妊娠・出産・育児の情報サイト


主人の救いの言葉

f:id:akasuguedi:20150924030830j:plain

写真:アフロ

 

初産で出産後、わからないことだらけの育児。

しばらく自宅を離れ、実家へ。実母に支えてもらってはいても、なにかと不安で色々思うようにできずにこれでいいのかと悩んでいたところに旦那からのLINEメッセージ。

 

「○○○(娘の名前)、は幸せやなぁ」

「なんで?」

「ママがまごころいっぱいで育ててるから」

 

一人で悩んでいて、一生懸命頑張っていることを

理解してもらえて、思わず泣いてしまいました。

自分では思い詰めていて、まごころなんて気持ちはなかったのですが、そう捉えてもらって嬉しかったです。旦那さんの理解、サポートは大事ですね。

著者:ゆみっぺ

初産35才。

来年4月には職場復帰予定の会社員。

多忙な会社で初産休育休を取得!

多くの女性が安心して働ける会社や社会にしたいと

願っています!

 

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。