妊娠・出産・育児の情報サイト


切迫早産と妊娠性高血圧症候群で命を落としかける!産後管理で入院三昧。妊婦さんって大変・・

 

f:id:akasuguedi:20151014155933j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

 

私は29週で切迫早産になりました。

それが分かったのは、定期検診の時です。

妊娠が分かってからも、仕事を辞めず立ち仕事を2つ掛け持ちしていました。

産婦人科の先生から「大分下がってるね…今から入院ですね。」といきなり言われ、びっくり!

前回の検診まで異常はなかったはずなのに、その時急に言われたのです。

「一週間程度の入院になると、見ておいてください」

そして、入院することになりました。

 

入院して一週間がたったとき、内診が一度ありました。

「まだ大分下がってるね。」

そして、入院が延びることになりました。

結局、その後2ヶ月程入院しました。

 

私の場合は、子宮頚管が短くなっているということでした。

入院中は、24時間ずーっと、お風呂のときも点滴でした。

お友達や家族との面会も1日30分で移動は全て車椅子だし、病棟内だけ動いていいという感じでした。

しかも、食べ物も病院のものだけ、など色々なルールがありました。

 

その反動で、退院したときは、入院中食べれなかったものをたくさん食べてしまいました。

すると、次の検診で妊娠性高血圧症候群にひっかかってしまいました…。

いわゆる塩分の取りすぎです。

尿タンパクは4+でした。

また、入院になりました。

病院食しか食べたらダメ。

なにせ血圧が150ほどあったので、「明後日には促進剤を打って無理やり陣痛起こそう」と言われていました!

しかも、促進剤を打って「99.99%産まれます」と言われてたのに赤ちゃんがまだ出たくないのか、次の日はもう一つ強い促進剤を打つことになりました。

 

少しずつ陣痛が来て、子宮口は2センチ開いたのですが、痛みで血圧が158まで上がり、即帝王切開となりました!

その上、手術室では血圧が180まで上がってしまい、母子ともに命を落とす直前でした。(脳出血で)

出産後も、子供とは保育器越しにしか見え会えず、光もあまり見てはダメなので部屋の電気は常に暗い状態でした。

そこからまた、尿タンパクを下げるのに入院。食事制限がかけられました!

 

その後、半月程入院し、やっと退院、やっと家に帰ってこられました。

予定日6月29日でしたが6月5日に娘が誕生しました。

今回の妊娠出産で本当に大変さが身にしみました。 

著者:あい

18歳の未婚シングルマザーです。

どうぞ皆様よろしくお願いいたします!

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。