性の経験談となると、なかなか表に出てきません。

そこで今回、不妊治療経験者に集まっていただき、匿名・顔出しなしを条件に、妊活のあれこれを赤裸々に語っていただきました!

-Profile-

Aさん 43歳 約6年間不妊治療を行い、体外受精で第二子を授かるも第三子は成功せず。高齢になったこともあり不妊治療にピリオドを打つ。

Bさん 33歳 結婚3年目から約2年間不妊治療を受ける。「成功率5%」と診断された2回目の体外受精で第一子を授かる。今は第二子を検討中。

Cさん 36歳 結婚後3年間不妊治療を受け、体外受精で第一子を授かる。「6時間待ちもザラ」という超有名クリニックに通院した経験あり。

 

お医者さんにいきなり「もみっ」って触られた!

f:id:akasuguope02:20150906222143j:plain

Aさん:ウチは第一子のとき、前置胎盤(子宮下部に着床し、胎盤ができ、内子宮口を胎盤が覆ってしまう状態)というハイリスク妊娠だったの。近くの産婦人科医院を3件回ったんだけど手に負えなくて、大学病院に行って。結局、帝王切開で無事生まれたんだけど、母体に負担をかけたくなかったのと、妻のキャリアを尊重したいという想いもあって、2人目をつくるまで時間をおいていて。

で、「そろそろ、二人目を作ろうか」と思って頑張ってみたら、夫婦ともにアラフォーってこともあって、なかなか妊娠しなかったんだよね。試しに夫婦で病院に行ってみたら、二人とも不妊の原因があって。 

僕は、高齢と「精索静脈瘤」が原因の軽度のED。「精索静脈瘤」って睾丸上部にある静脈が肥大して、血流障害で精巣機能が低下しちゃうんだけど、本人は「あれ?なんだかタマが大きくなってるぞ」とか「昔ほど元気がないな(勃起しにくいな)」くらいしか思ってなくって。

 

Cさん:男性不妊の原因ではわりとメジャーな症状ですよね。

 

Aさん:そうそう、一応、男性器として機能はしていたから心配してなかったの。でも、診察室に入ったら、先生が「じゃあちょっと診ますねー」なんて言いながら、いきなり男性器を「もみっ」って触ってきた。

 

Bさん、Cさん:えー!(笑)。

 

Aさん:僕も「あーっ!」とか、慌てふためいてしまって(笑)。まさか触診するなんて思わないじゃない。お医者さんは慣れているから、「はい、これは精索静脈瘤ですねー」みたいにサラッと言っていて(笑)。あれにはビックリしましたよね。みなさんは、触診とかしませんでした?

 

Bさん:いやー、僕はしていないですね(笑)。ウチは普通に夫婦の営みをしていても、1年くらい子どもができなくて、「ひょっとしたら何かあるかも…」と思った妻が、一人でクリニックに行ったのが不妊治療を始めたきっかけでした。

 その当時、僕は自分に問題があると思っていないどころか、「不妊治療」って言葉すら知らなかったんですよ。まさか自分に原因があるなんて思っていなかったし、早く子どもが欲しかったから、「不妊治療?そんなのあるんだ!行ってきなよ!」っていう感じで送り出していましたね。

 その後、夫婦で不妊検査を受けることになって初めて、ちょっと精子の数にムラがあったりして、自分の精子が必ずしもいい状態ではないんだなって分ったんですよ。

 

Cさん:私はみなさんと違って、子どもができにくい予感はなんとなくしていたんですよ。普通にやっていても「出にくい」っていうのがあって。気持ちの盛り上がりが足りないというか、うまくイケないというか。

 

Aさん:あー、あるよね。マンネリ化なのか、老化なのか、何が原因なのか分からない。ただ、愛情がないわけじゃない。

 

Cさん:そうなんです。それで、「一度、専門の先生に話を聞いてみよっか」とクリニックに足を運んだのが治療のきっかけでした。そこで診断を受けて、妻は卵管に、僕はあらためて「出にくい」っていう要因があると分かったんです。

 最初は地元のクリニックに通っていたんですけど、うまくいかなかったので、2年目からは芸能人が通っているような新宿の有名クリニックに変えました。そこはすごい人気で、6時間待ちとかなんですよ!こんなにたくさん不妊に悩んでいる人がいるんだなぁって思いましたね。

 

