妊娠・出産・育児の情報サイト


泣いて詰まって…!本当に大変だった母乳育児の最初の3ヶ月。だからこそ「頑張らないで」と言いたい

f:id:akasuguedi:20151014163116j:plain

f:id:akasuguedi:20151011061003p:plain

初産は母乳がなかなか出にくいっていうのは分かっていたつもりです。

なので初めは混合でいくつもりでした。

産院も母乳推奨ではありましたが、辛かったらミルクを足してあげてもいいというスタンスたったので母乳育児に縛られる事はありませんでした。

入院中は授乳室で看護師さん、助産師さんに指導していただきながら授乳の練習をしていました。

 

息子はどうも飲み方があまり上手ではなく、常に浅飲み。

私も飲ませ方が上手くできなくて、授乳開始3日目で乳首が擦れて咥えさせるのも辛くなり、搾乳をしたりして母乳とミルクを混合で授乳していました。

入院中は胸が張る事もなく一抹の不安がありながらも退院。

自宅に戻っても相変わらずミルクと混合でした。

 

でもだんだんミルクの増やし方に不安になり、母乳が殆ど出てない事もあって退院から1週間後に産院の母乳外来にお世話になることに。

そこで助産師さんに「混合はもったいないくらいいいおっぱいなのに混合にしちゃうの?」と言われ迷いが生じました。

ミルク足せばいいって思ってるけど、これ以上足したら母乳飲まなくなっちゃうかも…でも足さないと泣くし…

そのうち、息子が乳首を咥えてくれなくなり、咥えさせようとすると仰け反って大泣きするように…。

その泣き顔を見ていたら、今までの不安が爆発したように、なんで泣くのよぉ!!と、自分も大泣き。

 

そんな日が何日か過ぎたある日、突然、息子が乳首を咥えて母乳を飲んでくれたのです。

本当に突然でした!そして私は喜びと感動で胸いっぱいに。

その後、徐々に母乳量が増えてきてミルク量をゼロにすることができました。

 

が。喜んでいたのも束の間。

息子は相変わらず浅飲みだったので私の乳頭には常に白斑がありました。

母乳育児から約3ヶ月経った頃、とうとう乳腺炎になりました。

最初は風邪かと思い、薬は怖かったので漢方薬を飲みました。

でも、熱は38度を超え、悪寒が止まらず、何よりおっぱいか痛い。

まさかと思い、母乳外来に行ってみると乳腺炎との診断。

原因は乳頭の白斑。白斑が乳腺を詰まらせてしまったという事でした。

そのまま外来で診察を受け、解熱剤と抗生物質をもらい、後はひたすら息子に飲ませる事で徐々におっぱいの痛みも取れ、熱も下がりました。

この乳腺炎には2回なりました。

 

食事を気を付けて、授乳姿勢も抱き方を毎回変えて、詰まりにいいハーブティーを飲んだりと、頭の中は常におっぱいの事でいっぱいでした。

その後も乳腺炎まではいかない詰まりを繰り返し、その度2時間置きの頻回授乳で、あっという間に6ヶ月になり、母乳外来にも常連になって、やっと母乳育児が軌道に乗り、おっぱいも詰まらなくなりました。

 

詰まる、詰まらないは体質が大きいと思います。

私の場合は乳腺が細く、乳頭の形状も原因だったと思います。

息子の浅飲みも追い打ちだったかな。

 

息子には保育園に入るのを機に卒乳してもらおうと思っています。

幸い、離乳食は割と食べてくれるので。

なので、母乳育児もあと数ヶ月。

楽しみたいと思います。

でも本当は、離乳食が始まったら母乳をやめようって思ってたので、「楽しみたい」なんて思えるようになったのも最近の話です(笑)

 

母乳育児は最初の3ヶ月が本当に大変です。だから無理しなくていいと思います。

別にミルクをあげたって負けじゃないんです。

出なくてゴメンなんて罪悪感を抱く必要もないんです。

母乳じゃなくても赤ちゃんは育ちます。

だから母乳に固執する必要はないんです。

母乳じゃないからダメなママじゃないんです。

母乳もミルクも赤ちゃんにとっては大事な栄養源だから自分と赤ちゃんに合ってる方法でいいんです。

頑張らなくていいんです。

著者:リックマ

年齢:33歳

子供:8ヶ月

もうすぐ育児休暇が終わる…。息子の成長が楽しくて育休延長が頭をよぎるも、そろそろ保活せねばと重い腰を上げつつあります。一年てあっという間ですね…。

息子の写真データが溜まる一方でなかなかプリントせずにいます。だって選びきれないんですもの。ズボラかーちゃんでゴメンよ。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。