妊娠・出産・育児の情報サイト


楽しいはずの妊娠生活が・・・お腹の赤ちゃんと主人と私、3人で乗り越えた辛いつわり。

f:id:akasuguedi:20151014182241j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

待望の第1子を妊娠したのもつかの間、妊娠5週からすぐにつわりが始まりました。いつ治まるの分からないつわり。気持ち悪い状態が1日中続き、1日のうちで何度か嘔吐し、食欲もなく水分も取れない状態。かろうじて数口果物は食べられました。何をするのもだるく体重はみるみるうちに減り、こんな状態だったら赤ちゃんなんていらないと思っ

 

たりしました。

主治医からは「つわりはしょうがない。時期が来れば治まります」と言われましたが、「時期っていつ?出産まで続く人もいるみたいだけど、私はいつ治まるの?」と常日頃感じていました。楽しい妊娠生活のはずなのに、1日がとても長く感じ、つわりはいつ終わるのか、何でこんなにつらい思いをしなければいけないのか、赤ちゃんは育っているのか等々、マイナスのことばかり考えていました。

友人に相談しても「つわりはなく楽しい妊娠生活だったよ」と言われ落ち込むことも…。妊婦健診に行き、赤ちゃんが元気に成長しているのを励みにつわりに耐えました。

そして私の一番近くにいて、私の体調を気遣い、優しい言葉をかけてくれた主人。優しく誠実な主人のおかげで辛いつわりを乗り越えられました。主人には本当に感謝感謝です。

今では娘も生後8か月。毎日元気にすくすく育ってます。この体験記を書いていて、本当に辛かったなとしみじみ感じました。辛く長いつわり。でも必ず可愛いわが子に会える喜びがある!そう信じて頑張りました。

著者:ポコちゃんママ

初めまして。ポコちゃんママです。2015年1月に娘を出産しました。妊娠中はつわりがひどくとても辛い日々でしたが、今こうして娘といられることがとても幸せです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。