妊娠・出産・育児の情報サイト


2人目だからこそ成功?ソフロロジーで念願の安産

f:id:akasuguope03:20150813111743j:plain

私が主産した病院は大々的に打ち出してはいないものの、ソフロロジー出産の呼吸法を取り入れている産院でした。

出産の呼吸法と言えば「ヒッヒッフー」で有名のラマーズ法しか知らなかった私はちょっぴり衝撃を受けたものです。

 

陣痛の痛みを前向きに捉えて、お産の痛みを軽減させるという考えの元に行われる出産方法のラマーズ法に対し、ソフロロジー法は吐く動作に重きを置きます。

1人目も2人目も同じ病院で出産しましたが、正直1人目の時はソフロロジー法の良さを実感する事は出来ませんでした。

陣痛間隔が5分から縮まらず、子宮口の開きも5㎝でストップ。

体力の限界を感じて促進剤を使い、入院から20時間かかっての出産となりました。

 

そして迎えた2人目出産。

夜8時の入院時の時点では陣痛間隔5分、子宮口3㎝と1人目の時とまったく同じ状況でした。

助産師さんにまだ産まれるには時間がかかりそうと言われたので、今回もまた長い陣痛の戦いが始まるのだと思い、内心げんなりしていました。

明日の午前中には産まれてくれるといいな、と思いながら付き添いもなしに孤独な戦いが始まりました。

助産師さんはとにかくリラックスする事がお産を進める方法だと言いながら、ソフロロジー法用のヒーリング系の音楽を流してくれました。

これが意外といい感じで、自然とリラックスできました。

 

入院してすぐに今まで重い生理痛程度だった陣痛が急に強くなり始め、リラックスする事がいい陣痛に繋がっている事を実感しました。

おそらく1人目の時も同じような事は言われていたのですが、やはり陣痛への恐怖心が強く、より痛くなる事に怯えていた部分があったのだと思います。

それに比べて2人目は痛くなければ産まれてこないという事を前回で身を以て学んだ事もあり、強い陣痛がくる度に「いいぞ!その調子!」と赤ちゃんに声をかけてました。

 

そしてソフロロジー法の呼吸法である、息をゆっくり長く吐きながら体の力を抜いていく事を意識しながら陣痛に耐える事2時間あまり。

夜10時の時点で子宮口は7㎝まで開いていて、これには私自身も助産師さんも驚いていました。

これもお産とよく向き合えている証拠だと助産師さんにも褒めてもらえ、自分でも1人目の時に比べて随分と落ち着いている実感がありました。

元々1人目の時と同様、和通分娩を希望していましたがその必要もなく、会陰切開もしないまま入院から4時間程度という安産で出産を終える事を出来ました。

産まれた赤ちゃんも血色がよく、綺麗な赤ちゃんだと言ってもらえました。

 

陣痛を恐れずに出産をするという事は口で言う程簡単な事ではありません。

頭ではどんなに分かっていても感情の奥深い部分の恐怖心はどうする事も出来なかったのが1人目の出産でした。

ですが今回は2回目だった事もあり、ようやく陣痛を歓迎する気持ちを持て、結果1人目の時とは比べ物にならない位の安産でした。 

f:id:akasuguope03:20150813163121j:plain


著者:綿子
年齢:27歳
子どもの年齢:1歳8ヶ月と1ヶ月

つい最近2人目の出産を終えたばかりの2児のママです。イヤイヤ期を迎えつつあるヤンチャな上の子となにかと手のかかる新生児ちゃんのお世話に日々奮闘中です。一番のストレス発散方法はお昼寝が一番です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。