妊娠・出産・育児の情報サイト


“本当に必要な物”って何だ!?我が家の出産準備はこんな感じ

f:id:akasuguope02:20150911070754j:plain

つわりも落ち着き、安定期に入ると気になり始める「出産準備」。

ベビーベッドはどうする?
ベビー服はどれ位買うべき?
哺乳瓶はどうしたらいい?

等等、悩むことがいっぱい。

雑誌を読んでも、
誰かに意見を求めても、

結局、各家庭によって生活スタイルは様々なので
「これが正解!」ってことがないんですよね。


そんなわけで今回は、
出産準備で特に印象に残っている品々について
少しだけ書いてみたいと思います。

 

ベビーベッド
散々悩んで、6か月間のレンタルを利用することに。
いつ産まれても大丈夫なようにと予定日2週間前から借りました。

が、我が家の寝室は「和室」。

ベビーベッドに赤ちゃんを寝かせて
私がその隣に布団を敷く形にしたのですが、
それだと夜、泣かれる度に立ち上がって様子を見なくてはならない。

結局すぐに面倒になり、
ベビー布団を直接畳に敷いて添い寝の形になりました。

そしてベッドは見事、物置に…。

6か月後、レンタル業者さんからの
「延長どうなさいますか〜?」と電話がありましたが
「しません!!!」と即答しました。

 

ベビー服
何が必要かさっぱり分からなかったので、
短肌着と長肌着を3枚ずつのみ購入しました。

赤ちゃんが産まれてみてビックリ!これでは全然足りません。

特に新生児の頃って、
おっぱいを吐いた、おむつが漏れたと
1日3回くらいは着替えているんですよね…。

結局、さらに4枚ずつ購入しました。

 

そうそう、赤ちゃんが産まれる前は

「折角だから可愛いのがいいな」
「ちょっと高くても、兄妹ができればお下がりできるし」

なんて思ってましたが、
新生児服なんてすぐに着なくなるし、
本当ーーーに消耗品!

しょっちょう洗濯するので、すぐクタクタになるし、
ウンチ染みが付いたらなかなか取れないし、

よっぽどのこだわりがない限り、
シンプルで安いのが一番だと思います。

 

哺乳瓶
お店に行くと、様々なメーカーの商品がずらり!
こんなに種類があるのか!!とビックリしました。

友人に聞いたところ、
赤ちゃんにも好みがあって、
飲む哺乳瓶と飲まない哺乳瓶があるらしく…ますます混乱。

結局、我が家では
赤ちゃんが産まれた後に必要に応じて買えば間に合う
という産院の方針で事前に購入しませんでした。

私は産後すぐに母乳が出て、結局使わなかったのですが、
もしもまったく出なかった場合、退院直後に買い揃えるのは結構大変なような気もします。

 

さて、ここからは番外編で、
我が家で買った2品。

 

新生児体動モニター
「なんだそれは?」と思う方も多いでしょうが、
出産経験があれば病院で見たことがあるはず。

赤ちゃんの呼吸を含む動きをモニターし、
体動が15秒以上停止した場合、警告音でお知らせしてくれる機械です。

子どもが産まれてすぐ、
異常なほどに神経質になった私は
「新生児無呼吸症候群」が怖くて怖くて、
ネットでこれを購入しました。

が、この機械、
ベッドの下にマットを敷き、
それで赤ちゃんの動きをモニターするのですね。

よって、赤ちゃんを抱き上げる前に電源OFFを忘れると、
毎回毎回「ピピピピピピピピ…」と甲高い警告音が!

鬱陶しくて、すぐに使わなくなってしまいました。

 

搾乳機
産後2日目から、胸が張り過ぎてカチンコチンに!
助産師さんに必要だと言われ慌てて購入しましたが、
1週間ほどで胸の状態は改善され、その後は全然使いませんでした。

 

こうしてみると、
我が家はあんまり“賢い出産準備”が出来なかったなぁと反省。

ただ、赤ちゃんが産まれてみないと分からないことが多いので、
それも仕方ないような…。

産後の生活を楽しみに買い物を楽しんで、
ちょっと必要のないものがあっても
「失敗したね〜」と笑っていられる位がちょうどいいかな、と思います。

f:id:akasuguope02:20150819071726j:plain

著者:shimashima

年齢:33歳
子どもの年齢:1歳5か月

1歳5か月の男の子の母。この春から息子を保育園に預け、エディター/ライター業に復帰しました。毎日逞しく成長する息子の姿に、自分もまだまだ成長せねば!と励まされる日々です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。