これじゃ、出るものも出ないでしょ!辛すぎる採精の現場

f:id:akasuguope02:20150906224910j:plain

Cさん:不妊検査、人工授精体外受精などいろんな場面で、採精(精子を採取すること)が必要になるじゃないですか?最初は「家で出してきていいですよ」って言われて家で出したんですけど、まさかそれを胸ポケットに忍ばせて持っていくことになるとは…(笑)。

 

Bさん:あれって温めすぎても冷やしすぎてもダメですもんね。

 

Aさん:鮮度の問題でね。

 

Cさん:ひと肌がちょうどいいんですよね。

 

Bさん:ウチもタオルにくるんで、妻に持って行ってもらっていましたね。どちらかというと僕は、リードタイムを少なくするために「クリニックで採精したい派」でした。一応、専用の部屋もありましたし。

 

Aさん:僕のところは専用の部屋がなかったの。先生に、ケースみたいなものを渡されて「じゃあ、お願します。あっちにトイレあるんで」みたいに言われて。

 

Bさん:え!?トイレでってことですか?

 

Aさん:僕も「えーっ!」と思いましたけど、仕方なくトイレに行って。大学病院の一番奥にあって、患者さんがあんまりいないとか、それなりの配慮はあるんですけれど。とはいってもねぇ…やってることがやってることだから、誰か入ってきて「ガタッ!」と音がしたりしたら、「ビクッ!」とするじゃない。

 

Cさん:落ち着かないですよね(笑)。

 

Aさん:今どきのクリニックはそういう部屋があって、ビデオがあったりとか雑誌があったりとか、いろんな趣味趣向に応えられるみたいですけど、僕のときはなくて。「トイレで出せって言われても…」みたいな。しかも、出すためのネタもなにもないんだもん。携帯を見ながらなんとかしましたけれど、そういうツールがなかった昔はどうしていたんだろうね。

 

Bさん:ウチもそっち系の話でいくと、専用の部屋はあるんですけど、映像はなかったんです。精子を出すために見る本は一応置いてあるんですけど、これが2年間通っている間ずっと同じヤツだったんですよ!嫁にもそのことをオープンに話したら、「どっかで買っていけば?」って言われて。

 結局、コンビニとか病院の近くの古本屋で買いました。そもそも本なんて買ったことがなかったし、なんか恥ずかしくて嫌だなっていうのはあったんですけど、これはもうしょうがないと思って。

 

Aさん:その本を置いていってあげたら、次の人も助かったんじゃない?

 

Bさん:それも考えたんですよ。置いていってあげよっかなとか。でも、持って帰りました。

 

Aさん:まあ、たしかに誰かが見たのを使いまわすのもちょっと嫌かもねぇ。河川敷に捨ててあるエロ本見てる中学生じゃないんだからさ(笑)。

 

Bさん:ちなみにクリニックに置いてあったのは、キレイな女性のヌードの本なんですよね。最初は「あ、キレイだな」って思うんですけど…。

 

C:あー、分かる、分かる(笑)。あくまで精子を採る用なんですよね。エロくはない。

 

Bさん:Aさんが言っていた通り、いろんな趣味のものがあるといいかもしれないですよね。「よし、今日はコレだ!」みたいな(笑)。

 

Cさん:いやぁホントにそれ、すごくよく分かります。今のクリニックは男性向けの配慮がたりないですよね。私が行っていたところも採取室があったし、多種多様な映像を見れるようにはなっていたんですよ。でも、なんかこう映像がキレイすぎるというか、エッチな感じではなかった。

 

Bさん:いわゆるAVじゃないんですね。

 

Cさん:そうそう。たとえば、パンスト姿の女性が、ひたすらくねくね動いているだけの謎の動画があったりして…。

 

Aさん:わっはっは!何それって感じだよね(笑)。

 

Cさん:だから、使い物にならないわけですよ。唯一「あ、これいいかも!」と思ってみつけたものも、モザイクが荒すぎて全然リアリティがないとか。仕方なく私も携帯の動画を使ったんですけど。

 

それと、採取室のドアの外で精採の順番を待っている人がいるんですよね。あれが辛い。扉を隔てたところに人がいると思うと、プレッシャーがかかって萎えてしまったりしました。今だから笑って話せますけれど、相当キツかったですよ。

 

