妊娠・出産・育児の情報サイト


ママにだけ伝えてくれた『来たよ』のサイン

2人目がずっと欲しかった私。なかなか授かれずに数年‥ずっと基礎体温をつけたりタイミング法をしたり、時には通院したりして妊活していたんだけれど、一旦お休みしようと決めた9月。

 

上の子とのんびり過ごそう。ライブにも行って、なにか資格も取ろうかな?たまには夫婦でデートしよう。少し頑張りすぎて、生理が来ると泣けてしまう自分が嫌になって。検査薬も何個も無駄にしてしまった。

 

そして何ヶ月も前から楽しみにしていた某アーティストのライブ当日。まだ暗い時間から始動!お弁当も作って、物販並びに参戦。朝の5時に到着だなんて気合い十分。

 

その時に胃痛を感じた。私はよく胃痛が起こるタイプだから普段ならすぐ胃薬を飲んで‥

 

この時にすぐにわかった。

 

ああ、お腹にきてくれた。赤ちゃんだ。

そっか。この子は男の子なんだね。

 

なんの根拠もなかったんだけれど。

少し気持ちが悪くて、ライブが楽しみでうきうきしてるけれど、お腹には確実に赤ちゃんが来てるって。

 

暴れたら危ないな。冷やしたらダメだな。でも今日だけははしゃいじゃおう。帰ったらたっぷりお休みするからね。名前はなににしようかなあ‥なんて思いながらライブ参戦。なのに中盤で倒れそうな眠気。楽しかったのに今でも記憶が曖昧で‥(笑)

 

そして帰宅後、お土産話をパパにたっぷりして、お風呂に入って‥ シャワーに吐き気を感じた。湯船に浸かったら眠ってしまったみたいで、パパがびっくり。すぐに助けてくれてどうにか布団へ。

 

たぶんね、赤ちゃんだよ

 

ってパパに伝えて、ぐっすり眠った私。

 

でもすごくすごく初期だったから、検査薬にも反応しないし、病院でもなんにも見えなかった。妊娠が確定したのは10月の半ばだったかな。

 

とっても嬉しかった。やっぱりママの勘は正しかった。初めて赤ちゃんをエコーで見た時は涙が止まらなかったな‥

6ミリしかない胎児ちゃんに力強い心臓があって、もう手足もあって。

 

ママにしかわからないメッセージをありがとう。予感通り男の子だったから、パパも担当医の先生も驚いてた。お母さんの勘はすごいねって。

 

あと妊娠中に、色素の薄い男の赤ちゃんをパパが抱いてる夢を見たんだけれど、生まれてきた赤ちゃんは正にそんな感じ。

 

そんな不思議な妊娠初期でした。

 

著者:ちゃま

8歳&0歳のママです*

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。