妊娠・出産・育児の情報サイト


帝王切開でよかった!ついでに子宮にできた嚢胞を摘出&絶食のおかげで体重減

妊娠初期から出産まで悪阻がなく、母子ともにずっと健康でした。

が、あたしの身長が145cmしかなく、39週に入る手前で赤ちゃんの方が大きくなり過ぎて予定日まで待ってたら100%自然分娩できない(骨盤のレントゲンを撮り、赤ちゃんの頭の大きさと比べてその時点でギリギリだったので)と言うことになり急遽出産のために入院しました。

 

入院1日目に子宮を開くための前準備をし1日過ごしました。

次の日、子宮の開き具合を見ましたが2cmほどしか開いてなく陣痛促進剤を打ちました。

陣痛の波は来てましたが痛みを全く感じませんでした。

結局赤ちゃんも下りて来ないし、帝王切開で出産することになりました。

 

腰に麻酔を打ちますが、あたしは全然痛くなかったです。

それより、オペが終わるまで身動きとれないことがつらかったです。

鼻が痒くてもかけないなど(笑)。

 

オペが始まり、10分ほどで赤ちゃんは出てきました。

オペ室を出るまで全部で1時間もかかりませんでした。

オペが終わり病室に戻りました。

麻酔が切れる頃に副作用で体が震えましたが何の問題もありませんでした。

オペ後に打った痛み止めの点滴が切れると痛みが出て来るので痛み止め追加してもらいましたが、あたしはそれ以降は痛み止めを打たずに過ごせました。

 

次の日には起きる練習、歩く練習が始まります。

スリッパの小さな段差でも、痛みが響くほど痛いです(笑)。

傷が痛むので真っ直ぐ立つことが出来なくて、点滴の棒を支えに歩いてました。

1週間ほど入院し退院する頃には普通に歩けてたと思います。

 

帝王切開はお腹を切りオペなので術後の痛みが辛いですが、入院中に分娩真っ只中の妊婦さんの声を聞いて、すごく怖かったです。

陣痛でそんな痛いの!?という感じで…

陣痛に比べると帝王切開の術後の痛みは全然耐えれるような気がします。

陣痛を経験していないのでわかりませんが。

出産費用は全部で60万近くかかりましたが、帝王切開は保険が使えるので払った分戻ってきました。

 

そして、帝王切開でよかったことが2つあります。

1つ目は、お腹を開いたことにより子宮にできた嚢胞が発見でき摘出できたこと。

良性でしたがそれを取るにはオペになるので今回自然分娩だと気付けなかったかもしれないし、気付けても結局オペをしないとしけなかったんです。

それして2つ目は、オペ前から絶食でその日1日はもちろん絶食で、次の日の朝にやっと水が飲めてお昼からは流動食。

妊娠で13kg太りましたが絶食のおかげもあってか退院する時には10kg弱体重が減っていました(笑)。

一気に胃が小さくなりその後も順調に体重が減り、出産後3、4ヶ月で完全に元の体重に戻りました。

悪阻も陣痛も知らないまま出産でしたが、“出産”と言う貴重な経験ができ今も健康にいられることに感謝ですね。

著者:匕ヨコ

( °Θ°*)

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。