妊娠の確率をあげるために、Xデイの3日前に出してました

 f:id:akasuguope02:20150906225328j:plain

Cさん:子どもができないと次第に焦ってくるじゃないですか。みなさんも最初はタイミング法から入ったと思うんですが、「今日決めなきゃ!」みたいに意識すると萎えてしまうといいますか。私はもともと出にくい体質だったんで、余計に難しくなっちゃうんです。

「この日」って決めた日に限って、仕事で疲れていてダメだったりして、もしくは拒否しちゃったり。悪循環に苦しんだ時期がありました。

 

Bさん:ウチの場合は排卵日が分かりにくくて。体温がグーンってあがってグーンって下がってくれれば「ここだ!」って分かっていいんですけど。嫁の場合は体温つけてても、今日だと思った日の後でもうちょっと上がってたことがあったんです。だから、Xデイ(排卵日)に対して、その前後一週間くらいはみておかないといけなくて。

 じゃあ、1週間毎日続けるのかっていったら、さすがに毎日続けると体力的にも精神的にも苦しいじゃないですか。どうしても燃えないときもあるので、そこは結構しんどかったですね。「今日、やんなきゃ!」と思った時点で、なんか業務的になってしまうというか。いや、そういうつもりはないんだけど。

 

Aさん:でも女性は、得てして割り切ってくるじゃないですか。「いつヤルの?今でしょ!」みたいな(笑)。イエスノー枕でもないけど、「やるわよ!」みたいに言われてもできないよねぇ(笑)。男性の不妊の原因って、フィジカルとメンタルと二つあるじゃない。気持ちが盛り上がらなくて軽度のEDとかね。途中で中折れすることもあるじゃない。そうすると自信を無くしちゃったりとか、モチベーションを失ったりしちゃって、余計にうまくいかないっていう。

 

Cさん:中折れってショックですよねぇ…。

 

Aさん:こんなに頑張っているのに、へなへなになってしまって「えーっ!」ってガッカリしたり、されたりしてね。

 

Cさん:シューっと萎んでいくんですよね(笑)。                              

 

Aさん:そこはきっと女性が理解できないところだと思うんだよね。夫婦の愛情とセックスって別モノだったりするじゃない?いや、別に不倫はしないんだけどさ。そういう男性の性(さが)みたいなものを知ってもらいたいよね。あとウチは、不妊治療中にも子どもがいたからさ、途中で泣いたり、見られたらどうしようって思ったりしていて…。

 

Cさん:それじゃあ、集中できないですよね(笑)。

 

Aさん:そうそう、本能でやりきれない。素に戻っちゃう。

 

Bさん:僕はタイミング法のときは営む日はだいたい決まっているから、そこに向けてコンディションを整えていくとか、そういうことはしていましたね。「Xはここだろう」という日には早く仕事を終えるとか、その前後でお酒を飲まないとか。できるだけ体調は整えていました。

それまで僕は知らなかったんですけど、ずっと我慢していたらその分、精子がたくさん出るのかなと思ったらそうでもなくて。3日とか2日とかの周期で出していかないと、新鮮なものは出ないんですよね。だから、Xデイに対して、3日前に1回出すとか、そういうスケジュールを組んでいました。

 

Cさん:Bさんは特別な治療をしていたわけではないんですか?

 

Bさん:そうですね。でも、人工授精をしていたとき、自分の精子の量とか運動率とか見るんですけど、結構ムラがあったんですよ。全然精子がいないときもあって。たしか標準が1000万匹って言われているんですが、少ないときは100万匹しかいなかったりとか。先生に「これはムリかなぁ…」なんて言われたりしていて。数量が少ないとか運動率が低かったりすると、気持ちが萎えることはありました。

 

Aさん:そうやって数値評価されるのもちょっとねぇ…だって、仕事じゃないんだからさ(笑)。でも俺ってダメなのかって思っちゃうこともあるよね。

 

Cさん:精子の数の話でいくと、実は私、励まされたことがありまして。さっき、1000万匹とか100万匹という話が出たじゃないですか?実は私、3億匹だったんです。

 

Bさん:えー!すげぇー!!

 

Aさん:なにそれー!サイヤ人みたい(笑)。

 

Cさん:妻からも「あなたは3億の男だからもっと自信をもって」とか言われて、励まされちゃって(笑)。そんなこともありましたねぇ。

 

<<後編へ続く>>

akasugu.fcart.jp