妊娠・出産・育児の情報サイト


おっぱいの出が悪かった私、ミルクを止めて3ヶ月目には完全母乳に

f:id:akasugu_ccw:20150822122014j:plain

私が母乳育児をするうえで一番大変だったのは、産後2ヶ月目くらいまででした。

 

普通分娩で出産し、産後は3日目くらいまで母子別室でしたので、赤ちゃんが最初に口にしたのは私のおっぱいではなく、糖水やミルクでした。

そのためか、退院後もしばらくは母乳とミルクを混合で与えるのが普通になっていて、おっぱいの出もまずまずという感じでした。

 

最初は母乳にそれほどこだわりのなかった私ですが、いざおっぱいを赤ちゃんにあげてみると、言いようのない一体感や幸せを感じました。

赤ちゃんの方もまだ慣れない様子で必死におっぱいにしがみついて来て、そのけなげな様子や、飲んでいる最中はこのうえなく幸せそうな表情で、愛くるしくてたまりません。

 

「できれば完全母乳で育てたい!」

そういう気持ちがわいてきたのはこの頃からです。

 

しかし残念なことに、最初、私はそこまで母乳の出がよくなかったようです。

早いときは授乳後30分から1時間で、すぐに赤ちゃんが泣き出してしまうので、かなり頻繁にあげなくてはなりませんでした。

おっぱいも痛くなり、何度も乳首に軟膏を塗ったり、痛くない方のおっぱいだけであげたり…。

 

この頃の私は、赤ちゃんが泣き出すとおっぱいが足りていないのかと思い、ミルクを足していました。

しかし、それが悪循環だった気がします。

というのも、おっぱいは、赤ちゃんが欲した分だけ出るような仕組みになっているらしいのです。

それからの私は、少しずつミルクをあげる量や回数を減らしました。

赤ちゃんが泣くたびに、母乳が足りてないのかもと不安でしたが、必死であげたい衝動を抑え、その代わり乳首をくわえさせました。

乳首が痛くなった時は、赤ちゃんが舐めても大丈夫な軟膏を塗っていました。

 

おっぱいが詰まって大変な時もありました。

食事を見直し、肉や油もの、生クリームなどは控え、根菜の煮物や煮魚、ごはんを中心のヘルシーな和食にしました。

母乳は、驚くくらいお母さんの食べ物が影響します。

カレーをたっぶりかけて食べたり、生クリームを食べた翌日は、必ずと言っていいほどおっぱいが詰まりました。

水分不足も原因でした。

 

食生活を改め、ミルクの回数を減らしてからは、夜中も1~2時間おきの頻回授乳で大変でしたが、ある日を境に急におっぱいの出がよくなりました。

 

赤ちゃんが寝ているときなどに搾乳して量を測っていたのですが、最初は、せいぜい20㎜程度だったのが、80㎜近く搾乳できるようになり…。

それからは、思いきって、母乳だけに切り替えました。

 

結果、産後3ヶ月目には無事完全母乳で育てる希望が叶いました。

本当に嬉しかったですし、達成感もわいてきました。

赤ちゃんと悪戦苦闘した最初の2ヶ月ですが、おかげで絆が深まったような気がしました。

 

f:id:akasugu_ccw:20150822122022j:plain

著者:ゆゆ

年齢:37歳
子どもの年齢:0歳11ヶ月

妊娠初期は、事務職をしていましたが、妊娠5ヶ月目に仕事を辞め、現在は、専業主婦です。子どもが生まれてからは、あっと言う間の一年でしたが、毎日かわいい子どもの寝顔を見るたび、本当に産んでよかったという幸せがこみあげてきます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。