妊娠・出産・育児の情報サイト


イクメン予備軍? 24時間体制でつわりの妻をフォロー!

f:id:akasugu_ccw:20150824155620j:plain

妻が妊娠して3カ月経った頃、ひどいつわりが彼女を襲いました。

吐き気、めまい、ダルさ、冷や汗…一目でわかるほど苦しそうにしていました。

その時妻もまだ働いていましたが、毎日つわりがひどく仕事が困難になってきたことも

あり、会社にお願いして休暇を頂くことになりました。

(彼女は介護の仕事をしていましたが「出産直前まで仕事はする!」と張り切っていました。経済的に余裕が無かった為、心配ではありましたが承諾しておりました。)

 

さあ、ここからが夫婦共に大変でした。

妻は毎日ひどいつわりで座っているのがやっとの時間があり、その度に苦しそうにして

おりました。

僕もそんな妻の背中をさすり、家事はなるべく僕がやっておりました。

僕が休みの時や仕事から帰った後はそれでよかったのですが、仕事に行っている間は心

配でした。

 

なので昼休みの時間には12:00ジャストに会社を出て、急いで家に戻り(会社~家:原付

で15分)昼食を用意し、飲み込む様に食べ12:45にまた会社へ戻る日々を続けておりまし

た。(田舎なので、公共交通機関では会社へ行くのが困難なので自動車も所有しておりましたが、倹約の為に実家にあった原付を借用し通勤していました。)

仕事で12:00ジャストに出られない日は、家に戻って昼食だけ渡して会社にとんぼ返り

なんて日もありましたね…。

 

妻は「そんなに無理しなくていい、1食くらい抜いても平気だ。」と言っていました

が、あんなに苦しそうにしている姿を毎日見ている方としては放っておけませんよ。

もちろん、朝も昼も夜もつわりは襲ってきますので、こちらも24時間体制で妻をフォ

ローしてきたつもりです。

 

妻も毎日「ありがとう。」とお礼を言ってくれていましたが、新しい家族が増えるとい

う喜びと期待が僕の原動力となっていたのは確かです。

経済的にも、肉体・精神的にも大変でしたが、それ以上の喜びがあることはとても大切

だと思いました。

みなさん、新しい家族を迎える準備…とても大変なことですが、夫婦で、家族で力を合

わせて頑張って下さい!

特にお父さん!!家族が一番頼りにしているのは貴方ですよ!

妊娠している奥さんの苦痛や不安をできるだけ取り除いてあげて下さいね。 

f:id:akasugu_ccw:20150819180405j:plain

著者:ろう
年齢:36歳
子どもの年齢:7歳

自分・妻・子ども一人の三人家族の父親です。仕事・家事(分担)・育児に追われる日々ですが、子どもの成長が毎日楽しくてたまりません。子どもが3歳くらいになるまでは本当に大変な毎日でしたが、子どもがいるって幸せです♪

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。