妊娠・出産・育児の情報サイト


やめられないタバコ…やめるために赤ちゃんが教えてくれたこと。

 f:id:akasuguope02:20151009111825p:plain

元々バーの仕事をしていました。

仕事が大好きだったという事もあり、酒とタバコは日々の仕事と生活に欠かせないアイテムでした。

妊娠がわかり、酒は身体が受け付けなくなったので、妊娠中~今まで飲まなくても大丈夫だったんですが、問題はタバコでした。

よく妊娠するとタバコの匂いも嫌いになる・・・なんて言いますが、私にはそれが全く無く、どうしてもタバコがやめられませんでした。

禁煙がなかなか出来なかったので、色々な人に相談し、まずタールを下げ、1日3本と決めて、徐々に辞めようと決めてスタートしました。

12ミリだったタバコを、徐々に落とし、1週間で5ミリになり、1ミリにしましたが、意思が弱かった為、1日3本に留まらず、1箱になってしまい、結局3本に留められる5ミリにしました。

いつかは辞めなきゃ。って分かっていても、なかなか上手くいかず、ニコチン依存はなかなかしぶとかったです。

 

妊娠6ヶ月の時、子宮頚管が短い事もあり、切迫早産と診断され入院になりました。

先生が教えてくれました。

タバコをママが吸ってると、お腹の赤ちゃんは苦しいそうです。

確かに、タバコを吸ってる時、胎動を感じる事が多かった事に気付きました。

赤ちゃんはお腹の中から「ママ苦しいよ」っていうメッセージを必死で送っていたんですね。

その日からもうタバコを吸わない。赤ちゃんに苦しい思いはさせない。と、心に決めました。

絶対安静で管理入院だったので、トイレとお風呂以外立つことも出来ず、ベットで寝たきりと、車椅子生活でした。

タバコさえ吸ってなければ。と、後悔をしました。

 

入院は約1ヶ月、絶対安静には変わりなく、家事は全て旦那がやる事を条件に自宅へ帰宅しました。

胎動を感じる度に、「この6ヶ月間ごめんね。。。」

と、涙ながらに話しかけてました。

 

タバコをやめた甲斐あってか、8ヶ月の時、ようやく赤ちゃんの体重が増え始め、出産ギリギリまですくすくお腹の中で育ってくれました。

心なしか、体調も良くなった気がします。

 

タバコは、妊婦じゃなくても身体に悪いもの。

赤ちゃんは、きっと禁煙を我慢してるママより、辛いはずです。

タバコをなかなかやめられないママ達の気持ちもわかります。

でも、赤ちゃん、子供の事を大事に思うなら、ママの強い意思が大事です。

ママは、タバコを我慢するかわりに、ランチビュッフェで女子会しながら気分を紛らわす事が出来るけど、赤ちゃんはママのお腹の中しか居場所がないんです。

 もっと早くにこの事に気付くべきだった。

今本当にそう思います。

 

今、元気に産まれてきてくれた赤ちゃんと楽しい日々を過ごせてるのは、遅ればせながらも禁煙出来たからだと思ってます。

 ヘビースモーカーママに少しでも気付いてほしくて、体験談を投稿しました。

著者:染ゃん

今生後5ヶ月の女の子を育ててる新人ママです。

 

毎日悩みが溢れて大変だけど、

赤ちゃんの笑顔と寝顔を見るだけで癒されてます。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。