妊娠・出産・育児の情報サイト


10分間隔で入院するも、まさかの前駆陣痛。「フライング入院」にご注意!

f:id:akasuguope02:20150910230029j:plain

初産だった息子は、初孫となる両祖父母による毎日の「まだかコール」を無視し続け、あっさり出産予定日を超えました。

そして4日を超過した明け方、ついに待ちかねた陣痛がやってきたのです。

前駆陣痛も少しあったので、最初は「あれ?また前駆かな?」と思っていましたが、間隔を計ってみると15分ほどの周期になっているようでした。

 

 

 

担当医からは「10分間隔になったら電話するように」と言われていたので、痛みの波をやり過ごすこと2時間。

とうとう10分間隔にまで狭まってきたので、早速病院に電話すると入院決定。

入院用に準備した荷物を持って、夫と二人で病院に向かいました。

 

まずは触診するも、「あ~まだまだだね~子宮口がっちり閉まってる。LDRでスクワットでもやって」と言われ気が抜けました。

機械で計測すると、やはり10分間隔。

よく耳にする「お腹が張る」という感覚ははっきりとは感じられませんでしたが、それもこれからなんだろうな~とゆったり構えていました。

事前の検査でGBSという菌が体内にあることが分かっていたため、まずは知らされていた通り抗生物質の点滴が腕に刺されました。

これがけっこう痛い!

しかしそんなこと言っていられないので、腕に点滴を刺したまま言われた通りスクワットしたりお産を早める効果があるという椅子に座ったりして過ごしていました。

 

そうこうしているうちに2時間くらい経ち、計ってみると陣痛は5分間隔ほど、子宮口は1センチくらいになっていました。

しかし…痛いは痛いけど、こんなものなのかなあ??くらいの痛さ。

トイレにだってサッサと行けてしまうし、私ってもしかしてお産軽い人(ニヤリ)?と思うくらいの状態。

お昼ご飯のメニューをルンルンで選んでおりました。

 

そしてお腹に機械をつけたまま、さらに時間が過ぎること2時間。

なんと順調に狭まっていっていた間隔が、徐々に開き始めました。

痛みもほどんど無くなってしまい、ご飯を食べ終わる頃には陣痛自体、消えてなくなってしまわれました…。

「え?どういうこと!?やっぱや~めた!的なこと!?気まぐれすぎじゃない??」

とお腹にクレームを申し入れるも、蹴りを入れてくるでもなく完全無視。

医者にも「今日はもう無理だね~。一回帰って。」と言い放たれ、「一回帰るとかあるの??そういうのアリ!?」と衝撃を受けました。

 

後に残ったのは、半日分の入院費と、点滴代と、お昼ご飯代の請求書のみ。

その時の気持ちは、悔しさ、恥ずかしさ、怒り、悲しみ、少しの安堵が入り混じった、今まで味わったことのない何とも言えないものでした。

 

家に帰って荷物を置いてすぐ、陣痛に戻ってきてもらいたい一心で、夫と二人で街中を歩きまわりました。

次の日歩いている最中にやっと陣痛が戻ってきましたが、「また退院なんてことになったら、もう気力が無くなってしまう」と思い、夫に腰を押してもらって痛みを逃しながら4駅を往復しました。

そしてその晩も陣痛を逃して逃して、明け方間隔が10分をきって痛みが限界に達したところで、再度病院に電話。

すぐに再入院となり、子宮口も5センチまで開いていました。

 

そこからまた17時間かけての分娩となりましたが、母子ともに無事で出産できました。

ちなみに息子は、途中で出てくるのを止めただけあってものすごく頑固なタイプでした…。

 

陣痛は時間で計るしかないので、今回のことも避けようがありませんでしたが、今思えばやっぱり痛みの強さにはかなり違いがあったように思います。

痛みの感じ方も人それぞれですし、「こうだったらフライングの可能性がある!」とは言えないのですが、意外とフライング入院される人も多いということを後で知りました。

実際自分がそうなるとガックリ感が半端ないので、事前の知識としてこういうこともある、ということを母親学級などで教えてくれると良いなあと思いました。

著者:イミテーションの母
年齢:37歳
子どもの年齢:6歳と1歳

5年前の出産&育児から明らかに変化(退化)した自分の体力とべらぼうに増えたワクチンの種類とはうらはらに、待機児童の数は5年前と何の変化も無いという驚愕の事実にただただ途方に暮れる二児の母。どーなってんだ行政コラー!!やる気あんのかー!とブツブツぼやきながら、今日もカタカタPCに向かっております。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。