妊娠・出産・育児の情報サイト


マタニティウェア、必要最低限買った&使えたものはこれ!あとは着回しで乗り越える

f:id:akasugu_ccw:20150822135245j:plain

妊娠5ヶ月。だんだんお腹が大きくなって、服に悩み始めるのがこの時期です。

いざ通販サイトでマタニティウェアを見ると、結構値段が張るのでびっくりします。

その上これから買う物のことを考えたら、少しでもお金は使いたくないですよね。 

そこで、マタニティウェアを買わなくても今ある服で大丈夫な着回し術と、買ってお得なものを紹介します。

 

ボトムス

ウエスト部分がゴムのものだったら、お腹の締め付けもなく出産までゆったりと着られます。

 また後期に入っても、スカートを胸の下、ぽっこりでてるお腹の上まであげたら十分着られるので大丈夫です。

季節関係なく、スカートだとお腹が冷えて赤ちゃんに良くないので、妊婦さん用のレギンスやトレンカは買うことをおすすめします。

生地も夏用冬用があったり、お腹周りも多く布が使われているのでゆったりと着心地がいいですよ。

 

トップス

ブラトップとシャツが一番使えました。 

ブラトップは胸の圧迫感が少なく、生地も伸縮性に優れているので臨月のお腹もちゃんと入りますし、何よりつわりがきても普通のブラや下着より楽なので、私はずっと着ていました。

シャツはボタンを全部閉めなくても十分着られますし、シャツインしたら大きなお腹がバレにくいので便利でした。

またカーディガンや羽織りはお腹の大きさ関係なしに着られるので重宝します。

 

ワンピース 

なにより便利で楽なのはワンピースです。

AラインやIラインの形だとお腹周りを締め付けることもなくとても楽で、妊婦さんに優しいです。

丈に余裕があれば出産まで十分着られます。

シャツワンピースであれば、前のボタンを開ければ定期検診の時も問題なくスムーズに行えますし、出産後の授乳時にも活躍してくれます。 

 

マタニティウェアを買う時の見逃してはいけないポイント

ネット通販でも何でも「授乳可」「授乳口付き」が絶対おすすめです。 

一言にマタニティウェアといっても、着るのはせいぜい半年です。

言ってしまえば出産後に着る授乳口付きの服の方が、着る機会も期間も圧倒的に長いですし重要です。

今はその両方の機能をもつ服があるのでそちらを買えば、出産後の服に悩むことはないですし、お財布的にも嬉しいです。

私は最初の頃気づかず買って後悔したので、みなさんも注意してみてください。

 

f:id:akasugu_ccw:20150822135254j:plain

著者:まい

年齢:18
子どもの年齢:9ヶ月臨月

来月出産予定の18歳初産婦です。妊婦さんでもおしゃれに気を使いたいですし、赤ちゃんのために出来るだけお金をかけてあげたいので日々節約や必要なものを他で代用出来ないかと考えて試しています。もうすぐ会えるので本当に待ち遠しいですし、安産を願っています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。