妊娠・出産・育児の情報サイト


生理予定日の4日前からフライング妊娠検査薬。日々色が濃くなり、着床出血も!

 

f:id:akasuguope03:20150818114544j:plain


ずっと妊娠を心待ちにしていた私は、基礎体温を毎日測り、排卵検査薬で排卵日をチェックした上でタイミングをはかり、妊娠に至りました。

 

妊娠検査薬は海外製の物を利用していたため、日本で購入するよりも安く手に入りました。

その為、生理予定日の4日ほど前から妊娠検査薬を試していました。

ちなみにこの妊娠検査薬は、生理予定日を1週間過ぎてから判断ができるというもので、かなりフライングをしての利用となりましたが、それほど陽性反応が待ちきれない自分がいました。

 

初めて妊娠検査薬の反応を確認したのは、生理予定日2日前のことでした。

と言っても、すぐに反応したわけではありません。

検査を行った時点では陰性反応でしたが、それから半日ほど経過した時に再度確認したところ、うっすらと陽性反応が出ていました。

少し期待をしながら次の日にも検査をしましたが、やはり直ぐには反応せず、3時間ほど経過した時に薄い陽性反応を確認しました。

 

そして検査をしてすぐに陽性反応が出たのは、生理予定日のことでした。

その時は誰が見てもはっきりと陽性反応だとわかるほどの濃さになっていました。

そして、この日にうっすらと着床出血がありました。

生理の始まりとは明らかに違う出血だったので、私は妊娠を確信しました。

 

その後、不安になって4日ほど妊娠検査薬を試し続けましたが、どれもすぐにはっきりと反応していました。

その全ての妊娠検査薬を比較すると、日に日に濃くなっていくのが分かりました。

これまで何度も妊娠検査薬が陰性でがっかりし、生理が来るたびにため息を付いていた私ですが、夢にまで見た陽性反応をこの目で確認して、嬉しさのあまり叫びたくなりました。

 

しかし、実際に妊娠していると実感したのは、病院で胎嚢を確認した時です。

それまでは流産してしまうのではないかと不安になったり、海外の妊娠検査薬だから信頼できるのかと疑ってしまったこともありましたが、きちんと胎嚢を確認することができ、とても嬉しい気持ちになりました。

 

妊娠検査薬の陽性反応は、母親になる第一歩の反応です。

小さな線1本で、こんなに大きな喜びが待っているのだということを、改めて自分で実感することができました。

f:id:akasuguope03:20150814164351j:plain

著者:りりかママ
年齢:1歳2ヶ月
子どもの年齢:今の月齢を入れる

1歳2ヶ月の子育てを頑張りながら、第二子を妊活中の専業主婦です。子育ては大変なこともたくさんありますが、自分の家族が笑顔で生活をしていけるよう、日々ママとして頑張りたいと思います。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。