妊娠・出産・育児の情報サイト


プリプリおしりを取り戻す!我が家の脱・おむつかぶれの方法とは

f:id:akasuguope03:20150814180858j:plain

あかちゃんの肌って柔らかくて、あったかくて・・・本当に繊細です。

乾燥肌で汗っかきで、かつデリケートなんて、何て扱いづらいんでしょう。

赤ちゃんはみんなおむつかぶれを起こすと聞いていましたが、わが子もやはりなりました、おむつかぶれ。

 

気が付いたのは病院を退院して1、2週間後、実家での滞在中でした。

何だかおしりが赤いなぁ、と思っていたらあっという間に悪化して、痛々しいおしりになってしまいました。

まるでお猿さんのおしりのようです。

 

あんなにかわいいおしりだったのに!

取り戻す、もう一度プリプリのおしり。

そう思って、お手入れが始まりました。

 

頻繁なおしっことうんちによる蒸れと、おしりふきによる刺激が主な原因とは分かっていました。

大人だってオムツの環境であんなに頻繁にしていたらかぶれると言うものです。

肌の弱い赤ちゃんなら想像に易い事でした。

 

まずはこまめなおむつ交換を意識して徹底です。

変えたらすぐにはオムツは付けず、しばらく風を当てたりして乾かすようにもしてみました。

慣れないおむつ交換も、この集中特訓のお陰で随分上手になりました。

 

しかし、それだけでは一度悪化したおしりを治すには不十分でした。

そこでおしりの拭き方を優しく、なるべくこすらないようにしてみました。

おしりふきによる摩擦をできるだけ減らそうと思ったのです。

 

それもまだまだプリプリには到達しません。

いろいろ調べて、座浴が良いと言う情報を得ました。

しかし、いちいち風呂場まで連れて行ってシャワーと言うのはちょっと面倒です。

そこで小さなカップに水を用意しておしりを拭くときに、おしりふきをジャブんと浸しておしりを拭く方法を試してみました。

これならゴシゴシおしりを擦らずに済みますし、シャワーほど面倒ではありません。

周りまでビシャビシャになる?と思いきや、オムツの吸水性は抜群でその程度の水分なら問題なく吸収してくれました。

 

2日3日と過ぎるうちに明らかに赤みが引いていきました。

プリプリおしりの奪還に成功したのです!

おしりふきひとつでこんなに良くなるんだ、と実感しました。

 

痛かったろうにごめんね、良くなって本当に良かったと思いました。 

f:id:akasuguope03:20150814180325j:plain

著者:ももた

年齢:35歳
子どもの年齢:2歳

結婚して出産、育児と変化の多い時期を過ごしました。妊娠中はトラブルも多く、定期健診以外にもよく病院に通ったりしました。今は子育てもひと段落して、比較的規則正しい生活を手に入れました。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。