妊娠・出産・育児の情報サイト


染色体異常の診断で悩む日々。セカンドオピニオンで出会った先生の一言で決心

f:id:akasuguedi:20151005145817j:plain

写真:アフロ

 

私は、4人出産しています。

まずは、19歳と9歳の男の子2人。ここまでは、当たり前の様に普通に産む事しか知りませんでした。

そして、3年前に1人。この子は妊娠中から染色体の異常が指摘され、短命と言われていましたが、実際に生まれて5時間くらいで亡くなってしまいました。

そして4人目が、今回生まれた子です。

 

今回、妊娠が分かりましたが、第三子のこと、年齢のことがあったので悩みました。

また涙になるのかと疑う自分がいました。

羊水検査をして、決断することに。

羊水検査の結果は、前回とはまた違う結果で、更に悩む事になってしまったのです。

でも1つだけ同じだったのは、やっぱり染色体異常だった、ということ。

 

頭の中が、真っ白になり涙がとまりませんでした。

またダメになるのかと思いました。

  

染色体異常は、160人に1人の割合でみられ、症状はかなり個人差もある様です。

私の場合は、均衝型相互転座といわれました。

相互転座とは、複数の染色体に切断が生じ断片を交換されていることです。

 

染色科の先生に色々と説明もされましたが何も覚えてませんでした。

1つだけ覚えている事は、産まれてみなければ、何とも分からないと。

ダメかもしれないし大丈夫かもしれないし…と、良く分からない結果でした。

あまり出産の例が無いから、とも言われました。

 

染色体異常の場合、22週と6日までなら堕胎することができる。

その事実を知った私は、その事ばかり考えるようになってしまいました。

家族ですごく話合い、それでも気持ちは変らず、どうすればいいのか分かりませんでした。

毎日どうなるのとか、大丈夫なのか、と結論が出ないまま話していました。

 

決めかねて、違う産婦人科に、すがる気持ちで相談にいきました。 

その違う産婦人科では、なんと笑いながら

「大丈夫だよ。問題ないでしょ」と、言われたのです!

これには私達もビックリ。

今まで悩んでたのは何だったのかと、なんだか吹っ切れ、本気で産もうと決心することができました。

染色科の先生に産みますと報告すると、産むんですかと言われ、また少し不安になりましたが。

 

この少し前くらいから、ストレスからなのか、お腹の張りを1日に何度も感じるようになっていました。 

そして、妊娠30週と3日に少し体調崩し、病院にいきました。

切迫早産と診断され、大きい病院に救急搬送され、緊急入院に。

37日の厳しい入院生活になりました。

毎日リトドリンを点滴され、9歳の子の面倒も見てあげることもできません。

頼れる親も居なかったので、凄く寂しい思いもいっぱいさせてしまい、毎日のように涙が出て、帰りたい気持ちでいっぱいでした。

 

自宅に戻ってからも、入院生活のせいか体力が衰え、加えて夏の暑さと年齢も有り、まったく動ける体ではありませんでした。

何もできず、ただ子供の側にいる事と学校に送り出す事しかできなかったです。

暇さえあれば寝るだけの生活でした。

それでも9歳の子の近くにいれる幸せだけを感じていました。

 

ちょうど退院から4週間後、破水したので、病院に向かいました。

やっと会えると楽しみに、陣痛を待てども待てどもいっこうにはじまりません。

朝になっても何も変わらず、先生がどうしますか?と。

もう入院も嫌だし身体も辛いから早く出して欲しいと私は言いました。

誘発剤を使って貰い、1時間半後に無事に2484gの女の子を出産する事ができました。

 

家族みんなで、喜びました!

9歳の子も泣いて喜びました。

妊娠中は、いっぱい痛い思いをしたし、辛くて、毎日が嫌でした。

でも、生まれた赤ちゃんは何事もありませんでした。

今まで苦しんで悩んでいっぱい涙したことも忘れました。

 

今回生まれた子は、3年前亡くなってしまった子の生まれ変わりだと信じています。

 あの時、間違った選択をしていたら、今はありませんでした。

きっと後悔もしたと思います。

 相談に行った産婦人科の先生には、本当に感謝でいっぱいです。

あの一言が無かったら今頃どうしていたのか…。

 

産後、母乳やミルクをやる度に産まれて来てありがとうと感謝で、いっぱいです。

ただでさえ可愛い赤ちゃんですが、より一層可愛いと感じます。

可愛いくて、仕方がないです!

これからもこの気持ちを忘れず、育児を頑張って乗り切っていけたらと思ってます。

本当に何度も感謝しきれないぐらいの感動とありがとうです。

 

著者:きょうこ

私は作文や感想文など苦手でした!

今回書かせてもらったのは、悲しいことばかりでは無いですよ!ってこを伝えたかった!そして、これから何年先でも忘れたく無いあの時のことをいつでも近くで感じてたくて思いを書きました。 人生初の体験をしました!毎日笑顔を見てるのが幸せな私です!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。