妊娠・出産・育児の情報サイト


準備で慌てる分娩室でリードもなく本能のままにいきみまくり。1時間半の超スピード安産

f:id:akasuguedi:20150916105404j:plain

写真:アフロ

 

予定日前日の検診では、「赤ちゃんの向きが違うから、まだかかるね」と言われ、やっぱり初産だし予定日超過だなあと覚悟。

 

しかしその日の夜中、ちょろっと何かが出る感じと生理痛のような痛み。

おしるしと前駆陣痛かなと思い、寝直すも、また同じような症状で目が覚める。

病院に電話するか迷いながらも、けど多分違うよなあとスマホで色々検索。

なんとなく間隔測るともう5分間隔。

けど痛みは生理痛程度だし、どうしようと悩んでる間に、だんだん痛みが強くなってきて、間隔も2~3分に。

それでも痛みは生理痛のひどい版くらい。

けど前駆陣痛にしては1時間以上続いてるので、病院に電話。

 

「とりあえず入院の準備して来てください」とのことで、夫と共に病院へ。

この頃から痛みが生理痛よりも強くなり、休み休みじゃないと歩けないくらいに。

なんとか病院に着いて、助産師さんの内診。

それで一気に進んだのか、いきなり痛みがマックスに。

急に痛くなったので、吐くわのたうちまわるわで大騒ぎ。

陣痛室をすっ飛ばし、なんとか歩いて分娩室へ。

 

病院側もまさかこんなに早く分娩室に来ると思ってなかったのか、分娩室も大慌てだったみたいで、誰も何もリードしてくれずほったらかし。

よくわからないまま本能のままにいきみまくり、分娩台に乗って20分で出産。

最初のちょろっと破水から3時間半、陣痛が本格的になってからは1時間半の超スピード出産。

 

あまりに早かったので、病院近くに住んでる両親も間に合わず、夫もまさかうちの子だと思ってなかったみたい。

 

初産だったので、予定日超過で時間かかるかなあと思ってたけど、まさかの予定日当日にスピード安産と、予想もしなかった出産になりました。

 

ただ、あまりに出産が早かったので骨盤を痛め、産後1カ月は辛かったです。

著者:とむ

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。