妊娠・出産・育児の情報サイト


夫、監督不行届!!私の入浴中に11か月の娘起こった事件

f:id:akasuguope03:20150817161954j:plain

ちょうど娘が11ヶ月になる頃、他の子より少し早く一歩一歩確かめながら歩きはじめるようになっていました。

危なっかしいけれど毎日少しづつできるようになっていく成長に、頑張っているその姿に毎日ガンバレ!ガンバレ!と応援していました。

 

そんなある夜のことです。

ちょうど旦那が休みで私に「ゆっくりお風呂に入ってきていいよ~」と言ってくれたので、旦那に娘を任せお風呂に入っていると…

「ぎゃー!!!」っという娘の泣き声…

そしてタッタッタッタという旦那の浴室に向かってくる足音…

「おーい、大変だよ!どうする!」と旦那。

 

私はちょうど頭を洗っていて…すぐに外に出られる状態でもなく…でもきっとこれは緊急事態!!!!!

どうしたのとアワアワでビッショビショの格好で浴室の扉を開けると「○○が転んで机の角にぶつかって目の上が切れて血が出ている」と。。。

 

ひょぇぇぇぇぇ~

 

泣いている娘を抱っこしたいけれどこのままでは…病院にも行かなきゃと咄嗟に思い、大急ぎでシャンプーを流し浴室から上がりました。

 

娘は少しの間泣いていましたが、痛さもあったと思いますがびっくりした衝撃もあったようで泣き止みました。

でも傷口はパカッとしてしまっているし、血も出ています。

 

夜なので近くの病院はみんな診察時間を終了しています。

慌てて夜間救急を行っている病院へ問い合わせてみると、診てもらえるということだったので旦那の運転で急いで出かけました。

 

結局、傷口を縫ってもらうことになりました。

女の子だし顔の傷は…と思っていましたが、運よくいらっしゃったのは形成外科の先生。

綺麗に処置をしてくれ、抜糸をして数ヶ月経った頃には傷口は目立たないものになりました。

子供の治癒力ってすごいわーと感激してしまいました。

 

旦那はその時、そんな大事になってしまった瞬間に守れなかったとすごく落ち込んでいました。

「なんでちゃんと見ていてくれなかったの!」と怒りたい気持ちもありましたが、あまりに不憫で「そんなこともあるよ…赤ちゃん何しちゃうかわからないから」と慰めている自分がいました。

f:id:akasuguope03:20150817162134j:plain

著者:えみりん

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳

子供の頃に戻ったように子供と一緒に遊ぶことが私のライフワークになっています。 でも一生懸命遊ぶことって思っている以上に疲れますね~。 子供とお昼寝してしまうと家事がおろそかになります。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。