妊娠・出産・育児の情報サイト


「本当にうまれます!!」ナースコールで叫んだ日。初産なのにスピード出産でびっくり

f:id:akasuguope03:20150812110920j:plain初産で、いつ陣痛がくるかハラハラして待っていましたが、予定日をすぎても一向に来ません。

予定日から5日が過ぎた夜、横になっていると生理痛より弱い痛みが10分間隔できているのに気が付きました。

念のため同居している姑に聞いてみましたが、「陣痛はそんなもんじゃないよ」と言われ、気にせず寝ました。

 

朝目が覚めトイレにいくと少量の出血があったので、病院に電話をすると「おしるしだと思いますが、念のため受診してください」と言われ、朝食を食べて夫と病院へいきました。

たまたま日曜日で夫も仕事が休みでしたので、気楽な気持ちで受診したところ「子宮口が7センチ開いていますので、このまま出産しましょう」と言われ、緊急入院に。

病室で出産着に着替え、準備OKという感じで、陣痛促進剤を点滴しました。

 

助産婦さんに「初産でも、子宮口が開いてるから、6時間くらいで産まれるかもね」と言われ、部屋で陣痛がくるのを待っていると…

来ました!!陣痛の波!!

急に座っていられないくらいの激痛にびっくり!

これが陣痛かーーー!と思って時計を見ているともう3分間隔に。

 

これはまずいと思ってナースコールで「産まれそうです」と叫ぶと、「いま陣痛来たばかりじゃない。まだまだ我慢だよ」と看護婦さんに笑われました。

それもそのはず、病院を受診してまだ1時間もたっていません。点滴をうってからは20分程度の出来事です。

でも、いくら初産でも、産まれる感覚はわかります。

もうこのまま病室で産んでしまう!と思った私は、

「本当にうまれます!!」

とナースコールで叫び、ようやく助産師さんが見てくれました。

「これはまずい!」となって、タンカで分娩室へ!

分娩台に登った瞬間に産まれました!

時計を見てみると、病院に来てから2時間しか経過していませんでした。

 

夫は、まさかこんなに早く産まれるとは思ってなかったようで、産まれた瞬間は自宅や私の実家に「産まれそうだよ」という電話連絡を入れている最中でした。

産後、看護婦さんに「旦那さんがいません」と言われたのには、「何やってんのよ!」とイラっとしてしまいましたけど・・・

 

出産は十人十色とよく聞きますが本当ですね。今ではいい思い出です。 

f:id:akasuguope03:20150814104957g:plain

著者:りの☆まま 
年齢:29歳
子どもの年齢:7歳 5歳

21歳で初出産し、その二年後に二人目出産、どちらも切迫早産で入院した。出産は2時間という安産でした。今はワーキングママとして子育てと仕事の両立を目指しています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。