妊娠・出産・育児の情報サイト


下腹部の痛み、とにかく眠い、だるい・・・いつもの生理前と違う。これってまさか?

f:id:akasugu_ccw:20150819163732j:plain

 

元々生理不順で不正出血がひどく、10代の頃に見かねた母に連れられて婦人科に行くと、将来妊娠するには治療が必要かも、と言われていました。

強い結婚願望も無し、子供は欲しいとは思うけど、「絶対」までとはいかない気持ちだったので特に治療はせずにそのまま社会人になりました。

いつしか自然と結婚したいなと思う人に出会い、同棲を始め、婚約をして、将来に向けてバリバリ仕事をしている時のことでした。

 

ある日からなんだかとてつもないダル気と眠気に襲われ、椅子等から立ち上がる際に子宮が引っ張られるような、脚の付け根の痛みに襲われるようになりました。

生理も近い日付だったので、「生理前だからね」なんて自分に言い聞かせて何となくやり過ごしていました。

 

だんだん下腹部の膨満感も増してきました。

ずしっと重いような、何かを溜め込んでいるような感覚でした。

 

まだまだ妊娠だとは頭に浮かばず、便秘かな?と整腸剤を飲んだり様子を見ていましたが、快便なのに下腹部の重さは取れず、夜勤ばかりで疲れているのかと色んな予定をキャンセルし、家で十二分に眠れる時間も作ったのにそれでも眠気は取れませんでした。

 

そして、なんだか突然、カイロで下腹部を温めたくなりました。

普段は暑がりで、その時は1月で真冬でしたが、普段からカイロやひざ掛け、腹巻はつけないタイプです。

 

冬なのにその格好?というくらいを好んでいたわたしが、急に丈の長い服を着たり、腹巻をしたくなったり、仕事中にひざ掛けをお腹周りに巻いたり・・・。

いつもと変わった事をしていたのです。

 

そこで思いました。

「あ、わたし妊娠してる。」

 

かも、とかではなく、検査薬を使ったわけでもないのに、確信していました。

生理開始予定日から5日くらい経った時のことでした。

5日くらい遅れることはよくありますから、ここで確信するのもおかしな話ですが、あの時のわたしは確実に間違いないと思っていました。

 

ネットで調べても、まだ検査薬を使うには早い日付らしく、正しい結果が出ないと書いてありましたが、迷わず今の主人に「わたし妊娠してる。」と言い検査しました。

主人は目をまんまるくしていました。

身体の事情は話していたので、まさかと思ったでしょうし、検査もしてないのに確信的に言うものですからびっくりしたのでしょう。

 

検査薬で陽性反応が出てきたとき、特に驚きませんでした。

むしろ、「ほらやっぱりね」と思いました。

 

よくよく考えれば、ヘビースモーカーだったのに、妊娠に気付くその日の数週間前から、ぱったりタバコを吸わなくなっていました。

余ったタバコが手元にたくさんあったのに、全く吸いたいと思わなくなっていたのです。

お酒も同じような時期から呑まなくなっていました。

何故だかはわかりませんが、たぶん身体が感じて、先にやめてくれたのかもしれません。

 

ドラマのような「うっ」と突然えづいて気付く、なんてものと思っていましたが、全く違いました。

妊娠を伝える身体の声に、感覚的に気付けた、なんだか少し不思議な体験でした。

 

f:id:akasugu_ccw:20150820211750j:plain

著者:Rmama
年齢:23歳
子どもの年齢:妊娠中(臨月)

現在臨月、初産婦です。動物大好き、犬猫数匹とにぎやかに暮らしています。仕事中心で生きていく!といいながら、さっそく結婚妊娠・・・(汗)これも何かの運命と思いながら、仕事したい欲求をおさえつつ、家事や軽めの運動で気を紛らわせる毎日です。現在離乳食練習中です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。