妊娠・出産・育児の情報サイト


先生が間に合わない!助産師さんたちの「私たちがいるから大丈夫」の言葉に励まされ、無事出産

f:id:akasuguedi:20151015181227j:plain

f:id:akasuguedi:20151015174118p:plain

出産予定日を3日過ぎた日の早朝、いつもと違うお腹の張りに何となく出産の予感がありました。

周期はまだありませんでしたが、張りはある程度続くとなくなり…の繰り返し。

とりあえず病院に連絡し、様子を見ていつでも病院へ向かえるよう準備をしました。

里帰り出産だったため、母に付き添ってもらい、いよいよ病院へ。

 

部屋が空いておらず、初めから分娩室へ移動しました。

まずはNST検査。

「まだ陣痛は弱いですね。」と看護師さんに言われ、もしかするとこのまま明日まで微弱陣痛が続くかもと伝えられました。

予定日を過ぎていたこともあり、私はすぐにでも生みたい気持ち。

陣痛促進剤の選択があったので迷わずお願いしました。

 

点滴を開始して1時間程は全く変化なく、母と普通に話せる程度でした。

それからさらに1時間経過したぐらいで少し強めの陣痛開始。

「痛いかも…。」でもまだ笑顔で話せる程度。余裕です。

 

ところがその30分程後、これが陣痛か!とはっきりとわかる痛みが。

助産師さんの補助のもと、痛みを必死で逃します。「ふー、ふー。」何とか歯を食いしばらないように、力を入れないように…。

「上手ですよ。」と私を励ましてくれる助産師さん。

「まだ子宮口が開いていないから、まだかかりますよ。」とのこと。

 

陣痛はどんどん強くなっていき、とうとう声を出さずにはいられないぐらいになりました。

「ん~、いたーい。いたーい。」隣にいる母は、私の顔の汗をハンカチでずっと拭ってくれていました。

「痛くないと生まれないから。」と母。

わかってるけど、痛いんです。

そろそろ子宮口が開かないと辛い…そう思っていると、助産師さんから子宮口開いてきましたよと声をかけてくれました。

痛みが波のように全身を貫く中、私はただただ痛みから逃れたくてお腹にいる我が子に早く出てきてー!!と心の中で叫んでいました。そんな中でも冷静な自分がいて、掛け時計でしっかり時間を確認。

もう促進剤打ってから3時間程経過。すると、助産師さんからもう少しとの声がかかり、別の助産師さんが担当医を呼びに…。

付き添ってくれている助産師さんは気づけば3人になってました。

「先生間に合わないかも。」と一人の助産師さん。

「私たちがいるからもう息んでいいよ」と言われ、私は待ってましたと言わんばかりに、陣痛の波に乗って息みます。

助産師さんの誘導が的確で、教えられたタイミングで息むこと30分程。

頭が見えているからもう少しと言われても、私の体力はもう限界間際でした。

痛みに耐えながら息むことがこんなに体力消耗するなんて。

 

あと1回ぐらいしか息む力が残ってないと思ったとき、するんと我が子が出てきたのがわかりました。

「元気な男の子が生まれましたよ!」と、私の胸の上に赤ちゃんを乗せてくれました。

無事赤ちゃんが出てきたことで今までの痛みが嘘のように消えました。

 

結局、先生がかけつけるのが間に合わず、会陰切開しないままの出産でした。

切れてしまったことには全く気付かないぐらいでしたが、後に先生から聞いた話によると、上手く息めていたから1㎝しか切れてなかったとのことでした。

息むのに時間がかかった分、十分に会陰が伸びてから赤ちゃんがでてきてくれたようです。

 

出産前は陣痛よりも会陰切開が怖くてたまりませんでしたが、会陰切開せず、しかもほとんど裂けることもなく出産できました。

陣痛はもちろん痛いけれど、生んでしまえば耐えられない痛みではありませんでした。私のように、会陰切開を怖いと思っている方がいたら、安心してください。

陣痛は痛くても必ず終わりがあり、その終わりは喜びと共にやって来ます。

そして、会陰切開陣痛を乗り越えている間に痛みを感じることなく終了しています。

 

これから出産予定の皆さん、必ず乗り越えられますから頑張ってください。

 

著者:あおい

男児1人の母親です。出産は自分にとって本当に貴重な瞬間でした。女性しか味わえない感動を、身をもって体験できます。出産に不安のある方、誰でも必ず乗り越えられます。その先に母親しか味わえない喜びが待っているので、我が子を信じてどうか頑張ってください。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。